新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

自粛ムードの今だからこそワーケーションをするメリット6選

<目次> リモートワーク/ワーケーションとは 自粛ムードのいまだからこそワーケーションをするメリット6選①通常よりも割安で宿に泊まることができる  
②生活水準を手軽に向上できる  
③昭和の文豪になった気分で働ける  
④近場の素晴らしい宿に出会える  
⑤特別キャンペーンを利用できる  
⑥えらく感謝される 
ワーケーションを実施してみての課題点 
【随時更新】実際にワーケーションを行った宿を紹介!   
【箱根】大正モダンヴィラ「禅」  
【京都】料理旅館「花楽」  
【神戸】ゲストハウス「なでしこ屋」

 
====
 
今回の企画の趣旨
 
はじめまして、Yoshiです。
神戸の外資系消費財メーカーで輸入ビジネスを担当しながら、複業でスポットコンサル関連の事業をしています。どちらもフルリモート(職場に出社しなくても業務ができる)のお仕事です。
 
僕は、現在、パラレルワーカーとして仕事をしており、フルリモートで作業が可能な業務となっています。テレワークが推奨されたことで、必然的に会社へ行く必要性もなくなったのですが、自宅で作業を…となったときに、ふと、経済打撃に関するニュースを目にしました。
 
世界的なコロナショックにより、みなさんご存知のとおり、入国規制や、そもそも各国が緊急事態宣言を行うような情勢です。当然、観光客は減少し、観光業界も打撃を受けています。これにより、地域によっては経済損失額が1千億円に達するとの試算もあるそうです(※)。
 
また、そもそも家に働けるスペースがほとんどない、という自分自身が抱える課題もありました。上司から、ワークフロムホームの際の生産性についてフィードバックを受けた経験もあります。そんなとき、出張先のホテルでの仕事は生産性を下げることなく取り組めていたことに思い当たりました。
 
そこで、今回、観光客の減少により困っている宿をTwitterで募集し、実際に訪れて仕事をする「ワーケーション」を体験してみました!

自分の脚で回り、体験したからこそのメリットや課題を本記事では紹介しています。また、宿泊した素晴らしい宿の情報もまとめていますので、リモートワークで自宅にこもりきりになっているという人が、宿で快適なワークライフを送れるお手伝いになればいいなと思っています!
 
後半の宿情報では、実際に訪れた宿でインタビューを行い、コロナショックがどのような影響を与えているか現場で働く皆さんの声を紹介しています。ぜひ、そちらも合わせて読んでいただきたいです。
 
※注意事項※
今回、ワーケーションで宿転々とするにあたり、僕自身の体調面に関しての管理を徹底して行い、感染症拡大につながらないように最大限の配慮をした上で実施しました。同じくワーケーションを開始される場合には、感性症対策を入念に行い、政府が発表する一次情報をご自身で精査した上で自己判断でお願いします。(とりわけ長距離移動を伴う移動の際は、自家用車を利用するなど、人との接触にご注意下さい。)
 
リモートワーク/ワーケーションとは
 
リモートワークとは、職場ではなく自宅やカフェなどで仕事を行うことです。コロナウィルス感染拡大の影響により、「テレワーク」という言葉をニュースで聞くことが多くなったかと思いますが、テレワークと同義と考えていただいて構わないかと思います(ちなみに、テレワークは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」を掛け合わせた造語だそうです)。
 
ワーケーションは、「work = 働く」と「vacation = 休暇」からなる造語です。休暇先で働く、つまり、普段自分の生活圏ではない旅先やホテルなどで働くことを指します。旅しながら働く、というワークライフスタイルは、まさにこのワーケーションですね。
 
自粛ムードのいまだからこそワーケーションをするメリット6選

今回、僕は宿を回りながら働くので、このワーケーションを実践しています。普段からリモートワークがOKの会社で働いているので、職場以外で仕事をするリモートワークには慣れていましたが、ワーケーションをするのは初めてでした。
 
ここからは、初めて体験してみて見えてきたメリットをご紹介します。これらのメリットのおかげで、体感としては仕事効率が20~30%向上したように思えます!これは嬉しい成果でした。
 
ワーケーションの魅力が伝わり、あなたも旅しながら働く、を実現したくなると嬉しいです。


①通常よりも割安で宿に泊まることができる
 
コロナショックによって、空室が目立ち、通常価格より格安で宿泊可能なプランが登場しています。ITmedia ビジネスオンラインでは、「オンライン旅行予約プラットフォームの「Agoda(アゴダ)」をみると、京都府内のホテルなどで宿泊料金が70~80%の大幅値引きされている(参考記事:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2002/16/news016_2.html)」と書かれています。
 
宿にもよりますが、僕が実際に様々な宿の価格を見たところ観光地・観光地以外の地域をおしなべて約30-40%程度割り引かれているプランが多いように感じられました!
 
