残り少ない小学二年生

家から帰って、
宿題やるなんて、
つい最近まで信じられなかった。

宿題が嫌いで、
わからなくて、
涙を流してた。

けれど、
担任の先生方や、
あいうえお表や、
ポケモンGOや、
腕時計のおかげで、
「わかる」ようになった。

それから、
自ら宿題を出して、
イヤイヤと言いながらも、
「わからない」と言いながらも、
宿題をやるようになった。

以前、親戚の方から、
「わからない」から「やりたくない」
のかもね。
「わかる」ようになったら、
普通に楽しくやれるようになるよ。

って励ましていただいて、
そのお言葉に救われた記憶があります。

今日は、漢字のプリントを。

「ただしい」という漢字って、
これ「👍🏻」?

と。

「?」

「👍🏻だよね?ただしい!って時出すじゃん」

と、
手の形を回答用紙に書いてました(笑)

あっぱれ
大正解
天才だよ、ママそうゆうの大好き

と、
普通に感動して、
危うくただしい漢字を教えるのを忘れそうに

これで良いんだよね、
って、答え合わせする人がいないけど、
ま、楽しんで考えてるんだから、
良いって思ってます

格闘と葛藤と喝采の日々に感謝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです〜\(^o^)/ありがとうございます!
新卒でソフトバンク入社後、10年目に独立。忍者とレンジャーの息子2人と、会社設立と同月に第三子を出産。2021年日本初の地域プロジェクトマネージャーに就任し、福島県磐梯町へ家族移住。仕事と家族の時間をエンターテイメントのように楽しんでます。株式会社YUKARI代表取締役。