見出し画像

医院の退職を防ぐ、意外な注意点

1、クリニック組織の特徴

クリニック内で、
院長対スタッフ全体
の対立構造ってのは、よくある話です。

クリニックは
数百人いるような組織ではなく、
少数精鋭型の組織ですから、
院長とスタッフ様の関係性は
非常に大事です。

では、
その “関係性” を強化するためには
どうすればいいのか?

2、コンサルの一般論は諸刃の剣

一般的コンサルがよく言うように

・「ありがとう」を何度も言うのがいいのか?
・感謝の言葉を頻繁に伝えるのがいいのか?
・診療後のディナーの機会を多く作るのがいいのか?

3、退職を防ぐ、一番大事なこと

これらも大事ですが、
まずは、一番に大切にしていただきたいのは、

「言ったら評価されそうな言葉」
   よりも
「言ってはいけないこと」
   を本当に言わないこと。

これが一番大事です。

・スタッフ様の見た目のこと
・患者様に関する陰口
・政治の話
・宗教の話
・決めつけの話
・スタッフのご家庭の話
・自慢話
・器の小さな発言
・下ネタ
・偏見の話
・下種の勘繰り

4、ただ、言わないだけで

これを徹底的に守るとどうなるか?

特にそれによって、プラスの評価にはならないが、
周りは放っておいても、そのうち
「言ってはいけないこと」
を言ってしまう人が現れる。

そうすると、
人は比較で判断してしまう生き物なので、
相対的にあなたの価値が上がる。

5、まとめ

大事なので、もう一度言います。

院長先生は
 「言ってはいけないこと」
を本当に言わないこと。

まずはこれを徹底的に守って、
継続するだけでいいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
=組織コンサルタント= 仕事上、クライアントとの3000回以上の個別面談を通して学んだ組織心理を体系化。 求人対策・人材育成等、組織強化に貢献。人事評価制度の構築・運用等を支援。 ミッション「才媛には心地良く、老害には心地悪い、そんな組織に変えましょう」 2010年独立。鳳雛代表
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。