見出し画像

自己紹介:今まで読んだ本と遊んだゲームという僕の内臓

自己紹介として、一個人として好きな作品の名前を書いておきます。よろしくお願いします。<(_ _)>

お堅い本や真面目な本は、あらかじめ省略しておきました。

どれも、気晴らしや暇つぶしの枠を超えた人生にとっての学びのある名作ばかりです。

外出が難しい今、改めていかがでしょうか?

■個人的この作品(作者)がすごい

・田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~
https://ncode.syosetu.com/n2662ca/

主人公がロリコンを通り越してペドフィリアか?という勢いのセクハラ処女厨のクソ野郎なのに、なぜか気持ち悪さや嫌悪感を一切感じないどころかそんなところが好きになってしまう。という奇跡の文体で物語を紡ぐぶんころり先生大好きです。イチオシでございます。

・サラリーマンの不死戯なダンジョン
https://ncode.syosetu.com/n7246cy/

人が生きるということに感動する作品。下手な感想で手垢を付けたくないというのが正直なところです。この作品の作者の昼熊さんも作者読みができるイチオシの作家さん。とにかく読んで欲しい。

・異世界でも無難に生きたい症候群
https://ncode.syosetu.com/n0172eh/

理解するということで主人公が物語を動かしていく作品。心理的な駆け引きが巧みだが、読み手の心に訴えかける印象的なシーンが多くとにかく読みごたえ抜群。安泰先生の構成力は見事。


■心に残っている漫画(思い出が深い順)

・DRAGON QUEST -ダイの大冒険-
→ もはや聖書。ふと思い出しただけで泣けるレベル。老バーン様かっこいい。

・パンプキン・シザーズ
→ 全編面白いが、カルッセル編は珠玉の出来。メタファーが巧みで心に染みる。

・エースをねらえ!
→ 熱くて繊細で熱くて繊細な少女漫画でありつつその枠を超えた名作。

・火の鳥
→火の鳥と相対すると生命が浮かび上がる。 読むたびにその都度新しい学びがある人類の至宝。

・GS美神 極楽大作戦!!
→ 基本ギャグテイストだがときどきやってくるシリアス長期シリーズも熱い。霊的世界への敬意も感じる。

・エアマスター
→ キャラクターがそれぞれ自分の世界を持っている実存系純文学。崎山大好き。サッキヤマ!サッキヤマ!

・ガラスの仮面
→ 天才肌の主人公と努力型のライバルという構図は意外と先駆的。常軌を逸した情熱で演劇に生命を注ぎ込む人生を描く傑作。

・SLAM DUNK
→ スポーツの試合をあそこまで濃密に描き切るのは本当に凄い。

・岳
→ 人がゴロゴロ死ぬが、それでも山の魅力が溢れ出す。静かな感動がある名作。

・ホーリーランド
→ 人が生きるということが胸に残る。脇役の不良の何気ない一言も思い出深い。君は変わる変われる。

・北斗の拳
→ 言わずもがなの大傑作。

・BLUE GIANT
→ 漫画という媒体でなぜジャズという音をテーマにしてこれだけ心を揺さぶることができるのか。(岳の石塚真一先生の作品)

・自殺島
→ 人が生きることを正中線で描く作品。(ホーリーランドの森恒二先生の作品)

・行け!稲中卓球部
→ 下ネタオンパレードだがギャグマンガとして傑作中の傑作。頭空っぽにして楽しめるし、楽しみながら頭空っぽにできる。

・のだめカンタービレ
→ 音楽(クラシック)という世界を女性漫画らしく描いているが、男性が読んでも面白い名作。音楽が好きになるかも。

・BEASTARS
→ 生命の本質が命じられることにあるのなら、その体、その能力を使ってどう生きるのか?という重厚なテーマのある作品。「よだかの星」を超えられるのか。作品の展開が気になる。

・ドラえもん
→ 想像力と可能性を拡張し現実化する方法を教えてくれる時代を超えた名作であり教科書。

・ブッダ
→ 世界と人間。覚り。こちらも何度読み返しても学びのある日本が誇る人類の至宝。

・ヨルムンガンド
→ キャラクター全てが魅力的で武器商人とその仲間という関係性からラストへの展開は必見。

・封神演義
→ 綿密なストーリー。数々の伏線。綺麗にまとまったオリジナル展開。能力描写の面白さなど見どころ満載。

・BLACK LAGOON
→ この世界に悪人はいないということをふと考えさせる作品。

・レベルE
→ アイディアが楽しい。ときどき読みたくなる。

・NARUTO -ナルト-
→ いわゆる傑作。

・BORUTO-ボルト-
→ メッセージ性が明確。

・HUNTER×HUNTER
→ 能力バトルと言えばコレ。完結するのかな?

