悪虐非道の姫

悪虐非道の姫

 この小説は、冒頭800文字の面白さを競う比類なきコンテスト《逆噴射小説大賞2018》の応募作です。

「かつて魔族と人間が同じ街に共存する時代があったのよ」女戦士ヨシミは人工パーツに置換された下顎に触れる。「悪い冗談みたいだった」
「……」
向き合うイオタ——魔族に呪殺された勇者のクローン体——は固唾を呑んだ。 

女戦士ヨシミが当時住んでいた団地の道路で、裸の若い女が四つん這いになり臀部を鞭打たれていた。
鞭を振るのは魔界の女王イグナール。ヨシミのお隣さんだ。
「良い子ね!あと50発耐えれば奴隷に戻してあげるわ」
そしてまた一打。
「イグナールさん、やめたげて!死んでしまうわ!」
ヨシミは駆け寄り、踏み込んだ。手にしたモーニングスターのスイングを合わせ、跳躍。振り下ろす。
——が、難なく躱されヨシミの側頭部に鞭の柄による殴打。
「ぐうっ」横転。
「ヨシミさん、躾に口出しは許しません。お隣さんのよしみでその口を引きちぎれば許します。どうぞ」
差し出されたのは禍々しい短剣。

【つづく】


●期限間に合わいませんでした……。投稿しないほうが良いのかと思いつつ、書いたので放流す!

#逆噴射プラクティス  #逆噴射小説大賞 #逆噴射小説大賞期限オーバー #小説 #団地 #モーニングスター #勇者

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うそめがね

読んでいただきありがとうございます!!サポートいただければ、爆発するモチベーションで打鍵する指がソニックブームを生み出しますし、娘のおもちゃと笑顔が増えてしあわせに過ごすことができます。

ウレシイ!ヤッター!
仕事の合間に出張コーヒー屋をおこなったりザツブンを書いたりして暮らしてます。主にコーヒーや子ども、散歩したことについて、なにっちゅうこともないけどなんか良かったなぁということを書く。|Twitter⇒Sin_V