エスイノベーション・インターンシップ
【DXの本質】AIカメラが現場の課題を解決する!
見出し画像

【DXの本質】AIカメラが現場の課題を解決する!

エスイノベーション・インターンシップ

コロナの影響により、

カメラ画像による体温検出AIデバイスがあらゆるところで見かけるようになりました。

また、スマートフォンで撮影した顔を認識したり、
文字をテキスト化したりできるAIカメラアプリは
広く身近に使われるようになりました。

そこで、
今回は実際の企業や店舗の現場では

AIカメラがどのように活用されているのか?

そして、どのような効果が生まれているのか?

について紹介していこうと思います。

AIカメラとは?

AIカメラとは、AIが搭載されたカメラのことです。

普通のカメラと何が違うのか?

AIを活用することで、従来のカメラではできなかった映像の分析が可能となります。

従来の監視カメラや防犯カメラでは、映像をリアルタイムや録画で監視する必要がありましたが

AIカメラの場合、
カメラで映像を撮影し、この映像をAIが解析することで、人や物体を認識することなどが可能となります。

画面に映った人物や状況をリアルタイムで分析することができるため、監視カメラや防犯カメラを一日監視するといった必要がなくなります。

このように、AIカメラではリアルタイムでの映像分析ができ、従来のカメラではできなかったことが格段に増えます。

では、実際の現場でAIカメラがどのように使われているのでしょうか?

AIカメラの活用事例について紹介していきます。

最適な売り場つくりを実現

AIカメラでは人物の検知や追跡ができます。

店舗に導入することで、来店者の数や属性、滞在時間等の情報が蓄積されていきます。それにより、店舗の混雑状況の可視化や店舗オペレーションの改善が可能となります。

また、顧客がどのルートを通って買い物をするのかも追跡可能です。
動線に基づいて売り場を改善すれば、より顧客に刺さる店舗を目指せすことができます。

業務効率化

工場などの製造業でもAIカメラの活用が進んでいます。

AIカメラの物体検知や画像認識機能などにより、
管理業務の効率化が可能となります。

例えば

工場における生産品の仕上がり(良品か不良品か)を検知する現場にAIカメラを導入することで

AIカメラが製品に欠品があるかを分析し、欠品があった場合はリアルタイムで通知をしてくれます。そのため、人が一日中現場で生産品のチェックをする手間が省けます。

その他にも「在庫の有無」や「点検・管理業務」なども同様、
AIカメラを利用することで、検知した際はリアルタイムで通知をしてくれるため、少人数での現場管理が可能となり、管理業務の効率化につなげることができます。

また、AIカメラが現場の作業員の動きを分析し可視化することで、
作業員の作業効率化を実現することもできます。

実際に三菱電機ではAIカメラによって

ベテランと初心者の動きの違いを分析し、作業の間違いや効率の悪い箇所を可視化することで、生産性が10%向上したそうです。

オフィスを見える化

AIカメラをオフィスで利用すると、入退室や勤怠管理が自動化できます。

あらかじめ従業員情報と顔写真をAIカメラに登録しておくことで、社員の入退室を検知し自動的に記録してくれます。

取引先など来客(顔画像非登録者)の場合は

Bluetoothスピーカーから「いらっしゃいませ。アルコール消毒をお願いします」という音声が流すことなんかもできちゃいます。

また、AIカメラで取得した情報を勤怠管理ソフトウェアと連携すれば、管理業務がより効率化できます。

他にも、Slackと連携することで、

誰が入室したか検知して「○○さんが出勤しました」とSlack上に通知してくれ、リモート出社とオフィス出社どちらもOKな企業にとってはかなり便利な機能かと思います。

【番外編】ワインが飲める社長おごり自販機

アステリア株式会社では、オフィスに施錠されているワインセラーが設置されているそうです。

そのワインセラーの近くには人数を検知できるAIカメラが設置されており、カメラの前に2名の人物が立つとワインセラーが解錠されるという仕組みだそうです。

また、解錠と同時に、スマートディスプレイに社長からのメッセージが流れてくるんだそうです。

ここで注目したのが、
1人では解錠せず、2人いないと解錠できないところです。

そして、2人は社員同士でも、社員とお客様でもいいということです!

社員証やIDカードに依存しないこの取り組みは、
社内コミュニケーションのみならず、社外の顧客との繋がりを活性化させることができます。

このようにAIカメラも使い方やアイデア次第では、
(リモートワークが浸透した今こそ。)オフィスに来るきっかけ
社内外のコミュニケーシを提供していくことも可能です。

今回紹介した事例以外にもAIカメラは自治体や農業など様々な場面で利用されてきています。

今後も気になるAIカメラの活用事例があったら紹介していこうと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エスイノベーション・インターンシップ
エスイノベーションでインターンシップしている学生が、事業承継・DX・行政取組み・地方企業のイノベーションについてを発信していきます!