見出し画像

まるなげが「マーケティング」も始めました!

こんにちは。斎藤です。
今回は「まるなげマーケティング」について書こうと思います。

※過去記事はこちらを

●「まるなげ事業」の本音と建前
https://note.com/smilecall/n/na22c28c713cb
●まるなげ(デザイン)が売れてる理由を自社でまとめてみました
https://note.com/smilecall/n/n51920aa9ace9


まるなげ、横展開しすぎじゃない?
という方には是非、このnoteを読んでほしいです!!


01.なんで始めたの?

結論から先にお伝えすると、
「弊社でも困ってて、実際に成果に繋がった」からです。

もう完全にデジャブです!
「まるなげデザイン」と全く同じ理屈です。

”自分たちがやって良かったこと”
”自分たちが困ってたこと”
これをそのままサービス化するのが、結局のところ一番喜んでくれる!


02.弊社はどう困ってたのか?


自社の失敗を公開するのは勇気がいりますね。

そもそもマーケティング(WEB系)が必要じゃない?となったのは2016年のことでした。当時は「スマイルコール/通訳サービス」が急成長してましたが非常に属人的な企業体制で伸ばしてました。

どうゆうことか?というと、
●名刺交換した名刺は個人個人で所持
●テレアポ(※ゴリゴリの営業会社)のリストはEXCEL所持。一応社内で管理するけど暫くすると、どれが最新版かわからず作り直し。
●広告運用するが短期視点でしか判断しないのでリスティング投下しても効果無いねで終わる。暫くすると熱が盛り上がってまたやる(以下リピート)
●やる気ある営業マン(僕)SNS作成して投稿始める。営業が忙しくなると投稿しなくなって気がつけばID、PASSもわからなくなる。

いま振り返っても恥ずかしい。

全てがノー戦略で、ノリだけでやってたんです。
※もちろん当人は本気でしたが。


他にも思い出してきました。

●これからはMAツールの時代だ!ということで名刺管理もしてないのに導入。結果高めのメルマガツールとなる。
●マーケティングって頭いい人がやるもの。そう考えて学歴高い(日本トップの大学)から新卒採用、そのまま責任者にするもそんなに甘くない。そもそも抜擢する方が悪い。
●マーケティング領域のコンサル会社と契約しよう。実際契約しました。弊社はすぐに投下コストとで、コスパ判断しちゃうんで短期的な成果しか見れない。結果全然儲からなくない?となって直ぐに破綻。

などなど思い出すと沢山失敗してますね。


03.2019年7月に出会う

現在のマーケティング責任者と偶然知り合いました。

過去に失敗しまくってるんですが、
経営者ってマーケティングがやりたい人種なのか、
今回はうまくいくという根拠ない確信があったのか、
一緒にやることになりました。

〜結果報告〜

(入社月)
リード数:29件/月(2019年7月実績)
そもそも数字取得してたのか怪しい

(入社後)
リード数:400件/月(2020年9月)

なんと14倍以上!!
あらためて見ると凄いな。。。。


04. 戸井田 翔馬

画像1

写真と実物は異なることがあります。
基本ZOOM越しのMTGですが初回はご了承下さい!


簡単にご紹介をしますと茨城県に住んでます。
広告代理店で勤務した後に、自分で会社やってます。

なので、最初は業務委託契約(週1、2くらい)で参画してもらってたのですが、どんどんミッション増やして、自分の会社よりインデンでデカイこと(※このあたりはもう少しちゃんと口説いてます....)やろうよ!的な話をして、2020年9月からフルコミットで働いてくれてます。

※非常に勉強熱心な人間です。本人facebookから勝手に拝借。

スクリーンショット 2020-09-24 18.44.07

スクリーンショット 2020-09-24 18.44.25


05.「まるなげマーケティング」をなんで始めるの?


