見出し画像

クリスマス福笑い~クリスマス工作展2020~

続いてご紹介するのは、ハヤシさんの「クリスマス福笑い」です。

ねらい

・季節の行事に親しみ、家族とのコミュニケーションを楽しむ

・ハサミの使い方の練習、顔の部位の名前を覚える、色々なパーツを考える想像力を働かせる、 など様々な年齢の子どものやりたい!という気持ちを育む

対象年齢

何歳でも (ハサミを使う作業は3才頃~)

事前準備

・色画用紙や折り紙

今回は全て画用紙で作りましたが、画用紙で顔の土台、折り紙で顔のパーツや飾りなどに使用してもOK。また、白い紙を使って後から色を塗っても良いです。

・のりやテープ、両面テープなど 

マスキングテープを使ってもかわいいですね。子どもの年齢に合ったもの、チャレンジしたいものを選んでください。

・ハサミ

作り方

1.顔の土台作り

子供の発達に合わせて準備していきます。どこからやりたいか選ばせてあげてもいいですね。

①サンタさん、ツリー、リース、トナカイ、雪だるま、靴下、などクリスマスをイメージするモチーフを決める。

どんなものがあるかヒントを与えながら、順番に言い合っていくのも楽しいですね。

②画用紙や紙に土台の顔の輪郭を描く

なるべく大きく。先に紙を半分に折って片面だけ描き、折ったままハサミで切ると簡単に左右対称な形ができます。豪快に下書きなしで思いつくままに切っても良し!

③他の色紙(白い紙ならあとで塗ってもOK)でその他のパーツを切る(サンタさんの帽子、ツリーの星、トナカイの角、など)

④顔の土台のパーツをのりなどで貼り合わせる。

貼らずにこのパーツをあとで遊ぶときに使ってもOK

2.顔のパーツ作り

①画用紙や折り紙等で目、鼻、口の形を切る。

その他に眉毛やヒゲ、耳などもあるとたくさん遊べます。同じパーツも形を変えて2,3種類作っておくと、色々なパターンの顔ができます。

3.遊び方

福笑いと同じように目隠しか目をつぶって顔を作っていきます。

周りの人は声、または手でリードしてくださいね。ちょっと「変」なパーツも用意しておくとより盛り上がりますよ!ちなみに我が家では目をつぶったのは最初だけで、そのあとはパーツの組合せや配置を変えて楽しんでました。

画像1

この作品を応募してくれたシッターさんは...

画像2

【ニックネーム】ハヤシさん
子育て/神奈川県横浜市/3ヶ月~

小学生1人、幼児2人の三人子育て真っ最中です。
もっとお母さんたちに気軽に息抜きしてもらいたいと思い、シッターの仕事を始めたそうです。

ポピンズシッター(旧スマートシッター)に登録する

※登録すると、シッターのプロフィールを見ることができます。

<今年の応募作品>


画像3



良かったらフォローもお願いします!
ポピンズシッター(旧スマートシッター)の公式note。 安心のポピンズグループ! 日経DUALベビーシッターサービス1位🎉 全国保育サービス協会(ACSA)に加盟🎊 今なら新規登録で2000円クーポンプレゼント中! https://smartsitter.jp/