見出し画像

【第二新卒×転職】スマートキャンプは今までの私を変えるチャレンジの場所 #Mission #カスタマーサクセス

※この記事は2019年09月13日に公開されたものをnoteに再掲しています。

こんにちは!スマートキャンプの手塚です。

本日はBOXILのカスタマーサクセスを務める浅田さんにインタビューをしました。

Marketing & Sales Div. 浅田 茉柚
2018年9月入社。上智大学看護学科卒業後、新卒では看護師として大学病院に就職したのち、ヘルステックベンチャーFiNC technologyにてコンテンツマーケのインターンを経験。 現在は、BOXILのカスタマーサクセスとしてハイタッチ顧客を担当。

看護師から転身、ビジネスパーソンとして成長したかった

ーー浅田さんはスマートキャンプは2社目ですよね。入社する前は何をされていたんですか?

実は、新卒では看護師をやっていたんです。でも1か月半で辞めました。
学生時代に看護実習もやってみましたが、そこまで強い思い入れがなかったのが正直な気持ちでした。

元々医療系に興味があったものの、看護学科進学を決めた理由は手に職をつけたいからだったんですよね。国家資格もとるし、周りのみんなも看護師になるし、私もレールに沿っていった就活でした。

私の大学は4年制の総合大学だったので看護学科以外の友だちもいて、その人たちは医療業界だけでなく大手からベンチャーいろんな企業に就職していて、視野を広げたらいろんな選択肢があったなと実感しました。

そこで自分の2〜3年後を考えたら、看護師は大切な仕事だけど自分自身が身につけたい力ではないと思って転職を決めました。
ビジネスパーソンとしてとにかく成長したかったんです。

ーー思い切った決断でしたね。その後スマートキャンプに入社されたんですか?

今思い返すとよく辞めたなと思います(笑)

退職後はスマートキャンプへ入る前にIT×Healthベンチャーでインターンシップをやりました。コンテンツマーケティングを担当して、記事を書いたりSEOを勉強したりしましたね。
でもやっぱり企業に対して営業したいという思いが強くて、インターンシップ先には就職せず転職活動を進めていました。

スマートキャンプは今まで関わってきた分野と違うものの、「テクノロジーで社会の非効率を無くす」というミッションには共感しているところがありました。
看護師で働いているときにカルテをアナログで管理するなど非効率な部分を感じていて、それを無くせたら医療業界の働き方も変わるのにと考えていたので、根本の方向性は一致していたんだと思います。

あと選考中に古橋さん、阿部さん、品川さんに面接してもらったんですが、人に惹かれました。

画像1

コンプレックスを覆す結果をベンチャーで出したい

ーーなぜ営業職という道を選んだのですか?

営業職の中でもカスタマーサクセスを選んだのは選考が終わってからでしたが、ビジネスの世界を知るには外に出てお客さまと話す営業職がベストだと思っていました。

元々は成長意欲が強いタイプではなくて、人生で死ぬほど頑張った経験もあんまりなかったんです。そんなにやりたいこともなく、なんとなく生きてきたタイプでした。

でも看護師を辞めたときに「次は絶対頑張りたい」と決意したので、営業職かつ大変なベンチャー企業で自分がどこまで頑張れるのか試してみたいと思いました。
「あのときの短期離職を覆す結果を出さないと生きていけない」という思いがモチベーションの源泉です。

ーー浅田さんにとってのカスタマーサクセスのやりがい、厳しさを教えてください。

私は比較的高額でご契約いただいているお客さまを担当していて、BOXILの運用状況を確認したり、他社比較をしたり、運用改善を提案しています。

包み隠さずお話すると、厳しさについては結構ありますよ。
カスタマーサクセスってゴールがないじゃないですか。
状況が良いときも悪いときも、どうフォローすればお客さまのためになるのか考え続けるって難しいです。かつ、営業なので追わないといけない数字もあります。

解約をされてしまわないようにフォローしないといけない、でもアップセル・クロスセルの目標もある。守りと攻めの境目のような、そのバランスをとるのが難しいと感じるときは多々ありますね。

その分、お客さまの状況改善できた瞬間はとても嬉しいです。
結果が出た時もそうですが、BOXILっていいサービスだねと言ってもらえるとやりがいや嬉しさは感じますね。

▶カスタマーサクセス 左貫さんのインタビュー記事はこちら
▶カスタマーサクセス 小池さんのインタビュー記事はこちら

画像2

自立した女性になりたい、そのために20代がむしゃらになる

ーー浅田さんはどんなビジネスパーソンに成長したいですか?

30代、40代になったときに好きな仕事を選択できる自立した女性になりたいです。
私にとって自立した女性というのは、「どんな会社にいても価値を発揮できるような環境依存しない人」なんです。
それって20代どれけ頑張るかで変わってくると思うので、今がむしゃらにやっています。

ーーカスタマーサクセスの新メンバー、どんな方に来てほしいですか?

お客さまに寄り添えて、粘り強い方に来ていただきたいです。
カスタマーサクセスは時期性やお客さまの状況によってすぐ結果がすぐに出るポジションではないので、それでも粘り強く提案し続けられる方は合っていると思います。

スマートキャンプはとてもフラットな組織なので、挑戦したい方や成長したい方にはとてもいい環境です!
私含め、さまざまなバックグラウンドを持っている人がいるので、現在全く違う業種・業界で働いている人にもぜひチャレンジしてほしいです!

ーー浅田さん、ありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
『.▲.tent.』はSaaS比較サイト「ボクシル」を運営しているスマートキャンプのPRメディアです。「テントにあつまり、皆で輪になって語り合おう」という思いを込めました。 ありのままのスマキャンを、メンバーや事業、取り組みなど、さまざまな切り口から発信していきます!

こちらでもピックアップされています

スマキャンの仲間
スマキャンの仲間
  • 77本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。