戸井田が参画した理由が1番大きいですが、本格的に「まるなげマーケティング」を始めました。

弊社でも失敗続きだったのですが、
●マーケ(特にWEB系)は素人がやるとダメ
●営業とかが兼務でやると優先度下がる

経営者の本音って、
マーケとかどうでも良いから売上(利益)だせよ!なんですよね。
少なくとも弊社ではそう思ってました。

実際に一緒にやってみて分かったことなんですが、
●プロに頼んだ方が早いし確実。
●兼務にしないほうが継続性が有る。そもそも一発OKなんかなくて、継続しながら改善していくのが正解でした。
●結果は全て数字で判断しないとブレる。数字取得してないとか論外。

で、今回やろうと思ったのは弊社偶然に出会いがあって、失敗の連鎖から抜け出しましたが世の中の多くの会社では素人が頑張ってるところが多すぎる。

特に、、
「何かやりたいけど方法が!」「社内の誰に相談したらいいか分からん!!」というような中小企業の経営者さん。弊社も当時は迷走しました、お金も相当使いました。

そんな悩み悩んでる会社さんに是非提案したい。
そう思って「まるなげマーケティング」をリリースしました。

マーケティング会社なんで世の中に星の数ほどあります。
結局だれがやるか?
どれだけ本気でやってくれるか?

当時の私もそこが気になってました。

なので「まるなげマーケティング」では、全案件を戸井田が窓口致します。
費用も5万円〜ですが実務もやります!激安です。
サポートメンバーは居ますが頭を使う、責任を取るのは1名で良いと思ってます。


06.さいごに

責任者(戸井田)からサービス理念も載せてと要望あったのでそのまま載せちゃいます。

「まるなげマーケティング」サービス理念
通常のマーケ支援会社はコンサル料と実務費用を別々でいただく。しかし、まるなげはコンサル料無料!いただくのは実務費用のみ!

マーケティングは専門に学んでいる人は少なく、その分人件費も高い
コンサル会社も同様の理由で最低50万〜とかが当たり前。
一方、マーケは投資要素が大きくすぐには結果が出にくい。
だから、中小企業はマーケに手が出せず、大手が大鉈を振るったマネーゲームになりがち。

しかし、マーケの本質はそこじゃない。
工夫次第で金をかけなくても勝負できる、金をかけるのがマーケじゃなく頭を使うのがマーケ。
その本質を追求すべく、まるなげはコンサル料をいただかない。

なんでまるなげはそれが可能なのか?
マーケが好きでマーケで飯を食ってる戸井田がコンサル料はとらない!と言ったのが始まり。もちろん民間企業なので、売上や利益は大事。一方で、世の中に同じようなサービスが蔓延っている中で選んでいただくには、お客様の要望に応えるのが1番。

それは、結果を求めつつも費用はなるべく抑えること。
マーケの定義は「新たな価値を創造する」や「顧客ニーズを創出する」など色々言われているが、どの理論も最終的には「顧客が求めるサービス」を「顧客が求める形」で「顧客が求めた結果」につなげること

それが実現できないマーケのサービスは自らマーケの定義を破ってる。
だから、まるなげマーケはそれを実践する。

現在(2020/09/24)スタートして、3社ほど案件開始してます。

一回話だけでも聞いてもいいよ!!
知り合いの〇〇さんが困ってるから紹介するよ!!
いまお願いしてる会社あるけど正直悩んでる!!

どんなお悩みでも結構です。
無料相談会も実施中!
ご連絡をお待ちしております!

《こちらで直接OKです!》
電話番号:075−256−5559
MAIL:s.toita@smilecall.co.jp
”Noteを見たよ”と言って貰えると書き手としては嬉しいです(^^)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」うれしいです〜!!!
57
株式会社インデンコンサルティングで代表してます👨‍🦰 「スマイルコール」「まるなげ」事業やってます。 https://www.inden-consulting.com/ 伝わりにくいニュアンスを文章にしてコミュニケーション齟齬を無くしたい。 そんな想いでnote始めました!

こちらでもピックアップされています

事業について
事業について
  • 3本

私たちの会社では色々と事業立上げてます。 このマガジンは事業についての想いを纏めてます♪

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。