見出し画像

想いを少し話したくなってしまった

画像1

とってもお気に入りの場所。
特別な事もないし、あまり人が来るような場所じゃない、
たまたまばあちゃん家の近くだから知った場所。

1人でぼーっと朝日を眺め、海を眺め、稲を眺めて息をする。
考え事なんて特にする事もなく、ただただ眺めてる。
ジワーッと心に感動が湧いてきて、シャッターを切る。


朝早くから田んぼの消毒をしていた。
自分が撮っていきたい、守っていきたい景色は、受け継いだものや文化、愛しい手間を大切にしてる人達だ。
だけど、現代農業のおかげで暮らせてるのも理解している。
どっちが正しいじゃない。どっちも正しい。
ただ無くなってからじゃ遅い。
やっぱり手間には心や想いがこもっていて、すごく美しくて温かくてたまらなく好きだ。
そういう美しさが残っているし、残そうとしているからこそ、棚田が好きだ。

今回の写真はそういう棚田のものではないけれど、話したくなってしまった。


今回の写真は消毒をしているところの写真。
安定してご飯を食べれるのはおかげさま。
どっちが正しいどっちが悪じゃない。
これも美しいと俺は思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
温度に出逢う旅の日記。 日本中旅をして写真を撮っています。 絶景とかではなく、温かい温度、優しさや想い、手間や心、熱量を求めて。 地元の人や景色に出逢って、それを写真に撮っています。簡単な日記みたく書いていけたらいいなと思ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。