普段だと手が届かない価格帯のホテルなどにも宿泊できるチャンスかもしれません。

②生活水準を手軽に向上できる

宿泊プランにもよりますが、朝夜の食事が付いているプランであれば当然、その日の食事を考える時間・用意する手間が削減されます。さらに、温泉付きの宿に泊まれば、仕事でくたくたになった身体を、部屋から徒歩数分で癒しに行くことが可能。
 
宿泊施設で仕事をする、ということは、旅の贅沢な空間に日常を引っ張ってくるということです。つまり、生活水準を手軽に・即向上させることができます。
 
これにより、仕事をする体力が回復するスピードも早まり、日中の作業効率が上がりました。仕事へのプラス作用が期待できます!

③昭和の文豪になった気分で働ける

畳の部屋にひとり、パソコンと向き合っていると、まるで気分は昭和の文豪………。自宅や職場だとなかなかこの気分は味わえません(笑)特にクリエイティビティを必要とする職種の方であれば、環境をがらっと変えることによって得られるものは大きいかもしれません。

気分が高まり、こころなしか作業への没入具合が上がったように思えます。


④近場の素晴らしい宿に出会える

遠出した旅先ではもちろん宿探しをしますが、半日で出掛けられるような場所であればわざわざ宿泊しようとはしませんよね。
 
今回は、コロナショックによって困っている宿泊施設を募集し、行けるところにどんどん泊ろう!と予約をしたため、比較的普段自分が暮らしている関西圏の宿が多くなりました。
 
普段だと、そこまで出掛けても自宅へ帰ってしまうような場所にある宿です。今回の企画がなければきっと一生泊まることはなかったでしょう。ただ、そうだとしたらとても悔やまれるような、素敵な宿ばかりでした!
 
遠方に住む友人が会いに来てくれたときに「ここの宿、とても良かったよ!」と実感をもって薦めることが今後はできそうです。
 
あなたが住む町の近くにも、とびきり素敵な宿があるかもしれません。これを機に探してみてください。

⑤特別キャンペーンを利用できる

コロナショックを乗り切ろうと、各宿泊施設は知恵を絞って頑張っています。なかには、この時期だけの特別キャンペーンも用意しています。
 
ただでさえ魅力的なお宿なのに、さらに特典が付くことも。僕が宿泊したところでは、以下のようなキャンペーンが行われていました!
 
【体験したキャンペーン】
・函館の海産物のプレゼント(箱根・大正モダンヴィラ「禅」)

⑥えらく感謝される

宿泊客が減少しているため、宿泊をした、という宿にとっては普通の購買行動を行っただけでとてもとても感謝してもらえました……。
 
泊まるだけ、ではなく、「コロナショックの影響、大丈夫ですか?」などとコミュニケーションが生まれ、スタッフの方との交流ももつことができました。聞いていて悲しい気持ちになる現状が多かったものの、感謝してもらえて、こちらはあたたかい気持ちに。コロナショックが落ち着いたときもまた、訪れたいと思えました!
 
ワーケーションを実施してみての課題点

全体として仕事のためにもワーケーションは有効な手段である、と感じていますが、課題もありました。
 
一泊のみの場合、チェックアウト時刻が早いと、業務時間と被ってしまいます。フルフレックス制度を導入している会社やフリーランスであれば問題ないですが、業務時間が固定されている場合は事前に会社への申告が必要かもしれません。
 
また、もしワーケーションプランを考えている宿泊施設の方がいらっしゃったら、ぜひとも遅めのチェックアウトプランやデイユースプランの設定をご検討いただきたいです!リモートワーカーにとっての需要は高いと思います。
 


【随時更新】実際にワーケーションを行った宿を紹介! 
 
終わりに、実際に僕が泊った宿について紹介していきたいと思います!どの宿も魅力的で、コロナショックにより知ることができた場所なので、素晴らしい出会いに恵まれたことに感謝しています。
 
本記事を読んで「リモートワークしているし、ワーケーションもいいかもしれない!」と感じてくれた方がいらっしゃったら、ぜひ足を運ばれてください。
 
【箱根】大正モダンヴィラ「禅」
 
「ヴィラ」とは、ホテルのように部屋貸しではなく、建物一棟をそのまま提供するスタイルの宿です。ベッドルーム3室、リビングルーム、設備の整ったキッチン(ダイニングエリア付)、バスルーム(ホットタブ、洗濯機付)1室があります。最大で11人で利用が可能となっているので、リモートワーカーの友人たちと一緒に利用するのもおすすめ。
 
