🌈ハワイ州のニックネームはRainbow State(虹の州)
見出し画像

🌈ハワイ州のニックネームはRainbow State(虹の州)

Aloha🤙
 
ハワイアン スタイル エッセイストで
EX カマアイナのBurly Creekです。

今日は、
「ハワイ州のニックネームはRainbow State(虹の州)」の話題についてお話します。

あなたは、ハワイというと何をイメージしますか?

青い海とビーチ・パームツリー・ワイキキのカラカウア アベニュー・
ハワイアンミュージック・ノースショアのビッグウェーブ・ドールのパイナップルロード・アラモアナ ショッピングセンター etc・・・

ひとそれぞれにイメージするものがあると思います。

私 Burlyがハワイと聞いてイメージするものは、
🌈レインボー(虹)です。


ハワイ州は、別名(ニックネーム)
Rainbow State(虹の州)と呼ばれています!

その名の由来は、
トレードウインドと呼ばれる貿易風が、コウラウマウンテンズをはじめとした山沿いのエリアに雨を降らせます。

南国独特のスコール、それをローカルのカマアイナは
シャワーと呼んでいます。
それがあがる時に、かなりの確率でレインボーが現れます。

特に、10月から3月にかけてのレイニーシーズン(といっても日本の梅雨と違い一時的な雨です)には、オアフ島をはじめ、ハワイ州でのどこかでは、
必ずといっていいほど、レインボーを見ることが出来ます。

ゆえに、ハワイでは様々なマテリアルにレインボーがデザインされています。

 私の歴代のハワイ州運転免許証のデザインは、
レインボーです!

画像1

画像2

車のナンバープレートにもレインボーがデザインされています。

ヒルトンワイキキ ホテルのレインボータワーは、
ハワイのランドマークシンボルとして有名です。

画像3

私の給料振込先だったファースト ハワイアン バンクのロゴは、
レインボーです。

また、ハワイ日本人学校(補習校)の別名は、
レインボー学園です。

有名なノースショア・ハレイワタウン ãƒžãƒ„モト ストアーの名物は、
レインボーシェイブアイスです。

今シーズン好調なハワイ大学女子バレーボールチームのニックネームは、
Rainbow Wahine(虹の女性)

このようにハワイ=レインボーというのは、
カマアイナの生活に浸透しています。

更には、今日の表紙タイトル写真にあるようにレインボーがふたつかかる
ダブル レインボーと出会うケースもまります。

ハワイで仕事をするうえで辛かったのは、
11月のサンクスギビングデー(感謝祭)から12月のクリスマスにかけての
2ヶ月が、目のまわる忙しさでした。

クライアントからのコンプレイン(日本でいうクレーム)多発のピークシーズンで、交換商品持参でクライアント宅を訪問することが多々ありました。

会社を出る時は、レイニーシーズンで強い雨。
車のワイパーをマックスで作動させます。
ハワイの車は、強い雨にも対応出来るように日本国内の車よりもワイパー作動速度が超早いのです。

ワイパー同様に焦って、はやる気持ちと強い雨にイライラしながら車を走らせてクライアント宅に向かう。
日々の疲労も重なり最悪の気分です。

そのような閉塞感のなか、しばらくすると雨があがり
目の前にレインボーが現れます。
美しく・壮麗で・神々しい
そして、なぜかハワイのレインボーは7色ではなく6色なのです!

画像4

それを目の当たりにした時、
不思議なことに心が癒され、ストレスフリーになっていくのです。
自分自身の心が浄化されるとでもいいましょうか、
いつものアロハ スピリットに満たされます。
ロミロミマッサージのヒーリング効果みたいな気分になります。

そして、カマアイナの皆さんが行うように、レインボーが出ている間に
自分の願いを唱えるのです。
「ハワイアンタイムで、到着が遅れてもクライアントが怒ることなく笑顔でアロハ&マハロを言ってくださいますように(祈)」

私は今でも夢の中で、クライアント宅に向かう途中
あの時、午後のダウンタウンで見た美しいダブルレインボーが出現します。

そこで、
あなたのご自宅でハワイ州のニックネームはRainbow State(虹の州)
このことを感じさせてくれる名曲をご紹介します。

ハワイが生んだハワイアンソングのレジェンド
IZのニックネームで親しまれた、イズラエル カマカヴィウォオレさんの
♬Over the Rainbowです。

これは映画「オズの魔法使い」で有名な曲です。
この名曲をイズラエル・カマカヴィウォオレさんがウクレレで
甘く優しく、そして愛らしく歌いあげています。

この曲を聴くと
ハワイでレインボーを見た方は、
その光景と共にハワイでの思い出が甦ってくることでしょう。

まだハワイでレインボーを見たことのない方も、
目をつぶってIZの歌声を聴けば、その光景をイメージ出来ると思います。

IZの♬Over the Rainbowのメッセージを私なりに推察すると。
彼がこの曲を歌っていた頃、ハワイの多くのカマアイナが富と成功を求めてメインランド(アメリカ本土)に渡っていました。

また、ハワイのカマアイナ 3名の少年が同様に富と成功を求めて日本に渡っていました。
当時の大相撲力士 横綱 曙さん・武蔵丸さん・大関 小錦さんです。

これらの方々は、故郷 ハワイから何千マイルも遠く離れた土地にあっても
Over the Rainbowの故郷ハワイを思い
ハワイアン・カマアイナとしての誇りを忘れませんでした。

そして、成功する・しないの如何にかかわらず、
出身地のハワイ ローカルコミュニティーに対しての恩返しを忘れずに行っていました。

これらに関しての感謝とリスペクトとして
故郷の象徴 レインボーステイト(虹の州)としての
Over the Rainbowを歌われたのではと思います!

私はIZの曲と出会ったことで、
小錦さん・曙さんにまつわる興味深い体験をしたことがあります。
その話は、この記事をご参照願います!

残念なことに、ハワイはコロナの再流行で10月末までの渡航が原則禁止されてしまいました。
まさにコロナというハリケーンに襲われた渦中にあります。

このコロナのハリケーンの暴風雨が去った後に
あなたがハワイでステキなレインボーと出会うことを祈っています!

今日は、
「ハワイ州のニックネームはRainbow State(虹の州)」の話題についてお話でした。

A hui hou

Mahalo🤙

私の自己紹介記事です。



この記事が参加している募集

スキしてみて

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
TA(Thank you) mate 🥂
🍇ソムリエ Burly(世界唎酒師コンクール準々決勝進出者/オーストラリア ソムリエ協会プロ会員)
ソムリエ/国際唎酒師/エッセイスト/🇦🇺Sommeliers Australia Professional Memberの"ソムリエ Burly"です。ワイン・オーストラリア ゴールドコースト移住計画・FIRE Life・日本酒の魅力を綴ってます🥂