見出し画像

現場実践note3:コブを攻略するシンプルな考え方とは?「たわみ」と「ライン取り」を攻略すれば、すべての形のコブを制覇することが出来る!(コブ総合マニュアル)

こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。

この記事では2019年3月2・3日に白馬で行われたオフ会の内容をもとにコブの滑り方を徹底的に紹介いたします。

現場で行われたことなので、実践的な内容になっています。
オフ会に参加できなかった人のために、わかりやすく書いています。
現場では難しいor時間がかかるので言わなかった理論的な話も書いていきますので、ぜひお読みください!


あなたはコブが好きですか?

コブは苦手って人多いと思います。
コブって、、、
・すぐに暴走する、コントロール不能になる
・一コブ二コブで発射して終了
・気合が空回り
・バランス崩して後ろに転倒する

そんな人多いと思います。(私が昔そうでしたから。どう見てもこのコースにいる人の中で一番自分が下手だなっていう時代がありましたよ。)

このnoteはこんな人に向けて書いています↓
・コブ初級者(あまり滑ったことない)
・コブに苦手意識がある人
・ある程度滑れるけど得意ではない
・コブをゆっくり滑りたい人
・すぐにコースアウトしてしまう人

コブが得意ですよって人にも納得してくれる部分はあると思います。
クラウンレベルのコブなら余裕ですよって人は買う価値ないかもしれません。
あと、、コブを全然滑ったことない、コブ斜面をじっくり見たことが無いって人は読んでも理解できないと思います。
でもこれからコブに挑戦しようとしているのならば、読んでおいて損はないです。

このnoteでは、、

シンプルに考えて、コブで一番大事なことを伝えていきます。
コブを滑る上で一番大事なことは「スキーのたわみ」です。

コブ斜面においては(も?)、スキーのたわみをコントロールすることが非常に重要になっていきます。たわみに関して、詳しくわかりやすく説明していきます。

それから、コブで大事なライン取り
二つのラインを覚えることで、どんなコブにも対応できるようになります。
ライン取りを動画と画像を使って説明していきます。
コブで大事なのは、脚の動きや上半身の向きがどうこう、、、、っていうよりも滑る場所が大事です。ここが間違ってしまうと上手く滑ることはできません。

では、じっくりご覧ください。

2019/3/7 目次作成、ライン取り①に「トップの先落とし」を追加、ライン取り②にバンクの注意点・切りかえのポイントを追加
2019/3/9 ライン取り②に画像付きで谷回り部分の説明を追加
2019/3/10 6、7を追加
2019/3/17 バンクのブーツが通るライン(写真付き)を追加
2019/4/1 3-2.モーグル選手のライン取りについて
8スキー板についてを追加

このnoteはまだ未完成です。今後料金も大幅に値上げする予定ですので、お早めにご購読下さい。値下げの予定はありませんので、今買うのが最安です。購読後は常に改良されたものをご覧になることができます。

私のnoteは読者さんの意見を聞いて改良していきます。あなたもわからないことはどんどん質問して、より良いnoteを一緒に作ってみませんか?
コブを上手くなりたい人はこの下の「ノートを購入する」をクリック!!

この続きをみるには

この続き: 8,951文字 / 画像10枚

現場実践note3:コブを攻略するシンプルな考え方とは?「たわみ」と「ライン取り」を攻略すれば、すべての形のコブを制覇することが出来る!(コブ総合マニュアル)

スノダノブユキ

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
スキーのインストラクターをしています。ゲレンデに行けないときはnoteを読んでみましょう。http://skitop.jp/
コメント (2)
眼からウロコでした。バンクマジック。私は水色の線まで我慢して、水色の線から切り替えて谷回りに入っていました。○で切り替えて、谷回りは登りから始まる。なるほどと思いました。早くコブで試してみたいです。
早め早めに切りかえようとしないと落とされてしまいやすいです。
谷回りの登りを目指して下さい!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。