「暮らしと価値観の変化を見つめて」キッチン&マーケットブランディングプロジェクト | エイチ・ツー・オー松元努さん#2 [後編]
見出し画像

「暮らしと価値観の変化を見つめて」キッチン&マーケットブランディングプロジェクト | エイチ・ツー・オー松元努さん#2 [後編]

SKG

阪急オアシスが手がけた新業態、グローサラント「キッチン&マーケット」。2018年、梅田にあるLUCUA osakaの地下2階にオープンした食事もできる市場で、現在関西を中心に3店舗展開されています。
https://www.hankyu-oasis.com/kitchenmarket/

SKGはロゴマークやグッズのデザインに携わらせていただいております。
当時、企画開発・ブランディングをリードされていた松元さんのインタビュー後編です。

前編はこちら


海外のグローサラント

画像1

—キッチン&マーケットの企画にあたっては海外でグローサラントの視察もたくさんされましたか?

松元 はい、当時、海外出張の際には興味を持って見ていました。

例えば台北には毎月行っていて、特にすごく影響を受けたんですけど、「上引水産」という本当のグローサラントです。私、個人的にものすごく好きなんですけど、中央市場みたいな中で買うもできるし食べるもできるみたいなところです。
https://www.addiction.com.tw/

私が駐在していたことがあるバンコクに、高級スーパーですごく規模の大きいところができています。ここもすばらしい環境です。
https://www.instagram.com/gourmetmarket/

シンガポールはこれ、レストランなんです。名前も「マルシェ」、市場なんですけど。「シーザーサラダ作って」とここのスタッフに言うと作ってくれるみたいな。これアジアの市場の形でしょう。
https://www.marche-movenpick.sg/en#
https://tamappy.com/2019/07/01/marche/

あと、2013年にロスで見に行っていたんですよ。グローサラントっていう言葉が日本にまだない時に。
「ファームショップ」「アーティザンハウス(現在は閉業)ですね、両方ともロスだったんです。行ってみたら、小売りがレストランをやるんじゃなくて、レストランが小売りをやっているのが海外のグローサラントだと分かったんです。
https://farmshop.market/
https://www.instagram.com/farmshopca/

一部になりますが、こういうところをずっと見ていたんですよ。
タイ駐在時には、仕入れのために市場へよく行っていました。自分で料理しないといけなかったので。
市場って仕入れる場所だけじゃなくて食べる場所でもあるじゃないですか。だから若いバイヤーを海外に行かせる時には、必ず市場に行って、面白い画像や動画を撮ってくるよう言っていましたね。


お店作り、ロゴづくり

画像2

—キッチン&マーケットのお店づくりについて伺いたいと思います。

松元 キッチン&マーケットはやっぱり思い入れがありますね。異業種の方々と協業しながら作っていった部分もありますから。

—キッチン&マーケットではそういった新しい取り組みも見られます。お店についてはどのようなコンセプトで作られたんですか?

松元 お店に関しては、実は1号店はもともと神戸に作ろうと思っていましたけど、急に梅田の出店が決まったので先にやらないといけなくなった。なので、ものすごく短い期間で作ったんですよね。
高質店的なコストのかけ方ではなく、ポイントでアッパーな見せ方をしようか、といった考え方で作っています。でもそのポイント以外はお金をかけないようにする。「カジュアル感」をお店で出していったわけですね。
エッジを効かせるところは百貨店で培ったエッセンスを使いながら、お金かけないところは実はローコストで、といった方向性でいきたいなと思ったわけです。

—なるほど。一般的なスーパーとはまったく違ったお店になっていますもんね。

松元 やっぱりキッチン&マーケットは何が好きかというと、お客さんが入ってお客さんがみんないい顔してる店になっているんですよ。お酒飲んだり好きに食べたりして。
まさにヨーロッパとかアジアにある好きな市場と同じような感覚になったんです。
キッチン&マーケットも本当にいいロゴで。

—ありがとうございます。ロゴデザインはSKGにご依頼いただきました。

キチマロゴ

松元 もうほとんど即決に近い。ああ、これだなと。1、2回、微調整のやり取りをさせていただいたくらいでしたね。
エコバックや紙袋もたくさんデザインしてもらいました。
いいデザインしていただいて、すごく感謝しているところです。

画像4


次回へ続く。
次回はお客さんやデザイナー・ライターとの関わりについて伺います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもよろしくお願いします。
SKG
東京世田谷の用賀にある小さなデザイン事務所です。コミュニケーションにまつわる課題を根本から解決するためのデザインをしています。https://s-k-g.net/