ヘッダー_sewing90628

SEWING WALL / 壁を縫う

布や紙を糸で縫うことはよく目にする光景だと思います。今回は、壁(木板)や棚(鉄板・木板・角材)糸で縫って留めて空間構成することにチャレンジしたプロジェクトです。

依頼主は福岡を拠点に取材や打合せで全国を飛び回り大活躍されているライターさん。皆さんもどこかで記事は読んだことがあるかもしれません。取材で出張される際には必ず本屋をリサーチして、どんなに忙しくても合間に見て回るほど本がとにかくお好きな方です。   

そんなオーナーさんがセレクトした大人子供手を伸ばして読みたくなる本がたくさん並ぶ本屋さん「Books cyan」を設計しました。

場所:福岡市南区市崎
広さ:11.02㎡
ご要望:(規模が大きくないのでシンプル。細かいことはここではハブ)
作業・打合せ・レジを兼ねた場所(カウンター)
表紙を向けて陳列する本棚と背表紙を向けて陳列する 計120冊分の陳列スペースを設ける
竣工:2017.10


プランはシンプルになりました。
入口の正面に本棚を設け、手前にカウンターをレイアウトしています。


⇩このスペースを構成するのは壁と本棚だけ

本来ならばビス(釘・ネジ)や接着などで、壁を立てたり、棚を留めますが
今回はそれを全て縫って構成しました。

本の倒れ止め(角材鉄板縫って留めている)
この結び目が本棚にいくつも並ぶと、可愛らしいアクセントになります。

本棚の横板方立縫って留めている

壁材の木板間柱(角材)縫って留めている


壁に縫い目があるの見えますか?

この縫い目ただの真っ白な空間アクセントをつけて世界のどこにもない本屋さんになりました。

ぜひ一度、世界に一つしかない本屋さん「Books cyan」を訪れてみて下さい。
本のセレクトも素晴らしいです。

SEWING/縫うことは今後、家具デザインにも応用していければと思っています。



ありがとうございます!
25
福岡で鳥小屋から空港まで設計・デザインしているTANの代表。プロジェクトのプロセス | 設計・デザインを通して気づいたことや日々考えていること | 建築デザインの面白さをお伝えするnoteにします。https://tanaap.com/