見出し画像

今年は激動の予感がすでにしているって

こんばんわ。2021年1月2日です。

ドラゴン桜くらいにお見かけした時からずっと好きな女優さん。

それが、新垣結衣さんです。

今日の「逃げ恥」特番もしっかり見ました。

演技だといえばそれまでですけど、曇りのない姿が本当に素敵な方ですよね。わかっていただける方が多数って事に勝手にしておきます。

そういえば、気になっている映画が今一つ。

内田拓也監督の「佐々木、イン、マイマイン」。ちょっとこれは見ないといけない予感がしています。

以前は、洋画は映画館。邦画はレンタルでいいなんて言っていましたが、最近は見たいものは映画館でなるべく上映中に見ることにしています。

勝手な思いですけど、それが映画監督や俳優の方への称賛に繋がると思っているからです。
それと、映画館で映画を見ながらのポップコーンがとても美味しい。

今年がはじまった

と同時に、首都圏では2回目の緊急事態宣言が出されようとしている。
自分と周りの身は回りつつ、出来る事を出来る形でやっていきたいものだ。

例えば、演劇界ではズームで完結する映画や舞台が上演されているし、写真界でもズームを通しての撮影も一時期流行った。

素直にいうと、リアルには勝てないと知っていながらやるのはどこか物足りなさがついてくるものだけど、表現者は表現をやめると腐っていく気がする。どんな形であれ、表現すること、表現しようとすることはやめちゃいけない気がしています。

今年の目標

僕は今日、昨年の現像をしながら昨年から作っていた今年の目標をまとめていました。

まだ発表できない事もあるけど、まずは写真活動。

現在決まっている写真展2つ、大型撮影1つ、サロン運営、ポートレート修業を1つずつ成し遂げていくこと。
特に大事にしたいのは、こなして振り返ること。
昨年は、とにかく場数踏む、見る、触れるを大切にして繋がるを作っていった年でした。
今年は、振り返りまでちゃんと行い、経験値が10積める現場だとしたら20にして終われるようにしたいと思う。

写真仲間の皆さんに知恵をもらったり、時には手を貸してもらいたい場面が出てくると思います。ぜひその時はお力を貸していただきい。
そして写真を必要としている方、ぜひお声がけください。
何か力にならせていただきます。

次に俳優活動。

何か1つ大きな現場を積みたい。1つでいい。
なので、オーディション情報を追う。
俳優のアカウントもあって、昨年は俳優仲間とか得たいと思っていたが、この世界はまた独特なものがある、、、ような気がした。

ただ、誰かの目にとまることも大事なのでSNSを通して発信を続けつつ、
出演作品を生み出していきたい。

以上の2つといきたいんですけど、本業があるのでそこはまずしっかりとこなす。将来的には本業のインテリアや建築を上の2つとクロスオーバーして活かしていけるといいなと思っています。

あとは、プライベートも大きな変化があるのでそれはまた追々。

継続は力なりっていう

よく年末年始に目標立てたり、100リスト作りましたってあると思います。あれ実際にやり遂げている人ってどのくらいいるんでしょうか。

そこだと思っていて、何かを成し遂げている方って大抵話を聞くと、目立たなくて地味な活動だけど、自分を信じてひたすら磨いている事が多いです。

そういう先輩たちの姿を見ていると、背中を押されるし、継続は力なりなんだと思うのです。

でもね、これってちっちゃい頃から言われてきたことで、今更なんですよね。
思えば、大学まで部活動に明け暮れてきてキャプテンもやってきた僕ですが、個人的に大きな結果を成し遂げれた事は無かった。

改めて振り返ると、共通して3日坊主だったということなんですよね。

そんな3日坊主だった自分が今、2〜3年もハマり続けている事だったら、もっとのめり込めるし、何者かになれるんじゃないかと思っているんです。

勝手な思い込みです。勝手な自己満です。

ただそれでいいかなと。

ツイッター、インスタでたくさんの方の豊富や目標を拝見しました。
2021年が終わる時に、お互い達成したなって言って2022年を迎えたいなと。

お互い頑張りましょう。
それではまた明日。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

たくさんの記事の中から僕のnoteをご覧いただき、本当にありがとうございます。 日々の活動は各種SNSからぜひ応援お願いいたします。 撮影や舞台案件は kou.ok4@gmail.comまでご連絡ください。

ありがとうございます!またぜひ読んでください!
9
1988 I Hiroshima I JP / その一瞬の「愛おしい」を撮っている写真家。 https://linktr.ee/ko_okamoto1988 / 写真と旅のマガジン(共同執筆):https://note.com/mtow_travelphoto