「お客さんから見たらみんな阪急さん」 阪急の味ブランディングプロジェクト | エイチ・ツー・オー松元努さん#1 [後編]
見出し画像

「お客さんから見たらみんな阪急さん」 阪急の味ブランディングプロジェクト | エイチ・ツー・オー松元努さん#1 [後編]

関西を中心に展開されているスーパー、阪急オアシスのプライベートブランド「阪急の味」
https://www.hankyu-oasis.com/originalitem.html

2014年に実施されたパッケージデザインのリニューアルに、SKGは携わらせていただいております。
当時デザインリニューアルを含む、ブランディング全体を取り仕切られていた松元さんのインタビュー後編です。

前編はこちら


和の商品で生じた課題

画像5

—もともと、ブランドコンセプトに合わせたイラストを用いたパッケージデザインが進行していました。その途中でストップがかかりましたね。

おとく21-24_ふりかけ_4G_1280x670

松元 どうしてもPB (プライベートブランド)のラインが日配品なんですよ。おそばとかお豆腐とかですね。
加工食品、グロッサリーとよく言いますけど、飲料とか缶詰はどっちかっていうと洋系というか横書き系が多い。PBは和系の食品がウェイトを占めがちなんです。
先にブランディングイメージの中で牧場と海のイラストが出てきまして。それをパッケージに展開してみた時に、確かに牛乳やチーズには合うけど、やっぱり豆腐、うどんは難しいな、みたいな話は千野との間でも出ていました。

—その時に私が提案させていただいたのが、「千野会長に直接お話を聞けませんか」というものでした。
そして実際、お目にかかってお話を伺いましたよね。その際、「デザインを抜本的に変えた方がいいんじゃないですか」っていうお話を私からさせてもらったら、私の父よりも年上の会長が私の目を見て、「分かった、そんなに言うんだったら変えようじゃないか」と言ってくださったんです。

松元 はい、やっぱりその場にいたみなさんが助川さんの話を聞いて、真剣に考えていただいているというのはもう、瞬間で分かったと思うんですよ。そこだけは千野も自分で確認したかったっていうのはあるかと思います。
我々の「困ったな」というところをビシッと指摘していただいて、あそこまで立ち返っていただいた。自分がいなくなってもPBは続くわけですから。本質論だったので、どちらかというと我々が決断する部分でした。
千野も「上申のスケジュールは、なんとか考えよう」みたいな感覚だったと思います。

—そのご判断がとても頼もしく、ありがたかったです。


ターニングポイント


松元 その後すぐに新しいデザインを出していただけたんですよね。

阪急の味_全体_1280x670

—船場店のオープンに間に合わなくてもいいと千野会長がその場で決断されて、私は帰って1〜2週間で新しい案を作らせていただきました。
すでにあったブランドステートメントからコンセプトを抽出して、「お店・お客さま・生産者が一体となったライブ感あふれる市場」、「海と大地と地域がひとつながりに」、このあたりをキーワードに三つ巴を用いてデザインしました。

画像3

松元 これは汎用性も高いし、シンプルにイメージを出しやすいし。特に和日配は透明で、うどんのように中の商品が見えるようになっているわけですよね。この時に、デザインが勝ちすぎるとちょっと難しいな、といった部分も解決できていました。
新しく考えていただいたデザインの、この丸のところですね。曲線は阪急沿線にすごく合うと思っているんですよ。電車見ていただいても分かりますけど、あんまり角が立ってないんですね。
北摂の方は穏やかな方が多いんですよ。私も生まれたのも育ちもずっと今も阪急沿線ですけど。売り場もできるだけ三角の角を取っていますし、やっぱりとがった角がお客さんに向いてる、刺さる、みたいなところはすごく気になる方でした。

印刷も阪急マルーンは除いて、大体1色ベースでのデザインになっていますよね。
あと商品を並べると、2フェース、3フェースとつながるんですよ。つながるというのはキーワードにしていましたから、やっぱり本質に立ち戻っていろいろ議論をした中で、何回か大阪で店頭も見ていただいた中で、いいものを出していただいたなというふうに思いました。
商品部の反応も良かったですし、お客さんはすっと取ってくれるところがあるのかなって思っています。

阪急の味_米5kg_1280x670

—ありがとうございます。
印刷コストのことも考え、旧パッケージと色数は同じか、少なくなるように工夫しています。


なじむ阪急の味


—もやもやしたことは聞きたいなとこちらが思った部分と、皆さんが迷われていた部分がガチッと合ったのかなと思いました。

松元 その後のことを思い出していただけたらと思うんですけど、我々にとってうれしかったのは、その後もちょこちょこうちの人間がいろいろお願いさせてもらったことです。今こうやってご縁を続けさせていただいているのも、このPBのデザインのことがあったからこそかなと。
我々にとってはインパクトあるターニングポイントであったかなと思います。

—そんな風に言っていただいて、これ以上ない喜びです。ありがとうございます。私たちにとっても松元さんとのお仕事は非常に大きなできごとで、我々のあり方、行動指針の方向性を定めるきっかけとなりました。
ちなみに、松元さんや松元さんご家族がお気に入りの「阪急の味」はありますか?

松元 私、毎日「阪急の味」の商品を飲んだり食べたりしているので、完全になじんでしまっていると言うか。でもちょっとした違和感は長くなればなるほどたまっていきますので、だからなじんだということに関して、すごくうれしく思っていますね。


次回へ続く。
次回はキッチン&マーケットブランディングプロジェクトについて伺います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもよろしくお願いします。
東京世田谷の用賀にある小さなデザイン事務所です。コミュニケーションにまつわる課題を根本から解決するためのデザインをしています。https://s-k-g.net/