編集で人を応援する

YouTuberの動画編集をしていて思うのですが、感覚を掴むのが得意な人はYouTubeっぽい編集を心得ていて「こんな感じ」という暗黙の了解ならぬ暗黙のマニュアルのようなものがあるように感じます。

自分もずっと「こんな感じ」でやればいいと思っていたのですが、それも少し違うのだなと思う場面があったので、今回はそれについてお話します。

YouTuberに求められていること

個人的にYouTuberは大きく二極化すると思っています。
それは「メジャー」「マイナー」
音楽でいったら大手事務所かインディーズですね。
TV番組でいったらゴールデンか深夜番組、といったところです。

芸人の「くっきー」さんをご存知ですか?
少しグロテスクなアート作品を生み出す個性が強すぎる芸人さんです。

彼のYouTubeの動画は深夜番組のような雰囲気です。
編集はほとんどテロップだけですし、たまに入るアイキャッチも動きのないシンプルなものです。

一方、同じ芸人のカジサックさんはもっと凝った編集をされています。
OPもありますし、テロップも人によって色を振り分けられています。
テンポ良いカット編集もされていて、ゴールデンのバラエティ番組の映像とほとんど変わらない印象です。

彼らは同じ認知度を誇る有名な芸人さんですが、求められていることはそれぞれ違います。

カジサックさんがくっきーさんのようなチャンネルを作っても、現在のファンはあまり喜ばないのではないかと思います。
くっきーさんのチャンネル企画はカジサックさんのイメージとまったく違っているからです。
カジサックさんを応援している人たちはおそらく、家族思いで良いお父さん、芸人としても活動している奮闘した姿に共感や愛着を抱いているのだと思います。まさにゴールデン番組のイメージ、メジャー属性ですね。

一方、くっきーさんはというと、先日チャンネル登録者数が10万人を突破し銀の盾を獲得していました。
そしてその銀の盾を削りだし、削って出た盾の粉をスタッフに日頃のお礼として渡すという動画をあげていました笑
これをカジサックさんがやったらどうでしょう。
おそらくファンの方々は「カジサックの動画、今日もおもろいな!」とはならないと思います。

同じ芸人さんでも求められていることが全然違う。
大手YouTuberの真似をしてもその人の魅力は引き出されるかどうかは別の話、ということです。

動画編集をしていて感じたこと


動画編集では編集者は番組のプロデューサーではありませんし、あくまでもメインはYouTuberです。

しかし、その人の魅力を引き出したり、チャンネルに特徴をもたせたりする役割は担っていると思います。

実践を通して「観たくなる動画」をつくるために「その人らしく」を軸に編集することも重要なのだな、と感じました。
編集者は編集で人を応援する、まさに縁の下の力持ちなポジションなのです。

【まとめ】

動画に映っている人が求められていることを編集に取り入れよう

今回の話は人によってビジネスセンスに欠ける内容だったかもしれません。でもこれが自分の本音ですし、正直に書いてみました。これを読むことでどんな編集をしていくか、あなたの今後の活動方針について考えるキッカケとなったら幸いです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!あなたのスキだけでご飯3杯いけます!
動画編集者です。求職して1週間でお仕事を獲得。 仕事を得るためにしてきたこと、必要なこと、していくことなど有益な情報をお届けします。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。