見出し画像

「すごい」と言われるのは「すごい」と言われたかった人じゃない

市場価値」という言葉を聞いたことがありますか?

私は、就活中、この言葉を何度も口にしたし、今エンカレッジで就活支援をする中でもしているし、アクシスで内定者インターンをしている時には、「市場価値」をテーマにした社長の末永さんによる21新卒向けの説明会・座談会も行われています。

おそらく、ベンチャーの世界に触れたり、人材やコンサル業界に触れたことのある方は、就活中の説明会で、「大手が正解、という価値観が全ての時代ではなくなった」という言葉と同じように、「社内価値ではなく市場価値を上げることが重要な時代になっている」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

目的化した「市場価値」

しかしそうやって、「市場価値」という言葉が主流になっていくにしたがって、「市場価値を上げることが正解」というような価値観が形成されていってしまっているのではないかという危惧があります。

というのも、日頃エンカレッジで就活支援をしている中で多くの21卒の方とお話しさせていただくことがあるのですが、漠然と「市場価値を上げたい」という方が増えているな〜と主観的に感じているんです。

しかし、思い返してほしいんです。

市場価値を上げること」は目的か?

目的じゃないはずです。手段なんです。
なんの手段なんですかね?

これは、人によって違うと思いますが、考えてみてください。

・まだ夢は見つかっていないけど、見つかった時になんでもできるための力をつけておくため
・自分で好きなことをやりながらなるべく多くのお金を稼ぐため

人の数だけ目的はあると思いますが、ざっくり言ってしまえば、幸せになるための手段なのではないかと思っています。

”人は誰でも幸せになりたいと思っている。”
このことについては私は共通していると思っていいんじゃないかな、と個人的に思っています。

そして共通していると仮説した場合、
不思議なことが起こっているんです。

あなたの周りを見渡してみて、幸せそうな人って、どれくらいいますか?

とっても少なくないですか?

「幸せになりたい」と言いながら幸せそうじゃなくて、いつになったら自分が幸せになることを許せるんだろう、と側から見たら思ってしまうような。

でも、彼女たちは、「いつか幸せになれる」と信じているんだと思います。

でも、その「いつか」っていつなんだろう?

いつ、どう幸せになるの?

私は、幸せになるためには、大きく分けて2つの方法があると思います。
まず1つ目に、短期的に自分自身が幸せでいられる選択をすること。
楽しいことを選んで、自分が安心する方を選んで、「幸せだな〜」と感じる選択をし続けることです。
そして2つ目に、長期的に自分自身が幸せでいられる選択をすること。
いつまでにどうなる、という自分なりの幸せの定義を明確化して、それまでの時間には大変なことであれ苦手なことであれ、するべきことをするということです。

私はこの2つは両方「&」で叶えられるものだと思っています。
「長期的な幸せ」を叶える努力をしながら、「短期的な幸せ」を見つけていけばいいのです。

「短期的な幸せ」は、日常的に「人のいいところを見つける」「普段から楽しことを見つけていく」「なるべく自分の心がワクワクする選択をする」など、小さな選択の組み合わせで、比較的楽に叶えることができます。

「長期的な幸せ」はなんでしょうか?
それは、「すぐには叶えられない目標や夢」のことです。

私の長期的な幸せと選んだファーストキャリア

例えば、私は「みんながありのままに生きられる世界を作りたい」という大きな夢を持っています。
そしてそのみんなの中で、最も思い入れがあるのは、発達障害の子どもたちです。
私自身、保育士として発達障害の子どもたちと関わることが多く、彼らのかわいさ・愛おしさをひしひし感じているのに、社会からの風当たりはいまだ優しいとは言えないからです。

そして私は単純に発信することが素敵だな、と思うし、発信している人を魅力的だなと思うところがあるので、発信という形で発達障害の子どもたちの可愛さを広めていける人になりたい。
だから発信力をつけたいです。

でもそのほかに、対内的な施策として、発達障害児の子どもたちを幸せにする最大の方法が必要です。それは、彼らのお父さん・お母さんを幸せにするということだと、個人的には思っています。
これも現場にいて感じたこと、自分自身の子ども時代の経験が理由になっています。
そのために、彼らのお父さん・お母さん世代の悩みを知りたいんです。

そんな理由がかれこれあって、他にもたくさんあって、アクシスという内定先を私は選んでいます。
付加価値的に、市場価値の高さを得られますが、別に目的として選んでいるんじゃないんですよね(笑)

起業にしろ、大企業にしろ、ベンチャーにしろ、市場価値にしろ、業界にしろ、どれも手段です。

「他人の評価」を求める限りいつまでも虚しい

それに、どの道を選んでも、「すごい」と讃えられているのは
皮肉にも「すごい」と言われたかった人ではないんです。

自分なりの幸せを叶えるために、その手段をうまく使った人なんです。

起業した人が偉いわけでも、ベンチャーにいく人が偉いわけでもないし、
大企業にいく人が偉いわけでもなんでもない。

どの選択をとっても、「他人にいかに評価されるか」で選んでいる限り、誰からも認められません。

そしていつまでも「虚無感」に襲われます。

だから、自分だけは、自分を認められるように、
手段をどれにする頭でっかちに悩む前に、もっと、考えてほしいんです。
悩むのではなく、考えるのです。

自分にとっての幸せってなんだろう?

そんな自問自答を重ねてください。
そして、自分にとっての幸せを、自分の力で、叶えてあげてほしいです。

あなたが「幸せになりたくない」って言うのであれば止めませんが
「こうすればよかった」「ああしておけばよかった」
って、「タラレバ」で語ってばかりの大人にはなってほしくない。

だから今ならまだ間に合う。
ちゃんと「幸せってなんだろう?」「私は何がしたいんだろう?」
これは簡単にはいきません。
すぐに答えなんて出てきません。

だからって「わからない」で終わらせてはもったいないです。

今は、あなたの「幸せ」を見つけられる
たくさんの手段があります

その気になれば会ってみたい人に会うことなんていくらでもできる。
いろんなインターンがあるから体感できる。
相談に乗ってくれるメンターだっている。

たくさんある。

だから「私には無理」「僕にはできない」なんて言い訳しないで
後悔しないうちに、ちゃんと自分と向き合い続けてほしいです。

私だって、必要があればいつでも相談に乗ります。
もししたいなって方がいらっしゃったら、
いつでもDM送ってください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると幸せな気持ちになります。 サポートしていただいたお金は、子どもたちへの支援に使わせていただく予定です。

大吉
74
˗ˋˏ 自分の人生を大好きにˎˊ˗ 葛藤ばかりの人生芸術に恋するリリカルガール🖊¦フリーモデル📸¦

この記事が入っているマガジン

axxisとともに
axxisとともに
  • 9本

チームaxxisで夢を見ながら。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。