見出し画像

【新卒×ベンチャーのリアル】就活生はまず1ヶ月間◯◯を考え続けよう。超人気企業の内定を辞退してスマートキャンプを選んだ理由とは #SmartThinking #20卒|高砂 渉

こんにちは!スマートキャンプの手塚です。

新卒でスマートキャンプに入社した社員のインタビュー企画【新卒×ベンチャーのリアル】。
「どんな就活を送っていたの?」「なぜファーストキャリアでベンチャーを選んだの?」という疑問を就活生目線で聞いていきます。

本記事では2020年度新卒、BOXIL開発本部配属の高砂さんに話を伺いました!

※スマートキャンプでは、3月2日から在宅勤務をいち早く実施しております。今回のインタビューもWeb会議ツールの「Zoom」を利用し、リモート環境で実施しました!

高砂 渉(早稲田大学建築学科卒)BOXIL開発本部
早稲田大学建築学科卒業後、スマートキャンプへ2020年度新卒入社。
学生時代は不動産のデータサイエンスに取り組みつつ、好奇心旺盛で多趣味なことから8つのサークルに所属。うち4つは「マイナーな趣味の魅力を広めたい」と自ら立ち上げ、代表も務める。
もともと街を効率化して人類を楽にしたいと思っていたが、現代ではITツールによる効率化の方が貢献度が高いと考え、ITエンジニアになることを決意。
コンサルなど複数社から内定をもらいつつもスマートキャンプへの入社を決め、1年程度の内定者インターンを経て、現在はインサイドセールス領域における新規サービスの開発を担当している。

就活はコンサルタントとITエンジニアの2軸

ーー就活はどのようにやっていたか教えてください。

私は高校の頃から、「自分の能力を最大限発揮して、誰かの非効率を減らし楽にしたい」と考えていました。その為、都市計画を学ぼうと思い建築を専攻していましたが、現代はITがより普及していく時代だと思い就活はIT関連で考えていました。

なので最初はIT系コンサルに絞って選考を受け、皆より半年は早い時期にいくつか内定を貰って一旦就活を終えていました。しかし自分が「本当にやりたいこと」は何かと考えた結果、ITエンジニアとしてのキャリアも考えるようになりました。

ただ完全にプログラミング未経験でも就職できる会社では、自分の思うような仕事には取り組めないようでした。なのでそこから3ヶ月猛勉強し、まずは自力でWebサービスを作れるようになりました。その上でスマートキャンプで2ヶ月インターンを行い、内定を貰って就活を終えました。

超人気企業の内定を辞退してまで選んだITベンチャー

ーー内定を貰った中には超人気企業もあったようでしたが、就職先はどのように決めましたか?

BIG4と呼ばれるコンサル企業から内定が出ていました。そこの内定を辞退する際は確かに周囲からも猛反対されましたが、私は独自の指標を決めていたのでそれを用いて客観的に判断しました。それがこのような企業に対するスコアリングです。

画像1

これは自分が「企業に求めるモノ」と「自分が企業に提供できるモノ」をそれぞれ細分化し、それぞれその評価基準と重要度を決めることで企業評価を定量化できるツールです。企業選びはどうしても感情や印象に左右されがちなので、客観的かつ短時間で判断を下したいを考えこのツールを作りました。

スマートキャンプは私が受けた企業の中でこのスコアが1位だったのでどうしても内定が欲しかったですし、貰えたら内定承諾を迷う余地はありませんでした。

スマートキャンプは良くも悪くも「自分次第」

ーーそのような判断の上で選んだスマートキャンプは、実際入ってみてどう感じましたか?

インターン期間中にたくさん質問させて頂いていたので、おおよそはイメージ通りでした。ただ入ってから気づいた魅力と改善点もいくつかありました。

魅力は3つあって、1つ目はどんな提案でも価値があれば取り入れて貰える「風通しの良さ」です。実際内定者としてインターン始めた直後に、社内SNSの効率化ツール「お茶たろう」を開発 & 導入させてくれました。

2つ目は良くないことを良くないと言える「当事者意識の強い人が多い」ことです。社内の慣習や行動において良くないと思っても、「自分には直接関係しないから」「雰囲気を壊したくないから」と言わない人が多いのはよくあることですが、スマートキャンプではそれが無く日々改善がされています。

3つ目はそれらを含む上記2つを含むカルチャー「SOCS」の浸透率の高さです。社員の皆がそれを意識して行動できているのでコミュニケーションが取りやすく、どう行動すべきかの判断が行いやすいです。

一方、改善点としては新卒受け入れ体制が完成している訳ではない点ですね。私で新卒2期生ということもあり、自分で情報を取りに行くオーナーシップが求められる状況ではあります。

スクリーンショット 2020-05-20 16.55.14

【左:BOXIL開発本部 高砂、右:人事本部 手塚】

目標は「人類を楽にするプロダクト」の牽引

ーーそのような環境の中で、高砂さんは何を目標とされているんですか?

目標は今は1年後、3年後、5年後、10年後の4段階に分けて考えています。

1年後はエンジニアとして一人前になること、3年後はエンジニアサイドもビジネスサイドも両方理解出来るようになること、5年後は両者を繋げる立場として「誰かの非効率を減らすプロダクト」を牽引すること、10年後は「人類を楽にする」と言えるほど影響度の大きいプロダクトを牽引することを目標と置いています。

元々「自分の能力を最大限発揮して、誰かの非効率を減らし楽にしたい」を考えて人生の選択をしてきた故に10年後の目標はかなり大きく置いていますが、自分で積極的に取り組んでいけるスマートキャンプならその実現に向けた成長も出来ると考えています。

就活生はまず「自分が本当にやりたいこと」を「1ヶ月間」考え続けよう

ーー最後に自身の経験を踏まえて、就職活動中の学生に伝えたいことがあれば教えてください。

就活を始めたとき、まず業種や職種を絞ったり、行きたい企業の志望動機を考えたりしていませんか?僕もそうでしたし、それでもある程度満足して就活を終えることは出来ると思います。
ただそれより大事なのは「自分が仕事を通してどんなことを実現したいか」「どんな仕事ならしたいと思えるか」を整理することだと考えています。

私は一度就活を終えてから、「自分が本当にやりたいこと」だけを「1ヶ月間」考えていた時期がありました。1ヶ月と聞くと長いように思えるかもしれませんが、この先50年の人生に大きく影響することを考えるとむしろ短いとは思えませんか?

「自分が本当にやりたいこと」さえ自分の中で整理し具体化できていれば、企業選びや志望動機を考えるのに迷う時間は無くなります。なぜならそれが企業選びの軸となり、志望動機となるからです。
なので就職活動中の皆さんには、まず「自分が本当にやりたいこと」を考えて貰いたいなと思っています。

そして企業を選んだ結果がもし、私と同様にスマートキャンプでしたら嬉しく思います。

ーー高砂さん、ありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
『.▲.tent.』はSaaS比較サイト「ボクシル」を運営しているスマートキャンプのPRメディアです。「テントにあつまり、皆で輪になって語り合おう」という思いを込めました。 ありのままのスマキャンを、メンバーや事業、取り組みなど、さまざまな切り口から発信していきます!

こちらでもピックアップされています

スマキャンの仲間
スマキャンの仲間
  • 76本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。