見出し画像

師走に突入した気がします。

こんにちは。皆さんいかがお過ごしですか?森家は師走真っ只中って感じです。
チャイ(子猫)の去勢手術に行ったり、来週は車の車検だったりバタバタバタ。

一つご報告があります。おかげさまで、シュトレン、クリスマスケーキ共に沢山のご予約をいただきました。ありがとうございます。定数に達したので受付を締め切りとさせて頂きます。シュトレンは過去最多の本数になりました!クリスマスケーキも同様です。今週はシュトレンの第一段を焼き上げました。火曜から仕込みを始めて、今日仕上がりました。味見をしました。息子が『ちょ〜美味しい♡』と言ってくれたので嬉しかったです。梱包も無事に終わり、ホッと一安心。明日から受け渡しと発送が始まります。来週に第二段を焼き上げて、その翌週からはクリスマスケーキの仕込みになります。長距離マラソンみたいな感じですが、今年はすごくマイペースでやれてます。

画像1

僕が焼き上げたシュトレンを明香が一つずつ丁寧に梱包します。

画像2

そして息子が運んできて並べます。
家族みんなで作りました。一つずつ、それぞれのお客さんのところへと旅立っていくのを想像すると、頑張って焼き上げて良かった。

今日はその他に、焼き菓子も沢山焼きました。今週はキッシュ、エスプレッソチーズタルト、ヴァローナチョコのパイ、苺の生クリームサンド、林檎のクランブルタルトなどなど。イートイン、テイクアウト出来ますので〜。

皆さん、本は読みますか?僕は本が大好きです。明香も息子も大好きです。最近は寝る前に息子が絵本を読んでくれます。最初はたどたどしかったのが、少しずつ上手になってきました。微笑ましい時間です。僕が今読んでるのは、宮部みゆきさんの『楽園』と、村上春樹さんの『村上ラジオ』です。『楽園』は明香が図書館で借りてきて面白かったよって言うから読み始めたら、めちゃくちゃ面白くて読み出したら止まりません。人物描写が素晴らしくて、本当にそういう人がいるな〜って。読んでいるだけなのにリアルに動いて会話しているかの様な、映像で見ている様な感覚になるから不思議です。大体、息子が寝てから、集中して読んでいます。そんな時じゃないと本を読めませんから(笑)

村上春樹さんのはエッセイです。ずいぶんと昔の本ですが、今読むと改めて『ふむふむ』とか、今までとはまた違った視点で読めるから楽しいんです。優れた文章はいつ読んでも新鮮な、いきいきとしたエネルギ〜を貰えますよね。読んでいてホッとする、日々の張ってる感じが緩くなる一冊です。

他には山関係の本を何冊か読んでいます。登山家へのインタビュー集や、山に関するエッセイ集、あと、ソローの『森の生活』。これらは、一気に読まずに気が向いた時にちょっとずつ噛み締める様に読んでいます。その方がスッと身体に馴染みます。

今の楽しみはお正月休みに、これらの本を読んだり、クリスマスが終わったら図書館へ行って借りる本を考えたりするのがたまりません。
山に行く時にも文庫を一冊ザックに入れます。小さなテントの中で、小さな灯の下で本を読むのは、はなんともノスタルジックな時間です。
なにはともあれ、本が生活の中にいないと落ち着きません。

村上春樹さんが、『日常生活、現実世界だけだとバランスがとりづらい、物語がある事によって、日常生活ともバランスがとりやすくなる』みたいなことを書かれてました。思えば『夢』もそんな気がします。起きている時間だけが現実じゃないというか。上手く言えないけど、寝ている時に夢を見て何か自分のバランスをとってる様な気がします。今はとにかく『コロナ、コロナ』な現実世界ですが、上手くバランスをとっていく様に、本を読んだり、映画を観たり、音楽を聴いたり。そういった時間をもっと今まで以上に大切にしていきたいです。

喫茶店、またはカフェに行って、ボーッと窓の景色を眺めたり、友達と笑いあったり、その時間も日常と少し離れることの出来る時間。ある意味、非日常というか特別な時間。そう思うとそれぞれのお客さんの物語の舞台に一瞬なっている時がある。それってすごく嬉しいことです。良い時間を過ごせてもらえる様にもっともっとお店と共に成長していきたいと思います。

ここ最近、自分の中でテクノリバイバルです。仕込みの時とか、歌がないから作業に没頭出来たりします。車で聴くのも景色と音が重なる時とかあって楽しいです。
ダークなテクノがあまり好きじゃないけど、ズンズンとポジティヴでどこまでも歩いて、踊っていけそうなのが好きです。また久しぶりに踊りにいきたいな。
できれば山のパーティーに。

25
https://mori-kissa.com 千葉県長生郡睦沢町にて喫茶店を営んでいます。家族経営の小さなお店です。営業日の朝は自家製酵母を使って生地を手でこねてパンを焼き上げています。パンはテイクアウトもイートインも出来ます。ゆったりと、時間を忘れる空間作りを心がけています。