見出し画像

フリーランスでも挑戦を諦めない。「コラボワーク」という事業を始めます。

もっと新しいスキルや経験を積みたい。チームで1つのことを成し遂げたい。請負の仕事ではなくて「自分の事業」をつくってみたい。そう考えるフリーランスの人のための「コラボワーク」という事業の準備を進めています。

フリーランスは甘い・・のか!?

僕が会社員を辞めて独立したのは約4年前。肩書きこそ「コンサルタント」でしたが、最初はとにかく稼ぐのに必死。広告代理店の黒子として徹夜で企画書を書いたり、複数の会社の名刺を持って、月曜の午後は**社の社員として・・といった感じで忙しく働いていました。

焦りを感じだしたのは2年目を過ぎたころ。大口のクライアントが数社決まり、売り上げも安定。会社員時代では考えられないような単価で仕事を請けることができ、経験を活かすという点では、何の不満もなかったのですが、結局、過去の切り売りしてばかり。

リスクをとった意思決定をするわけでもないので「差し障りのない」「無難な」範囲でしか仕事をしていないことにモヤモヤとすることが多くなりました。あるクライアントから「小南さんの仕事の仕方では、あと半年が限界では?」という苦言を呈されたことも・・。

せっかく収入が安定しているのに、リスクをとってまで新しいことに挑戦する意味がある!?と、二の足を踏む毎日。(この状況が、ずっとは続かないことは薄々感じながらも、やらない理由ばかりが次々と浮かんでしまう‥。)

そんな状況を一転させてくれたのが、初の自社事業として取り組んだ、取材マッチングサービスLOOKMEです。住む場所も、働き方もバラバラなメンバーで7名で始め、開発~運営をしていた事業。(全員が実際に顔を合わせることができたのは、サービスローンチ後、数ヵ月経ったあとでした!)

この事業を通じ出会った人たちとは今でも仕事をしていますし、ここから10を超える新しいプロジェクトが生まれました。Webサービスはおろか、自分で事業をつくること自体未経験だった僕が、それに挑戦することで出来た「縁」や「体験」は何物にも代えがたいものになりました。


フリーランスが抱える課題

こんな自分の経験から、フリーランスという働き方、最大の課題は、専門領域以外や現時点での能力を超えた仕事への挑戦の機会が余りにも少ないことではないか、と考えています。

特に「納品型」の「請負」の仕事だと、あくまで「外部の人」として扱われ、チームの一員として深く入り込める場面も減ります。刺激を受けることも少ない。

結果、成長は鈍化。やっているのは過去の経験を焼き直したものばかりで、やりがいも感じづらくなる…。なんだかモヤモヤという人、多いのでは?と思います。(僕はそうでした。)

もちろん、フリーランスになると、確かに働き方は自由になります。収入が増えたという人もいるでしょうし、休みも自分で決めることだってできる。それに不満を言うなんて贅沢すぎるかもですが、「社員じゃない」という理由だけで、新しい仕事にチャレンジしたり、チームで自分の持ち場を超えて助け合ったり...そうやって挑戦できる機会がないのはあまりも寂しい。


フリーランスにも挑戦の機会を

そんな課題を解決するために準備を進めているのが「コラボワーク」です。もっと新しいスキルや経験を積みたい、チームで1つのことを成し遂げたい・・そう考えるフリーランスの人たちのための事業。

挑戦したい人たちでチームを組んで、プロダクトやサービスづくりに取り組めるクラウド上の会社です。 フリーランスのための会社・・といっても、案件を受託しそれを割り振るという従来のマネジメント会社的なカタチではなく、社内起業のように自分たちでプロジェクトを立ち上げ、推進することができるイメージ。

スクリーンショット 2020-10-23 17.32.11

挑戦の仕方、サポートの仕方は人それぞれ。やりたいことがある人はコラボワーク内で起案してチームをつくってもいいし、案がなくてもいろんなチームに入って経験を積んでもいい。

コラボワークが用意するのは、事業を行う上でのインフラ部分(ナレッジの共有や、法的な相談、ツール、イベント、などなど)

スクリーンショット 2020-10-26 15.05.38

チームをつくって終わりではなく、フリーランスの自由さはそのままに、でも会社に属しているように、今の実績や経験以上のことに挑戦できる(かつ、そのリスクは最小限に!)そんな事業を目指しています。


これからの話

あなたが蓄えてきた経験、磨いてきたスキルを活かして、新たな挑戦を始めませんか!

コラボワークに興味を持ってくださった方がいたら是非こちらTwitterアカウントにDMください、

https://twitter.com/yusaku_kominami

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わお!!!!
132
フリーランスでも挑戦を諦めない「コラボワーク」ちょっと冒険。ちゃんと貢献「cocan」実はすごいヒトにスポットライトを「LOOKME」その思い出シェアするよりも話そう・のこそう。「anone.life」などなど。リクルート~いろいろあって起業@福岡 株式会社ヒトコト代表 小南優作