見出し画像

【北海道×ベンチャー×転職】大手企業を寿退社。結婚後、夫の転勤によりITベンチャーに飛び込むことを決意した女性社員の転職秘話!

※この記事は2019年09月06日に公開されたものをnoteに再掲しています。

こんにちは!スマートキャンプ北海道支社インターン生の菊地です。

スマートキャンプ北海道支社で働く社員へのインタビュー企画「北海道×ベンチャー×転職」。Vol.2は結婚を機に大手証券会社から転職を決意し現在北海道支社で支社立ち上げ期から働く女性社員、和田にインタビューしました。

「北海道支社に興味がある方」「スマートキャンプ北海道支社での応募を検討されている方」「ベンチャー企業での転職に興味ある方」はぜひご覧ください!

和田さとみ(スマートキャンプ北海道支社社員)
大手証券会社で、個人の富裕層・中小の法人を対象とした証券営業に従事。結婚と札幌への引越しを機に2018年10月よりスマートキャンプ株式会社の北海道支社立ち上げメンバーとしてジョイン。
現在はインサイドセールスマネージャーとしてインサイドセールス方たちへのサポート業務を始め、クライアント対応などを行う。また北海道支社の広報の仕事も担当しており、北海道支社にとって欠かせない存在である。

結婚を機に転職、女性としてのキャリアと向き合う

ー前職ではどのような仕事をしていましたか?

新卒で大手証券会社に総合職として就職しました。業務内容としては、富裕層や中小法人を対象に株や債券など、金融商品の営業を行っていました。

転職をしようと思ったきっかけは?

一番のきっかけは結婚と配偶者の転勤でした。前職での営業もやりがいがあって好きだったので続ける事を望みましたが、総合職で入社した手前すぐに異動はできず、何年後に主人と一緒に住めるかもわからなかったので、転勤先の北海道に転職する事を決意をしました。

今後、主人の転勤があっても働くことを考慮して、本社が東京にあって支社が北海道にある会社、さらに自分の条件を満たす職場というかなり絞られた転職活動でした。

画像1

結婚をきっかけに転職。専業主婦という選択肢もある一方で、それでも働く理由は?

何が起きても一人で、または家族を養いながら生きていけるようキャリアを続けて、社会で通用するスキルや経験をつけておきたかったんです。前職で資産形成に携わっていた事もあり、人生におけるリスクを考えてしまう性格で…結婚しても仕事をするという選択肢しか考えられませんでした。

女性は結婚、出産・育児、配偶者の転勤などさまざまなライフイベントがあります。世の中は女性活躍推進が浸透してきていると言っても、実際女性がバリバリ働く事に関してまだまだ現実的に壁があると結婚後の転職活動をきっかけに思い知らされ落ち込むこともありました。将来について悩むことは多いですが、今後もどんな形であれ、可能な限り働き続けたいと思っています!

転職活動の際の軸を教えてください!

転職の軸は3つありました。

1つ目は、IT業界であること。前職で株を扱っていたので、さまざまな会社の業績とか将来性ついて見ていたんです。その中で、IT業界の成長性に魅力を感じていました。肌感として今後も伸びていくだろうと考えていました。

2つ目は、ベンチャーであること。大手だとすでに体制や規則ががっちり決められていたり、企業規模が大きすぎる故、意思決定のスピード感が遅くなる事もあります。ベンチャーだと良くも悪くも整備されておらず、勢いがあるので、そういった環境に身を投じたいと思いました。

あとは、大学生の頃にアイルランドのFacebook支社で働く知り合いに支社に連れて行ってもらった事があって、そこで見た自由な働き方や独創的な職場環境が忘れられなかったので、そんな働き方が日本でも実現できる可能性があるベンチャーに単純に憧れていました。

3つ目は、北海道で働けることです!譲れない条件ですね(笑)。

画像2

大手企業からベンチャー企業への転職理由

スマートキャンプを選んだ理由は?

スマートキャンプを選んだ理由も3つあります。

1つ目は、『テクノロジーで社会の非効率をなくす』というミッションに共感したため。営業をしていた時に、非効率を感じる事が多々あったため惹きつけられました。
人の役に立つ仕事がしたいと思っているので、テクノロジーで自分のように非効率で悩んでいる人の役に立てるなら素敵な事だと思いました。

2つ目は、支社立ち上げを経験したかったから。新規開拓営業をしていて0から1をつくる事に楽しみを感じていました。支社立ち上げは、新規開拓の0とは違うとは思いますが、0からのスタートで組織づくりに携わる事は、めったに経験できるものではないので、純粋に楽しそう!と思いました。実際に今では40人規模まで大きな組織になってきましたが、貸しオフィス1室からの業務スタートしたことは貴重な思い出です。

3つ目は、人です。色んな会社を受けましたが、スマートキャンプでは面接で事業のことを事細かに教えてくれました。第一印象が「親切な方がいる会社」です。一概にベンチャーといっても会社によって全く雰囲気が違うんですが、スマートキャンプは雰囲気が柔らかくて優しい人が多いという印象が強かったです。

現在はどんな仕事を担当してますか?

