見出し画像

気づき:大切な価値観は自らを前進させ、行動させる

お世話になっております。
新卒2年目の島内が担当させていただきます。

さて、私は社会人2年目を迎えるにあたり、
先日、昨年度1年間、つまり社会人1年目の1年間の
振り返りをさせていただきました。

振り返ってみると、山あり谷あり谷あり・・・。(笑)

入社してから、これまでにたくさんの新しい挑戦や
失敗があったことを改めて思い出すことができました。

そして、この振り返りをする中で、気づいたのが
【大切な価値観は自らを前進させ、行動させる】ということです。


昨年、この会社に入社してから、1年の間、
様々なお客様と関わらせていただきました。

そして、有難いことに、理念やビジョン、求める人物像といった、
会社の根幹となるような、影響力の大きいものも
一緒につくらせていただきました。

そして、1年間を振り返った際に、

いつのまにか、そのお客様とともにつくらせていただいた、
理念やビジョン等のひとつひとつの言葉が
自分が日々の行動を起こしている理由になっていると気づきました。


正直に申し上げますと、私は社会人1年目の時は
仕事に慣れていない部分もあり、

「この仕事は本当に自分に合っているのだろうか?」

と何度も目の前が見えなくなることがありました。

ただその際に、結局、最後に
「でも、頑張ろう」と思えたのは、
お客様にとって大切な軸となるようなものを一緒につくらせていただき、

その価値観にとても共感していて、
それを「ともに目指していきたい!」と思っているから。

そして、コンサルタントとして、クライアント様の社員様にも
会社の想いに共感し、それに基づいて行動していただくためにも、

まずは、関わらせていただいている私たちが
体現しなければいけないと意気込んでいたから
、でした。


例えば、ある会社様と策定した
「求める人物像」の軸となる【やってみよう精神】
という言葉は、先輩と一緒に支援に入らせていただき、

お客様とともに、つくらさせていただきましたが、

いまでは、先輩との合言葉のようになっていて、
何か新しい事に挑戦しようかどうしようかというときには、

互いに「やってみよう精神だな」と言い合い、挑戦する選択をしています。


もし、【やってみよう精神】を持った人を
採用していきたいというその企業様の価値観に出会い、

このように言葉にできていなかったら、
いまほど自分自身が積極的に仕事で
チャレンジしてみようと思えることもなかっただろうと感じます。


これは一例ですが、こういった原動力が、
入社して1年経った自分にはいくつもあるのだと気づきました。


そして、それを有り難いなと思うとともに、
そもそもいまの私という人間は、

出会わせていただく様々なお客様が
大切にしていらっしゃる価値観の集合体でもあるのだな
と感じております。


今後も、たくさんのお客様の価値観に触れる中で、
自分自身の原動力を増やし、
大人としての自分の価値観もつくっていきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。


大阪拠点
組織人事コンサルタント
島内 俊太朗

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートをお願いします。いただいたサポートはコンテンツ発信の充実に使わせていただきます。

スキありがとうございます!
2
こんにちは!株式会社ソリューションです。私たちは、自分たちの経験をもとに、中小企業の組織内コミュニケーション力を高めることにより信頼で結ばれた、実行力のある組織づくりのお手伝いをしております。「組織づくり」「人材育成」「コミュニケーション」「関係性構築」「若手育成」が得意です。

こちらでもピックアップされています

元気な社員の裏話~私の気づきエピソード~
元気な社員の裏話~私の気づきエピソード~
  • 13本

ソリューションの社員が若手社員ならではの挑戦や葛藤、そして、その経験から得られた気づきや学びについて、執筆させていただいています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。