私の故郷はカレー味。
見出し画像

私の故郷はカレー味。

福井 優樹(@soylike 英語、本好き)

 うどんやそば、ラーメンにもある。もちろんピラフにもあるカレー味。なぜ今まで気づいてなかったのか?何か自分は大きな勘違いをしてるのだろうか?と疑ってしまう。けれど、幼少期から食べていることに変わりはなく、記憶だと確か学校給食にもあった気がする。

「え!カレー味ってふつーだと思っていました」少しだけ自分の世界が崩壊した。職場での何気ない会話。他の二人は横に首を振った。けれど、子供のころから、カレー味に親しんできた私は今までのことを振り返る。
 
 料理を、見よう見まねで作る際、色々な料理にカレー粉を入れていた。卵焼きや野菜炒め等振りかけた料理は数知れず。けれど今回の「カレー味騒動」は不意打ちを食らった。私的にはポテトチップスに「しお味」がある様な日常生活の何気ない状況であった。

 そして、今までのことを振り返ってみた。色々な外食を確認すると、不思議な程カレー味はなかった。と言うか今まで気にしていなかったというのが本音だった。実際にたな卸し作業を行うにつれて、ようやくわかってくる気がした。
 
 なぜなら、それを食べる時、多くの場合は、醤油などの後のせ調味料をかけて食べるのだ。衣自体に味付けをしないのだ。分析するとすごくわかってきた。この食べ物は衣自自体に味付けを行うため、後のせ調味料は特に指示がない限り、その場で思いとどまってとお願いするのだ。なので、冷めても味の鮮度は落ちにくく、お弁当には最適である。そして、いつでもカレーの匂いと共存できるのでカレー好きにはとっておきの一品である。   

 このカレー味の鳥の唐揚げ。私の故郷でではごく一般に食べられている郷土料理である。ん?認めてしまった!郷土と!こんなにも早く落城するとは。自分自身とても悔しすぎる。
 
 なぜここまで故郷がカレー味にこだわったというのは今もって不明である。けれど、このカレー味の唐揚げの魅力に取りつかれてしまうとおそらく今まで以上に唐揚げの虜になることは必須であると思う。
 
 まず第一に作るのがとても簡単である。唐揚げを作る際の衣の材料に赤い缶で有名なエスビー食品様のカレー粉を入れて衣を作成するだけである。するとどうだろう。あっと言う間にカレー味の唐揚げの完成だ。
 
 実はこのカレー味の唐揚げ、後かけ調味料がいらないのだ。なんてヘルシーな食べ物か。(いや、唐揚げ自体ヘルシーではないことは自覚しているがここは少しだけ目をつぶって頂きたい。)そう。調味料のかけすぎもなく、かけ忘れもなくそのままサクッと楽しめる。
 なんて手軽な食べ方か。紹介している本人も食べたくなってきた。それほどこのカレー味の唐揚げは食欲が湧いて出てくる食べ物である。
 
 しかし、この世界に一つしかないカレー味の唐揚げ。実は私はもう食べられないのだ。この世界で絶対をあまり使いたくないのだが、絶対に食べれない。なぜなら完全なレシピが解らないからである。
 
 そう、レシピの伝授はいわゆる「口伝」である。職人さん世界では「技は見て盗め」である。こればかりは困った。製作過程を見ようにも見れないのである。探しても、探しても見つからないのだ。調理用具一式はまだ実家にあるのだが、それ以上のヒントはなかった。血縁関係をたどってもやはりみな口をそろえて言う「わからない」と。
 
 では子供の頃の記憶を呼び起こそうにも、昨日の晩御飯すら思い出すのが怪しいのに思いだせるわけもないのだ。
 
 こんな時は名探偵に頼みたいのだが、ドラマの様に名探偵な知り合いもいるわけもないので自分自身が名探偵になった気分で色々なことを創造してみた。
 
 唐揚げ入りお弁当作りを最初から考える。前日の夜に冷蔵庫にある、鳥のもも肉に醤油などの調味料で漬け置きし、揚げる前の下ごしらえ。翌朝、お弁当を作るために家族誰よりも早いAM5:00に起床。朝ごはんの支度と同時にみんなのお弁当を作る。
 
 そろそろ、天ぷら鍋を火にかける。油が温まってきたら下ごしらえした、鳥のもも肉をカレー粉入りの衣を付けて揚げる。香ばしいカレーの匂いが台所に漂う。
 そうこうしていると朝ごはんの時間だ。手際よくお弁当に出来立ての唐揚げを乗せる。何も知らずに起きてくる家族たち。いつもの時間と当たり前の様にできている朝ごはん。そして蛇口のひねる音から始まる朝の音。すごいな。創造しただけで、自分ではできないことばかりだ。

 20数年前の4月。母が癌で他界した。ようやく振り返ることができた。当時はあまりにも急な出来事で受け入れることができなかった私がいた。20数年かかったけれど、ようやく色々な母の味を思い出すことができそうだ。
 
 母の鳥の唐揚げカレー味の完全再現は不可能であるが、私のオリジナルとのコラボレーションは可能だと思う。
 
 まだまだ未熟な私ですが何とか生きています。毎日感謝を忘れずに生きています。いつもありがとう。
 私の故郷はカレー味。あなたの故郷は何味ですか?

 最後までお読み頂きありがとうございました。
 S&B様のカレー粉は色々使わさせて頂いております。ぜひ一度お試しください。(エスビー食品株式会社様のHPのリンクになります)

エスビー食品株式会社様リンク
 https://www.sbfoods.co.jp/akakan/

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!楽しい一日を!
福井 優樹(@soylike 英語、本好き)
今までの英語勉強の方法を中心に書いて行こうと思います。(たまに読書感想、日常の出来事そして、大好きな文章作成) 何とか英検2級までたどり着きました。TOEIC530点(次回2022/5月受験予定)夢は「国境なき医師団」へ参加することです。 パイナップルとカレーには目がありません。