現在はインサイドセールスマネージャーとしてインサイドセールスの方たちへのサポート業務を始め、クライアント対応等をしております。具体的に言うと、インサイドセールスの方々への商材研修や質疑応答、案件の進捗状況の管理からどうやったらKPIを達成できるか考えて、インサイドセールスの方たちに共有したりしています。

他に、北海道支社の広報的な仕事にも携わっています。採用面接から、.▲.tent.記事執筆、採用イベントの参加や、学生向けセミナーで登壇、雑誌に記事出したりなど…本当に色んな事にチャレンジさせていただいています。

▶和田執筆の北海道支社長へのインタビュー記事はこちら

画像3

やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

やりがいを感じる瞬間は沢山ありますが…一番は入社時と比べて「出来ることが多くなった」と感じる時です。転職したての時は右も左もわからない状態でした。人を動かす経験は無くて、プレイヤーとして自分の足を動かす事しかしてこなかったので、最初は苦戦しました。松本支社長を始め、色んな方々に助けて頂いたおかげで、今ではこなしているタスク量も以前に比べ全然違うので進歩を感じています。

大手から転職してきて、働き方や環境に違いを感じますか?

違いしか感じていないです。

働き方は、フレックスタイム制が前職にはなかったので、かなり驚きました。
大手企業だと働き方改革に伴いすごく整備されている事もあて、何時までに帰ると決められている事もあるのですが、スマートキャンプは規定の業務時間内であれば、日々の勤務時間を自分で調整出来るので、プライベートは大事にしつつ、働きたい人は思いきり働くという事ができるのは良い制度だと思いました。

▶スマートキャンプの働き方に興味がある方はこちら

環境については、ベンチャーは良くも悪くも体制が整っていないです。ただ、完璧に体制やルールが出来ている場所に身を置いていたので、体制や規則が出来ていくのをみるのは新鮮でした。

-北海道支社は働きやすいですか?

居心地が良いです。社員・パート・学生インターン皆さん優しくて思いやりのある方ばかりで、安心して働けています。主婦の方が多いのですが、家庭と仕事の両立だけでなく、責任感と向上心を持って仕事をしている姿を見て、毎日刺激を受けています。学ぶことが多いです。

特に、子育てしながら働くって言葉で表せないほど大変な事だと思います。想像するだけでも目が回りそうですが、自分も将来支社で働くママさん達のように「働く格好いいママ」になりたいです!

北海道支社は、子育て中のお母さんや配属者の転勤でリタイアしたけど職を探している方を含め、様々な境遇の女性が活躍出来る場にしていきたいなと個人的に考えています!

▶北海道支社で働く主婦方にはどんな方がいるの…?気になる方はこちら

子育てと両立しつつスマートキャンプ本社で働く女性の記事も必見です!

画像4

北海道に来る前に東京本社でも働いていましたが、働く上で東京と違いを感じている部分はありますか?

仕事の内容については、そこまで違いは無いと思っています。スマートキャンプがテクノロジーで社会の非効率を無くすをミッションにしている事もあり、業務でSaaSを取り入れています。

社内でのコミュニケーションはSlackなどで全国どこにいても連絡が取れますし、お客さんとのミーティングは会議システムを使え、また支社にも「どこでも窓」と呼ばれる東京と北海道を繋ぐモニターがあるので、あまり離れているといった感じもなく働けています。
▶どこでも窓詳細はこちら

北海道という知らない地に来て不安はありましたか?

大学の時に海外留学に行ったり、一人旅して知らない土地に行くことは好きだったので、知らない土地に行く事に対する不安は全くありませんでした。前職でも配属が縁もゆかりもない山口県の下関だったので、北海道に来てもまた1から友だちをつくればいいやくらいの気持ちでしたね。

心配だったのは、寒い事くらいでした。大学生3年生の11月頃に北海道に来て、寒すぎて一生来れない…と思いましたが、住めば都でした(笑)。

今まで色んな土地を転々としてきた経験から見ても北海道は気候も良く、人も優しくて、
都市としても魅力しかないです。自然豊かで、休みの日には主人とドライブに出かけたりして満喫してます。

仕事の都合や、ご主人の転勤についてきた方でも、安心して働ける場所だと思っています。もし、これからIターンやUターン、または私と同じようにご主人の転勤で北海道で仕事を探されている方がいましたら…ぜひ一緒に働きましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
『.▲.tent.』はSaaS比較サイト「ボクシル」を運営しているスマートキャンプのPRメディアです。「テントにあつまり、皆で輪になって語り合おう」という思いを込めました。 ありのままのスマキャンを、メンバーや事業、取り組みなど、さまざまな切り口から発信していきます!

こちらでもピックアップされています

スマキャンの仲間
スマキャンの仲間
  • 77本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。