・からくりサーカス
→ 最後まで交わらなかったなぁ…。

・ボールルームへようこそ
→ 絵の迫力。ダンスの熱が凄い。

・スケバン刑事
→ 少女漫画でありながらも熱血ストーリーの王道。某刑務所の例の拷問はトラウマ注意。

・ヒカルの碁
→ 囲碁をテーマに知らない人にも面白さを伝えるという偉業を成し遂げた作品。プロになるという人生がかかった子供たちの真剣勝負は理屈抜きに面白い。

・ダンジョン飯
→ ダンジョンという世界を深く掘り下げたときに浮かび上がる神秘。

・亜人ちゃんは語りたい
→ 科学的態度で生きる不思議に立ち向かう面白さがここに。

・アカギ ~闇に降り立った天才~
→ ざわ…ざわ…

・ノーマーク爆牌党
→ リードは守るもんじゃなく、広げるものだ。麻雀にあるのは流れなどではなく、意思だけだ。八崎さん大好き。

・HELLSING
→ 人間が大好きなんだなぁ。

・医龍—Team Medical Dragon
→ 序盤から中盤にかけての心理ターンが楽しい。

・ゴールデンカムイ
→ 失われた黄金という非常にシンプルな目標設定で、色々な人物の思惑が交差するストーリーと魅力的なキャラクター。

・幽☆遊☆白書
→ おまえもしかしてまだ、自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?

・鋼の錬金術師
→ 感情の描写が巧みで引き込まれる面白さ。

・ジョジョの奇妙な冒険
→ 読むのにエネルギーが必要だが読み始めると止まらない。どの部もそれぞれに面白いが特に好きなのは4部とスティールボールラン。


■心に残っているRPG(思い出が深い順)

・ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
→ 今生きるこの世界の下にアレフガルドがあるのかもしれないというエンディングのあの感動…世界が閉じることで現実世界とのつながりを予感させるという表現はもはや神話といっても過言ではない。おおぞらをとぶは名曲。

すぎやまこういちはどう考えても天才

・聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~
→ 滝つぼに落とされた奴隷が世界を救う王道中の王道ファンタジーARPG。ヒロインの最後は小学生の当時にはあまりにも衝撃的だった。

メカチョコボでなぜか涙が止まらなくなった小学生のころの思い出

・Bloodborne
→ 人間性から獣性へ。人はなぜ狂い獣になるのか。獣狩りの夜というテーマは非常に詩的、哲学的で、確定した答えのないフレイバーテキストがプレイヤーの世界観を刺激する傑作。

なぜかすごく印象に残ってるシーン。

・ファイナルファンタジーIX
→ いつか帰るところ。……信じているぞ、ビビ

素晴らしいエンディングの後に続くこのテーマソングが素敵

・Sa・Ga2 秘宝伝説
→ 小学生のころ何度クリアしたことか。

有名すぎる名シーン

・Undertale
→ ゲームはリセットボタンを押せばやり直せるなんてそんな単純な選択を僕たちはしていなかったハズだ!と気付かせてくれる。2010年代以降の傑作の一つではないだろうか?

初めてのボス戦。このゲームの作法が分かると曲名が染みる。


・ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
→ 物語色が強くでたドラクエ。モシャスの衝撃。悲しいすれ違いの結末。PS版は救いなのだろうか。

ドラクエ4と言えばジプシーダンスを挙げるひとも多いが、この通常戦闘曲のクオリティよ

・ファイナルファンタジーIII
→ 浮遊大陸を飛び立ったときのあのなんとも言えない感動を子供の頃に味わえたのは自分の人生にとっての幸せ。

ずっと聞いていられる悠久の風

・世界樹の迷宮III 星海の来訪者
→ 大切な人との戦いが避けられない物語のクライマックスで流れるボスBGMのあの感動。物語をじっくりと読み解くと訪れる真エンディングもよい。


どうしてこうなった…というラストバトルを見事に表現した曲。古代祐三はどう考えても天才。


・スーパーロボット大戦W
→ テッカマンブレード大好き。クロスオーバー作品をまとめ上げた脚本の人にありがとうと伝えたい。


ご都合主義…だが、それがいい!


