見出し画像

スマートキャンプボルダリング部 vol.1 初心者歓迎!ゼロから始めるボルダリング生活 #Collaboration #部活動

※この記事は2018年11月22日に公開されたものをnoteに再掲しています。

こんにちは、スマートキャンプCOOの阿部です。

スマートキャンプ部活動シリーズ、本日はボルダリング部について報告します。

ボルダリング部はこれまでに5回(5/19, 6/16, 9/22, 10/12, 11/17)開催してきました。ちゃんと定期的に開催できています(笑)場所は主に荻窪ですが、平日夜に開催したときには新橋でも行いました。

そもそもボルダリングとは?

ボルダリングといえば、壁にカラフルな石が取り付けられていて、この石を掴んで壁を登っていくイメージですよね。このカラフルな石は「ホールド」と呼ばれていて、同じ色、同じマークのホールドによって構成されたコースを登っていき、ゴールのホールドを両手で触れたらクリアというスポーツです。

コースはホールドの配置や形によって難易度が異なり、私たちが利用している荻窪の施設では10段階のレベルがあります。スマートキャンプボルダリング部は初心者中心ですので、今のところ一番できるメンバーでレベル4。みんなでゼロからスタートし、レベルアップにチャレンジしています。

画像1


ボルダリングとは力と頭を使うスポーツ

ボルダリングでは壁を登るための筋力が求められます。ボルダリングは全身運動ですので、腕の筋肉だけでなく胸筋や腹筋、背筋、足の筋肉など総合的に鍛えることが上達に向けて必要です。さらに柔軟性も重要で、壁に体を寄せながら腕や足を伸ばします。

また、ボルダリングではもちろん筋力や柔軟性も必要ですが体の動かし方も重要で、実はとても頭を使うスポーツです。壁を登り始める前には「オブザベーション」と呼ばれるコースの観察を行い、どのように体を動かして登っていくかを見極めます。オブザベーションが不足していると動きに無駄が出て体力を消耗してしまうなど、登っている途中で行き詰ってしまいます。

ボルダリングは休日や仕事帰りにリフレッシュとして取り組めるだけでなく、筋力や柔軟性、さらには思考のトレーニングにもつながる一石四鳥のスポーツなんです(笑)

ボルダリングのあとは美味しいごはん

ボルダリングで汗を流した後はごはんを食べに行くことが多いです。荻窪や新橋には美味しい居酒屋が多く、せっかく運動したのに太ってしまいますね…!

画像2


スマートキャンプボルダリング部では部員を積極募集しています。また、社外の方との共同開催もできればと思っていますので、ご興味ある方がいましたらぜひご連絡ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『.▲.tent.』はSaaS比較サイト「ボクシル」を運営しているスマートキャンプのPRメディアです。「テントにあつまり、皆で輪になって語り合おう」という思いを込めました。 ありのままのスマキャンを、メンバーや事業、取り組みなど、さまざまな切り口から発信していきます!

こちらでもピックアップされています

スマキャンの日常
スマキャンの日常
  • 148本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。