見出し画像

一人ひとりと向き合った保育をベビーシッターで実現!

記念すべき第一回目のシッターインタビューでは、これまでのシッティング回数550回以上!の渡辺さんにインタビューしました。

渡辺さんは保育園で13年の勤務を経て、集団の大切さを感じながらも、個々への温かい関わりの大切さも学び、ベビーシッターとしてお子さま一人ひとりに合わせた保育をされています。

最後に、これからシッターをすることを考えている方へのメッセージもあるので、ぜひご覧ください!

ーまず、ポピンズシッターでベビーシッターを始めたきっかけを教えてください。

4,5年前まで、保育園で勤務していましたが、求められることが多く「子どもとしっかり向き合えているのかな…」と悶々としていました。
そんな時、SNSの広告でポピンズシッターの存在を知り、ベビーシッターなら一人ひとりの子どもと、もっとしっかりと向き合えるのではないかと思い、すぐに登録しました。

ーベビーシッターの仕事のやりがいを教えてください。

ベビーシッターとして働くことで、子どもだけでなくご両親のことも笑顔にすることができるということです!

仕事が忙しい方はもちろん、専業主婦の方にとっても息抜きは大切です。
30分でも気が抜ける時間があると余裕が生まれ、子どもとよりよい時間を過ごすことができます。
自分が使うなんて贅沢だ、なんて思わず、もっと気軽に使っていただきたいと思います。

ーポピンズシッターの良いところは何ですか?

まず、ポピンズが親会社であるということで安心感がありますね。
事前面談で、保護者の方と保育にあたってのご要望などを確認できるというのも安心です。

あと、家事はやらないと明確に決まっている(※)ので、お子様とよりじっくり向き合うことができて嬉しいです。

※2021年1月13日より新サービス「かんたん家事」を開始しました。家事をおこなっている間は、お子さまの保育はできないので、保護者さまとお過ごしいただくようになっております。
https://smartsitter.jp/information/367

ー保育士のお仕事との違いはありますか?

1年を通して見守ることのできない寂しさもありますが、定期依頼の場合は、自分も家族の一員になっていると感じることがあります。

保護者の方から「次回のシッティングを子どもがすごく楽しみにしています!」というのを聞くと、とても嬉しいです。

また、一人ひとりの性格や体調に合わせてあげられるというのも、ベビーシッターの良さだと思います。

ー最後に、今後シッターを希望される方に対して一言お願いします!

ベビーシッターは責任のある仕事ですが、一人ひとりとじっくり関われるというところでやりがいや充実感もありますし、家庭と両立しながら自分のペースで働くことができます。
ぜひ一緒に働きましょう!

ー今回インタビューさせていただいたシッターさんは…

インタビューにご協力いただいた渡辺さんのプロフィールはこちら
※ポピンズシッター(旧スマートシッター)にご登録いただくとご依頼をお掛けいただけます!


画像1

~関連記事~

「ベビーシッターの仕事や収入(給料)、やりがいとは?」

「待機児童解消に協力できる!東京都ベビーシッター利用支援事業対象シッターの仕事とは?」

「研修制度が充実。「スマートシッター実地研修」とは?」

「産後の母子・家族に関わりながら仕事をしていきたい!」

「お子さまと深く関わるという理想をかなえるためベビーシッターに転職」

「主婦の社会復帰への第一歩として、保育園勤務がおすすめ!」

◆SNSはこちら

Twitter
Instagram
Facebook




この記事が参加している募集

私の仕事

良かったらフォローもお願いします!
7
ポピンズシッター(旧スマートシッター)の公式note。 安心のポピンズグループ! 日経DUALベビーシッターサービス1位🎉 全国保育サービス協会(ACSA)に加盟🎊 子育て中の方やシッターさん向けに記事を書いています。 https://smartsitter.jp/