新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

森のケーキの紹介、旅から得られること。

こんにちは。やっと梅雨らしくなってきましたね。あまりにも雨が続くとやっぱりどうしても客足が遠のいてしまいがちですが、あまり天気に振り回されずに自分達のやるべき事の基本をきっちりとやっていきたいと思います。
このブログを書く事も基本的な事の一つです。
読んでもらえて「おっ!今週は雨だけど、森喫茶にでも行ってみようかな」って、思ってもらえたら嬉しいです。

まずは今週のスイーツメニューを紹介します。週替わりです。

画像1

季節のフルーツタルト。メロン、ブルーベリー、バナナ、さくらんぼのタルト。
果物には各種ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。梅雨の湿気で気だるくなり、食欲も落ちてくるこの時期にこそ果物をしっかりと摂りたいですね。
クリームは、カスタードと生クリームのシンプルなクリーム。タルト生地には全粒粉を使用しているので、香ばしくザックリとした食感。
10年近く焼き続けている僕のスペシャリティです。

画像2

こちらはベイクドチーズケーキ。下層のクッキー生地はライ麦粉を配合して焼いています。ライ麦独特のコクと、クリームチーズ、サワークリームをベースにしたシンプルなチーズフィリングが良く合います。
イートインの場合は、自家製ベリーソースを添えてお出しします。meleで出店していた時にも人気のケーキでした。
今は、森喫茶でイートインとしても提供出来るのが嬉しくて、念願が叶ったような気持ちです。

画像3

明香のスペシャリティ、クラシックガトーショコラ。フランス産のヴァローナチョコレートを贅沢に使用したガトーショコラ。疲れ気味の時や、濃厚なケーキを食べたい!って時にはコレをオススメします。深入りのマンデリンと一緒に食べると、ケーキの美味しさが際立ち、コーヒーの深味もより一層味わえます。

画像4

今日は雨にも関わらずに、ちらほらとお客さんが来てくれました。そして今週からの新メニュー、プラムソーダも沢山のオーダーを頂きました。
ありがとうございます。森喫茶のジュースは明香が手間暇をかけて、果物から酵素シロップを作っています。
梅雨明けから予定している「かき氷」のシロップも全て手作りです。人工甘味料や香料は一切使用していません。大人の方も、お子さんにも安心して飲んでもらいたく仕込んでいます。
パンもケーキも同じく、自分達の好みの甘さ、食感、風味、季節感、栄養、食べた後に身体が重くならない、などを考慮して作っています。
パン生地には、ほとんど油脂を使っていないので食べた後も胃にもたれません。
小麦、酵母、自然塩、水だけで焼き上げられたパン、ぜひぜひ食べてみてください。
その中でも、山食パン、ティエラカンパーニュはシンプルの極みです。

画像5

そんなパン達の発送セットも予約受付しています。基本的に予約制となりますので、インスタグラムのメッセージ、またはお電話を下さい。
その際に、発送可能な日、送料、パンの種類などお伝えしています。
特に梅雨時期は出かけるのも億劫だし、台所に立って料理をするのもしんどい時がありますよね。そんな時にパンがあると便利です。温めるだけで一食出来ますから。サンドイッチもよし、トーストもよし、ちょっとしたおやつの時間にもよし。
ぜひ発送もご利用ください。

インスタアカウントはこちらです。
https://www.instagram.com/mori.bread/
よかったらチェックしてみてください。

画像6

雨の森を歩きたくて那須へ行ってきました。
一泊二日の車中泊旅。まずは平成の森へ。

画像7

こちらビジターセンター。ここを拠点に森の中を散歩します。

画像8

可愛らしい道標があちこちにあります。

画像9

瑞々しい葉っぱたち。楽しみにしていた駒止の滝も拝めました。

画像10

明香が撮ってくれた一枚。僕の名前は、木と土で出来ています。そのせいか、山の道を歩き木に触れることが好きです。お気に入りの一枚。

那須に行って思った事。かれこれ那須には3回程行ってます。一度目はまだ息子がお腹の中にいた頃。2度目は会津へ行った時の帰りに寄りました。そして、今回はコロナ禍ですが自分達の感覚を研ぎ澄ませて、できる限り密を避けての旅でした。避暑にはまだまだ早いけれど、梅雨時期の那須高原も心地よかった。時折見せる太陽の光が神々しくて、山でしか見ることの出来ない景色だった。
標高の高い山々から眺める景色は、神さまの視点を感じる。人間も少しだけ垣間見ることができる、特別な風景。その一瞬の時間を味わえただけで、旅から日常へと戻ってからも頑張れる気がする。旅に出ることで、自分の感覚や感性をフルに発揮して、一瞬一瞬を思いっきり楽しむことが出来る。
そして家族での旅は、これまた特別な時間だ。普段は明香と息子と、常に一緒だから、近すぎて見えないことも離れることで良く見えたりする。
つい最近まで赤ちゃんだった息子が、もう立派な少年へと成長しているからびっくりだ。
「子供園や保育園や幼稚園に通うのが普通。学校に行くのが普通」
「普通」って誰が決めたんだろ?きっと世間体ありきで作られた世界観だと思う。

僕は息子に、そういった作られた限定された世界観よりも、もっとリアルな無限な世界を一緒に見て生きていきたい。今回の旅では那須高原にある「友愛の森 道の駅」で車中泊をした。翌朝、9時から開店する道の駅の準備の為に、野菜や花を車に積んだ農家さんが続々と納品にやってくる。僕は散歩しながら息子とその風景を眺めていた。こうやって一生懸命に働く人達の姿を見る事も、リアルな世界の一つだと思う。息子が何をどう思ってるのかはわからないけど、とても大事な風景だと思った。そして開店して僕たちも野菜や果物や花を買いに店内に。レジに並ぶと店員さんが息子を見て
「可愛いね〜、しっかりとしゃべるね〜、ぼく何歳?」と。
息子も返事をして和やかな空間が生まれる。このコミュニケーションもとても大事だと思う。お互いが元気になれるし、明るくなれる。
「人」という字の通り、人は一人ではなく、他者があってこそ「人」になれる気がする。

画像11

旅の道中に仲間に加わったトリケラトプスと一緒に。
車中泊は誰にも気を使わずに、自分達のペースでビールを呑んだり、本を読んだり、ご飯を食べたり出来るから自由を感じる!
また秋に家族旅に行きたいな。次はどの山に登ろうか。

旅の車中で聴いていて印象に残った曲。最近この曲をよく車で聴きます。
なんせジャケットがカッコ良すぎですよね。教授の尖った感じがたまりません。
何年経っても色褪せない曲。聴けば聴くほど身に沁みます。ライヴの映像はコーネリアスの小山田さんがいたりと時代を感じる映像。それにしても、細野さん渋いですね〜。惚れ惚れします。屋外で、山の中でこの曲を、このメンバーでライヴしてほしいな〜。絶対に観に行きますね!もちろんテント持参の車中泊で。


https://mori-kissa.com 千葉県長生郡睦沢町にて喫茶店を営んでいます。家族経営の小さなお店です。営業日の朝は自家製酵母を使って生地を手でこねてパンを焼き上げています。パンはテイクアウトもイートインも出来ます。ゆったりと、時間を忘れる空間作りを心がけています。