見出し画像

シューターの憂鬱〜マッスル☆みんち編

「おい!大丈夫なのかオマエ」ごりっ、とパンクファッションの女の頭に銃口を押し付けるが「……」ピュピュン、ボカンボカン!女は意に介さずシューティングゲーム《マッスル☆みんち》に興じている。手元にはメモ帳があり「218,750」の文字。意味不明だ。「クソッ…オマエで最後なんだぞ」足元には死体。頭部が吹っ飛んでいる。

そのゲームセンターにいる客はおれたちと“ヤツら”だけ。銃口はおれにも向いてる。女は仲間だが、ヤツらの期待に応えなければおれが殺さねばならん。その後はおれだ。

女は冷静だが妙だ。敵編隊を撃ち漏らす。中ボスを無視してザコを追いかける。ボーナスアイテムを見逃す。「勘弁してくれよ…」命を繋ぐにはハイスコアを出すしか無いというのに。

しかし——
女はステージボスを撃破。暗転。スコア表示を見ると「…BINGO!」と呟いた。

TOTAL SCORE 218,750

女はメモ帳に次の数字を書いた。

〔つづく〕

#逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #小説 #STG #シューティングゲーム #ゲームセンター

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます! 受け取ったサポートは、赤ちゃんのことに使うと思います! ラブ・アンド・ジョイ!

イェーイ!
8
仕事の合間に出張コーヒー屋をおこなったりザツブンを書いたりして暮らしてます。|Twitter⇒Sin_V