見出し画像

読みたいことを、書けばいい

最近書くことについて悩んでました。
広告代理店やマーケティングって向いてるのかな? 学生だから書けることってなんだろう?

書くことに興味がある方は
一度読んどくといいなぁって思う本でした。  

以下はこの本を読んで
大事だなと思ったことを3つ
自分のために記録します。

#書きたい事を書けばいい
#定義をはっきり
#巨人の肩に乗る

"書きたい事をかけばいい"

インターン生として会社で働くなか
いつも考えることはこうだ「なんでここにいられるんだろう?大したこともできてないのに」
存在意義に揺さぶられる。
すると、、、"すべき"や"しなければ"に日々追われていることにきづく。惨めな自分を認識する。 "書きたいことを書けばいい"
原点回帰かもしれない。
常に求められているものが書けるなんてわからない。

自分が楽しいと思えること、クスッと笑えること。はじめは気軽にかこう。

"定義をはっきり"

例えば、自尊心とは何か辞書でひく

自尊心(じそんしん)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である

自分の言葉の表現??
物事は定義だけでは語れない。
なんとなく、胡散臭さが出る。

自尊心とは
"自分を許せる力と肯定できる力"

他よりも自分なかでは腑に落ちる。

定義の下に解釈が成り立ち、
意思や意見になる。

物事を定義出来ることは、
考えの深さを測る一種の方法だと感じた。

"巨人の肩に乗る"

フランスの哲学者ベルナールの言葉。
"学ぶ"とは何か。

それは、偉人の考えを用いることで、真理までの距離をループすることが出来ることなのかもしれないと感じた。

時間短縮。先人の言葉や時間を用いないのは損
ここに帰着した。

これから少しずつ、
気ままに書きたい事を記録。

著者:田中泰延(ひろのぶ)さん
ありがとう。楽になりました。
本:読みたいことを、書けばいい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
日常で気づいた"あれこれ"を綴っていきます。いままでは、自分は自分の価値観でいいなって思ってたんだけど、せっかく学んで気づいた日常、価値観なのでシェアしてみんなが、なにか感じてくれたら嬉しいです☺︎#横市#アントレ#経営戦略としての働き方#フィンランド
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。