何者にもなれる
見出し画像

何者にもなれる

こんにちは!!
ゆーだいです!!

Twitterでものすごく魅力に感じた人にDMを送り、先日お会いさせていただきました。その時の話がものすごく印象深く、忘れることのない時間だったので書いていこうと思います。
是非最後まで読んでください。

無駄の時間の大切さ

 その人は初めに私に、無駄な時間を大切にすることを伝えてくださいました。最近はすぐに起業したいや投資でお金を稼ぐ、そんなすぐにお金を稼ぐことなんてできないと。”下積み時代”の大切さを教えてくださいました。

サッカーをやっていた時スパイクを何足履き潰した。どれだけ走り込みをした。何が自分に足りないか考え自主練をし、練習前も練習後もサッカーのことを考え、サッカー中心の生活を送っていたはず。

スポーツ推薦をもらうのに、県の選抜に選ばれるのにどれだけ練習をしたか。最初はトラップすらできなかった。遠くまで飛ばすキック力もなかった。ドリブルもリフティングもできなかったはず。

それを練習の量で、結果を残していったはずだと。その”下積み時代”があったから、スポーツ推薦も県の代表に選ばれたりしたはずだと。

15年間サッカー漬けの毎日で、そこまで熱中したのに、プロになれなかった。

なのに社会人になると急にその下積み時代を飛ばして、起業などいろいろなことを考える。

書店に行けば、「~成功法」「必ず成果が出る」そんな答えがあるものが並んでいる。ただそこには何一つ答えはない。自分が努力するしか中でしか見えてこない。

這いつくばってでも頑張ること。その下積み時代が大切で、その過程が人としての深みを出す。

量より質という言葉があるけれどあれは嘘だと。量やってきた人がふとしたときに質を掴む。量より質という人は、徹底的に量をこなした人か、まるで分っていない人だと。

私はこの時、勇気が出た。
誰だって同じ。はじめは誰だって、何者でもない。
どれだけ頑張れるかが勝負だと。自分でも頑張れば、上手くいく。可能性は無限大だと本気で思えました。

今の私の悩みを解決出来たら、同じ悩みを持ってる人を助けられるかもしれない。それがビジネス、仕事になるかもしれない。

やるしかない。そう思いました。

お金の価値について

 その方がお金を捨て、全てを捨て挑戦すると決めた瞬間お金の価値が変わったそうです。外的に触れる喜びと、内的に触れる喜び。

外的とは、高い服や高いバッグ、高い車や高い靴。そういったものが手に入る喜び。内的に触れる喜びは、自分自身に触れられること。自分ってこんなことが好きなんだ。自分ってこういうものおいしいって思うんだ。こういう場所が落ち着くんだ。そういった喜び。

お金はどうしても天井がない。あればあるだけ使ってしまう。

ただ人は必要最低限あれば、生きていける。自分が月々最低どれだけあれば生きていけるのか知ることも大切なことだと教えていただきました。
自分の口座にお金がなくても、自分がこんなことしたいという時にお金を引き出す力があればそれは、貯金と同じだと。それが人としての魅力。

昔は、”お金を持っている人がかっこいい”と思われていた。けれど最近は、”その人自身の生き様”がかっこよさに変わってきている。自分自身が見られる世の中になっていく。

この人お金も持ってないし、着てる服もブランドものじゃないし、けどなんか挑戦してて、自分の人生生きててかっこいいな。そんな時代になっていくと。

”生き様は顔に出る”

そして最後に言われたこと。
「貯金はしなくていい」

今銀行に100万円貯金していても、金利が低すぎて何にもならない。今1000円持っていて、目の前に200円のリンゴがあったら5個買える。けど数年後は物価が上がって500円になり2個しか買えなくなるかもしれない。もっと極端な話円が円じゃなくなっているかもしれない。

だから今は、自分のために、成長のためにお金を使ったほうがいい。自己投資をしたほうがいい。その投資したお金以上の価値を自分自身で作っていけばいい。20代はそういう時間とお金の使い方にしたほうがいいと教えていただきました。

本当にお金に対する考え方が変わりました。

自分の可能性を信じて、自分自身の人生を自分で選択して生きていく。
まだまだ20代。何者にもなれる。
がんばろう!!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
来週も投稿していきますので、是非読んでください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また押してね❤️
体育会出身|サッカー人生後|住宅営業| あなたのきっかけになる投稿!! いいね&フォローお願いします! Twitter @Richard083061