見出し画像

感動

パーリ語の通信教育は続いている。佐々木先生のユーチューブ講義であり、テキストの練習問題をやり答えを送っている。

しかし、ユーチューブをみると、佐々木先生の朗らかな表情に触れるだけで、学習意欲が湧くから不思議だと思う。教えている方が、喜び楽しんでいるそのことは、学ぶ学生にとって大切なことなのだと感じる。佐々木先生の書物はたくさんあるが、個人的に最も好きな本は『日々是修行』です。

本書は短い新聞コラムを集めたものだが、釈迦の仏教の話をするのを喜びなが書かれているのが、紙面から感じてならない。ある種の布教であると感じられる。

僧侶として振り返ってみると、法話を楽しんで話せているであろうか?これは甚だ疑問である。釈迦の仏教は掛け値なく素晴らしい。神を立てづ、スーパーパワーにすがらない。そこに魅力を感じる。

法華経という経典をよって立つところにする宗派に所属し、その経典を読む。そこには神通力も説かれる。しかし、願うが即座に叶うというものか?というと実は簡単ではない。

交通安全を祈願する。それは神仏の守護を頼むことだと考えることもあるだろう。しかし、叶うという字は口で十回言うという形になっている。ただすがりつくのではない。強く心がけることから始まっている。願うだけでなく、心がけることが大事ということではないだろうか?

あるかないかわからないが、強く願うことがモチベーションや身体に影響を与える。そこに期待を寄せるのは悪くはない。ただ、そこにあるのは、自分だけ、自分さえでない、祈りなのだろう。

佐々木先生の授業も課題を提出し、答えを同封してくださり返却される。

そこには、「大変細かく正確に調べておられます。お続けください」と激励してくれる。頑張れという掛け声と確かなつながりが、学ぶ力を維持させている。

それは、祈願であろうとコミュニティであろうと同じではないだろうか?

掛け声とつながり、当たり前のようで心掛けるべきものだと改めて感じる。

この記事が参加している募集

人生を変えた一冊

リモートワークの日常

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます‼️
千葉市緑区のお寺の住職。読書好き。 NFL好き。寺はヨガ教室、リトミック教室、写経会、子育てサークル、子供会を行っている。オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所 サロンメンバー