010 僕と“僕”の共存


人は、……自分が生まれる前を知りたがる。

僕たちに生まれる前も、いなくなった後もあるのだろうか。
否、僕にはそんなものがあるとは思わない。
ねえ、君。そう思わないかい。
それは生まれる前、僕ではない“僕”がこの地球(ほし)で生きていた、ということになるんだ。

僕ではない“僕”とはいったい誰だろう。
僕は“僕”の記憶を持っていない。それなのに“僕”なのだろうか。
そんなことがあるとは思えない。やっぱり……僕は僕でしかないのではないのかな。

生まれる前、その通り僕は生まれていなかった。この世界にはいなかった。そうとしか考えられない。ううん、考えたくない。
僕は僕だもの。この一生が僕だ。僕がいなくなるその後も、……僕は生まれない。
本当のことを、教えてくれないか。誰に訊けばその答えが見つかるのだろう。

人は、……自分が生まれる前を知りたがる。

そうさ。この世は否定すれば真実を固めるすばらしい世界となり、肯定すれば自分の信じるものを失う世界に急変する。

けれどそれは、僕の思考が縛られないということを意味し、僕が“僕”を認めることで僕の生まれる前は“存在”するということに他ならないのだ。

僕は常々そう思っている……。



※お題010「生まれる前」
これも僕僕うるさいです……

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます。
2
短い読み物を更新しています。心象風景的なもの。サイト:https://anbco.web.fc2.com/

こちらでもピックアップされています

須臾物語(お題)
須臾物語(お題)
  • 14本

傾向として、一風変わった感じ(SF・ファンタジー寄り)の話が多め。微グロ・やおい(BL)もあります(表記有)ので、お読みの際はくれぐれもご注意願います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。