スリランカの悪魔祓い

さくたろう

ユーチューブで岡田斗司夫さんの動画を見ました。スリランカの悪魔祓いについての本を紹介してたんですが、見ていて、「これ創価学会みたいだな」と思いました。いい意味で。

ざっくり内容を書くと、

スリランカでは、心を病んで人との交流を避け家に引きこもってしまった人は「悪魔が憑いてる」ってことで悪魔祓いをするそうです。方法は、その人の家の前にみんなで集まって三日三晩踊りまくる。というもの。それからその人を家から出して村人全員が一人ずつその人に話しかけるんだそう。
岡田さんは、それくらい本気でやらないと引きこもりは治らないんだよ。心の病をその人のせいにするんじゃなくて悪魔っていう外的要因のせいにすることに、ものすごい許しがあるんだ。
と言ってました。

創価学会でも、生命力を落とす魔と戦うためにめちゃくちゃ祈るし、弱ってる一人の人のためにみんなでめちゃくちゃ祈るんですよね。そして全力で関わろうとします。その時の気持ちは、きっと、このスリランカの踊りと同じだなーと思いました。

動画も載せておきます。面白いのでぜひ。