見出し画像

私を傷つけることは、君を傷つけることだと知った。

ある日、呟いたツイート。

自分への戒めのつもりだった。

戒めとは反省であり、攻撃である。

それは、自分に向けられたものだから
自分以外の誰かが「傷つく」ものではないはずだった。

それがそうではないらしい。

感受性の強い君は
自分ごととして捉え「傷ついた」のだと言った。

他にも、「傷ついた」と言葉にできず、知らぬ間に傷つく人が、いたかもしれない。

ごめんなさいと思うと同時に
私の心がチクリとした。

誰かにひどいことをしてしまう人は
自分の心が傷ついている人だとよく言うが

それは私だと、気づいたのだ。

君に言われた「傷ついた」は
私の心も言っていたけど、聞こえないふりをしていたんだ。

自分自身への攻撃は、君への攻撃でもある。
君への攻撃は、自分自身への攻撃でもある。

反省することは大事でも
攻撃しなくていい。

ありのままを受けとめて
前に進んでいく勇気に繋がる
やさしい言葉でいい。

そんなことに気づけたのは
君の「傷ついた」があったから。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると幸せな気持ちになります。 サポートしていただいたお金は、子どもたちへの支援に使わせていただく予定です。

そんなあなたがステキ
35
⋆⸜ 自分の人生を大好きに⸝⋆をコンセプトに本質に迫るキャリアカウンセラー兼保育士兼女子大生。多くの人に ⋆⸜自分の人生が大好き⸝⋆って思ってほしいなって想いを胸に。Axxis inc. 20卒 :: encourage :: 障害児施設の保育士 :: 名古屋大学 臨床心理学専攻

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。