植原 悦二郎

植原 悦二郎

画像1

・生没年月日

1877年(明治10年)5月15日 ー 1962年(昭和37年)12月2日

・出身地

長野県南安曇郡明盛村 (現:長野県安曇野市三郷明盛)

・学歴

豊科高等小学校

ワシントン州立大学

ロンドン大学連合大学院

・略歴

1877年(明治10年)5月15日

長野県で生まれる。

豊科高等小学校卒業後に製糸工場勤務を経て横浜税関に採用。

1899年(明治32年)

単身アメリカにわたり、アルバイト生活をしながら高等学校課程を修了。

日米商報株式会社代表取締役社長

1907年(明治40年)

ワシントン州立大学 卒業

1910年(明治43年)

ロンドン大学大学院 修了

政治経済博士。

1911年(明治44年)

旧制明治大学教授。

以降、旧制立教大学教授、旧制東京高等工業学校(現:国立大学法人東京工業大学)講師など歴任。

1917年(大正6年)4月

第13回衆議院議員総選挙において長野郡部から立憲国民党より出馬し当選。

衆議院議員 (~1942年4月)

1924年(大正13年)8月

加藤高明内閣・逓信参与官 (~1925年8月)

1927年(昭和2年)4月

田中義一内閣・外務参与官 (~1929年4月)

1932年(昭和7年)3月

衆議院副議長 (~1936年1月)

1946年(昭和21年)4月

第22回衆議院議員総選挙において長野全区から自由党より出馬し当選。

衆議院議員 (~1953年4月)

1946年(昭和21年)5月

第1次吉田茂内閣・無任所国務大臣 (~1947年1月)

1947年(昭和22年)1月

第1次吉田茂内閣・内務大臣 (~1947年5月)

1949年(昭和24年)

衆議院予算委員長

1955年(昭和30年)2月

第27回衆議院議員総選挙において長野4区から自由民主党より出馬し当選。

衆議院議員 (~1958年5月)

衆議院外務委員長

1958年(昭和33年)5月

政界引退。

自由民主党顧問。

1962年(昭和37年)12月2日

死去。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よかったら感想もください!!
車と合唱と自転車をやっている事務が苦手な事務員です。 日常や休日に目についたものを書き留めてみようと思っています。