箱根観光にとても便利な大平台駅から徒歩5分という好立地。作業に疲れたら、箱根の温泉で癒される、なんていうのも贅沢な過ごし方です。
 
現在、禅では函館の魚屋さんとコラボしたキャンペーンを実施中です!なんと、宿泊者に函館の新鮮な海産物詰め合わせをプレゼントしています(郵送先は、宿泊当日のヴィラか、ご自宅か選択可能です)。
 

箱根は、台風19号の影響による箱根登山鉄道の断線に加え、今回のコロナウィルス感染の広まりによって、通常よりも観光客の数が激減しています。桜の名所として知られているため、今からの時期は特に賑わいを見せていました。もしかすると、箱根に咲き誇る桜を独り占めできる滅多にないチャンスかもしれません。
 

画像1


サイト:https://www.taishomodrenvillazen.com/

【京都】料理旅館「花楽」
 
清水寺まで徒歩2分、高台寺まで徒歩5分、八坂神社まで徒歩15分という好立地にある旅館が「花楽」です。
 
料理旅館として、新鮮な京野菜、旬の素材を使った京料理を会席料理で提供しています。夏には鱧(ハモ)、冬にはフグやスッポンと、季節に合わせたお料理を提供しています。
 
清水寺、高台寺、八坂神社、花見小路、建仁寺、知恩院、白川…京都を代表するような観光地が徒歩圏内にあります。無線Wi-Fi完備の旅館でしっかり仕事に集中して、リフレッシュに石畳の街並みをお散歩。朝のひっそりとした雰囲気の中、コーヒー片手に目的もなくふらふらと歩くのも素敵な時間です。
 
仕事にお散歩に…疲れたら、人工炭酸泉の大浴場で、ゆっくりと身体を癒して翌日のお仕事に備えましょう!
 
サイト:http://www.karaku.com/h/#/home
  
◆花楽スタッフ様の声

・当館では、宿泊と宴会で利用することができますが、どちらも新型コロナウイルスによるキャンセルが相次いでいます。
キャンセルで予約がなくなった日は休館にしている次第です。例年そのような事態は絶対に考えられません。周辺施設でも同じような状況が見受けられます。
・宴会予約についても、予約頂いている企業等のなかで、会食等自粛の呼びかけがあったようで、2月末から次々とキャンセルになっています。
・祇園/四条河原町エリアもかなり観光客が減り、ちらほら外国人もいるものの人通りはすごく少なくなりました。肌感覚ではございますが、例年から7割減という感覚です。
・当館はマスク着用とアルコール消毒の呼びかけ等対策をしながら営業を続けていますが、4月の桜の時期や歓送迎会の宴会シーズンにも大きな影響があるだろうと不安を抱えている状態です。
 

画像2


【神戸】ゲストハウス「なでしこ屋」
 
神戸元町の中華街の裏手に佇む女性オーナーが運営するゲストハウス「なでしこ屋」。小部観光にとって最適のロケーションです。
 
ゲストハウスですが、一部屋貸切での利用も可能。高速wifi完備のため仕事がしやすい環境が整っています。合宿利用などにも最適ですね。また、チェックアウト時刻後もフリースペースで仕事をすることが出来るので、連泊が難しい方でも働きやすい環境となっています。
 
毎週金曜日夜には、スタッフによる神戸観光ツアーを開催しており、初めて神戸を訪れる方にも優しい。「華金だ!」とわくわくする気持ちを抱えて、お仕事後のリフレッシュにぜひ参加してほしいイベントです。
 
サイト:https://kobe.nadeshiko-ya.com/
 
◆なでしこ屋代表・池端浩美様の声

・神戸ではゲストハウス以上にビジネスホテルの宿泊客の大規模減が大きな問題となっています。元々神戸は学会などのイベントで訪れる方が多い街なのですが、それらが軒並みキャンセルになったのが大打撃になっています。
・3-4月の宿泊者数は、例年の半分を切っています。国内以上に国外からのお客様の数は大きく減っています。
・例年であれば、お花見のシーズンは予約が埋まるのですが、今年はまだ目処が立たない状況です。
※日本経済新聞を参考( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56113290X20C20A2ML0000/ )

画像3

貴方のお気に入りの宿情報募集

取材:Yoshi(https://twitter.com/skimade_jp) 文書執筆:野里のどか(https://moguogu.com/nozato-nodoka/
, https://twitter.com/robotenglish)


 

 


 

 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
12
コロナキャンセルを受けたお宿を巡りながらリモートワーク企画に挑戦中。 自動車OEM->外資系消費財メーカー/副業で年間約100件のスポットコンサルを実施/ノウハウを活かして、スポットコンサルに挑戦する方のサポートをしています。https://www.skimade.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。