見出し画像

#22 マニュアル化 自分自身がいなくてもまわる仕組み作りは最強です

マニュアル化。この言葉を聞いて出てくるイメージは、「面白く無い」「魅力的では無い」「華が無い」など、どちらかといったらネガティブなイメージが多いと思います。

但し、マニュアル化は強い組織を作るうえでは、必ず必要であると思います。言ってしまえば、自分がいなくても組織、仕事がまわる仕組みを作れば、

  ①自分自身はよりクリエイティブな仕事に時間を割く事が可能

  ②メンバーに対してより多くの時間を割く事が可能

  ③社員以外の契約形態も検討可能(選択肢が広がる)

といった多くのメリットがあります。つまり、


マニュアル化は最強です。


このマニュアル化、仕組み化作りをせずに、新たな事にどんどん挑戦していたとしても、

  ①新しい事を始める為には人が必要となる為、コストが増える一方

  ②以前の仕事も抱えている為、100%新しい仕事に時間が割けれない

と失敗の要因が多くなります。やはり、既存のプロセス、オペレーションはマニュアル化し、自分がいなくても回る様にする、誰でも行える事が出来る様にするのが先決であり、結果的に新たな挑戦への成功率も高まると信じています。


更に、今後、日本では労働人口が減少するのは確実であり、超高齢化社会に突入します。生産人口を確保する為には、必然的に海外の労働者を雇い入れるか、高齢者にも仕事をして頂かないといけません。

ここでマニュアル化がされていないプロセスですと、うまく知識伝達が出来ず、オペレーションに欠陥が生じる可能性が高いです。

ではマニュアル化はどのように進めれば良いのか?


マニュアル化をするうえで使っている思考法


私の性格が飽き性ということもあり、同じ仕事を2年も3年も続けたく無いのが本音です。なので、常に「今の仕事を無くす為にはどうすれば良いか?」という事ばかりを考えています。

この考え方をすると、必然的に仕組み化作りが必要となり、この業務をやっているのは何故なのか?という問いにいきつきます。そこで、初めて業務の本質を知り、業務の内容を理解し、仕組み化作りをする為のアクションが見つけられます。

この思考法で仕組み化作りを短期的に集中して行い、残りの期間を新しい仕事に割く事が出来れば、仕事をしていても楽しいです!もちろん、仕組み化作りは大変ですが、今の仕事をやらなくてよくなると考えれば、モチベーションも湧いてくるはずです!私はそのタイプでした。


是非、皆さんもマニュアル化、仕組み化を推進して、新たな挑戦に100%打ち込める環境を構築しましょう!!会社にとっても、チームにとっても、皆さんにとっても、メリットが大きいです。

Have a nice day!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難うございます!!!!
11
岐阜県出身、大学時代は米国へ留学し航空宇宙工学を専攻、ソフトバンクのグループ会社に入社し、ソフトバンクアカデミアを2年経験し、外資系会社で勤務。毎日成長し続けたい。 週末は、ランニング、筋トレ、息子との山登りでリフレッシュ。 毎日朝8時前にnoteを更新中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。