・DARK SOULS
→ 人間性とは。ソラールさん大好き。

Y



・ペルソナ4
→ 同じ能力を授かった3人の人間が織りなすミステリー的なストーリー。友情や絆をテーマにしたイベント群。やりごたえたっぷりでアニメも面白かった。物語の主人公とは何か(主人公として生きるということ)を教えてくれる名作。


当時は、これが戦闘曲?!という驚きが


・ドラゴンクエストV 天空の花嫁
→ これほど報われない主人公はいたのだろうか。苦労人過ぎ。結婚イベント、主人公は勇者ではない。モンスターを仲間にできる。などいろいろ新しかった。

・ファイナルファンタジーV
→ キャラクターを育てる楽しさ。無とはいったい・・・うごごご!

・ペルソナ3
→ ある意味ですごく人間臭いキャラクターたちの物語。

・世界樹の迷宮II 諸王の聖杯
→ 初めてプレイした世界樹。何度死んだことか。毒強すぎ。でもパーティーの組み合わせという攻略の面白さの体験も抜群。


■心に残っているラノベ(思い出が深い順)

・田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~
→ とにかく文体が見事。えっぐい性的描写のはずなのに不思議と不快感がないのはなぜなんだろう。手放しに面白い。文章を読む楽しさがある。

https://ncode.syosetu.com/n2662ca/

・サラリーマンの不死戯なダンジョン
→ 死生観を強く揺さぶられる作品。何度も何度も絶望させられそれでも生きろと立ち上がる主人公と物語の結末は本当にすごい。

https://ncode.syosetu.com/n7246cy/

・盾の勇者の成り上がり
→ 主人公のどんでん返しから一気にラストまで駆け上がっていく感じの展開の気持ちよさは、なろう系小説の中でもトップレベルに好き。クズとビッチという言葉のキレのよさ。アフターストーリーの槍の勇者のやり直しも好き。ですぞ!

https://ncode.syosetu.com/n3009bk/

・異世界でも無難に生きたい症候群
→ 知は力なりという言葉がピッタリな主人公。理解するということの描写が非常に面白い。心臓をぐっとつかまれるようなドキッとするセリフまわしが印象的。

https://ncode.syosetu.com/n0172eh/


・アクセル・ワールド
→ アバターと現実世界の対応関係が面白い。単なる萌えキャラ設定かと思っていた性格がその世界ならではの特異性から生まれたものだと分かったときのゾクッとする感じとか、リアリティを感じさせる近未来描写が秀逸。

・小説 金田一少年の事件簿 幽霊客船殺人事件
→ 殺意の分割という概念の提示の仕方が見事。

・リビルドワールド
→ いつもギリギリの銃火器バトルの描写が凄い。旧領域接続者という未来的かつスピリチュアル的設定が非常に面白い。

https://ncode.syosetu.com/n9736dt/

・転生したらスライムだった件
→ キャラクターの進化成長を宇宙まで描き切っているのが興味深い。

https://ncode.syosetu.com/n6316bn/

・ありふれた職業で世界最強
→ ドン底系主人公の描写としては最強クラスに上手い作品ではないかと思われる。能力開発などの過程も面白い。

https://ncode.syosetu.com/n8611bv/

・難攻不落の魔王城へようこそ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~
→ 平和な世界での勇者とは何か。人に認めらるという価値が大きな意味を持っている世界設定。現実との対比から多くのメッセージ性も併せ持つ作品。

https://ncode.syosetu.com/n4836fm/

・現代で異能バトルが始まったので、異世界で学んだ魔法で無双していたら、魔法少女が参戦してきた。
→ 異世界と現実(ちょっと特殊)を行ったり来たり。双方の世界でモノを交換するという描き方が面白い。ピーちゃんかわいい。(田中のアトリエのぶんころり先生の作品)

https://ncode.syosetu.com/n2969fe/

・猫だってアイテムを収集すれば最強になれます
→ コレクトボックスという能力を持った猫が主人公という異世界モノ。この作品の能力が成立している文字を読むのは、物事のカテゴリや概念操作の質が高まること請け合い。

https://ncode.syosetu.com/n7264et/


■最後に

いかがだったでしょうか?
というわけで、今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もっとお金の有意義な使い方があると思うんです。そのことを今一度考え直してみてください。お金は人生の目的ではないけれど、あなたがしたいと思う事、あなたの夢、その道の途中でお金で解決できることや回避できる煩わしいいろいろがあると思うんですよ。

爆岡「ピントを合わせるスキさ」
27
普段は読書をしたり、ストレスを取り除いたり、瞑想をしたりしています。 自分の言葉で表現できる人を尊敬します。 おゆ会 https://www.oyukai.net/
コメント (2)
スキありがとうございます。
こういう自己紹介ノートをトップ固定にしてる人多いですよ。
私は今だけキャンペーンのをトップ固定に変えてますけどね〜。
もしまだだったらヨロピク〜
コメントありがとうございます!
特に意識してなかったです。
検討してみます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。