見出し画像

SuicaのチャージはVIEWカードでやるべき

VIEWカード発行の経緯

まず、VIEWカードっていうのはクレジットカードのひとつです。

先日VIEWカードを発行し、2020年1月28日に手元へ届きました。

この章ではなぜ僕が、VIEWカードを発行したのかを説明します。

① Apple Watchの購入

2020年1月20日に、Apple Watch購入しました。

主にApple Payやアクティビティの管理、音楽の再生停止などが目的です。

これらはiPhoneでも出来るのですが、利便性の向上を見込んで買いました。

② モバイルSuicaへのチャージ

以前からiPhoneのApple PayでモバイルSuicaを使っていたのですが、チャージの仕方に不満を抱いていました。

もともと持っていたAEONカードやデビットカードではSuicaへのチャージはできず(持ってたデビットカードはApple Payに登録さえできない)、困ってました。

普通に現金でチャージすれば?って思うかもしれませんが、駅にある券売機ではチャージできないことが多く、乗り越し精算はわざわざ人がいる改札?を通らないといけないのでちょっとめんどいです。

そんで、どうにチャージしてたのかというと

auウォレットにau簡単決済(通信料と合算)

auウォレットからSuicaにチャージ

という段階を踏んでいました。

そこまで面倒ではないですが、急いでいるときに駅でSuica残高が足りないことに気づいた場合とかは、結構ストレスです。

そこでクレジットカードからダイレクトにチャージできないかな〜と思って、新しくクレジットカードを発行しようという決定になったのです。

VIEWカードのいいところ

ではなぜVIEWカードを選んだのかを説明していきます。

Suicaへのチャージでポイントが貯まる

VIEWカードでは、SuicaへのチャージでJREポイントが貯まります。

1000円で5ptたまります。

今やSuicaは交通だけでなく、自動販売機やコンビニになどでも使えるので毎回現金でチャージした場合と比べて、得なのはなんとなくわかりますね。

あ、ちなみにJREポイントは1pt=1円でSuicaのチャージ、一律600ptで交換できるグリーン券などに使えます。

② オートチャージができる

VIEWカードでは、Suicaへのオートチャージができます。

例えばSuicaの残高が○○円以下になったら、○○円チャージなどと設定できます。

毎回残高が減るたびにチャージする手間が省けるので、めっちゃいいですね。

③ さらなるメリット

さらにVIEWカードのメリットではないですが、JREポイントWEBサイトにSuicaを登録することでさらなるメリットがあります。

登録したSuicaで鉄道利用をするとモバイルSuicaなら50円で1pt、カードのSuicaを登録すると200円で1ptたまります。

つまり

モバイルSuicaをJREポイントWEBサイトに登録

VIEWカードでSuicaにチャージ

鉄道でSuicaを利用する

というのをやれば、かなり多くのポイントを得られます。

オートチャージを使えば最初にSuicaを登録するだけであとは普通に使うだけです。

例えば5000円をSuicaで使うとして

VIEWカードでチャージで25pt
50円で1ptなので100pt

このように125ptを得ることができます。

他にもメリットはありますが、普段使いで役立ちそうなのはこれくらいなので、気になる方はHPをみてみてください。

どのカードを発行するか迷っている方はぜひ!

Apple PayやSuicaが使えるスマートフォンを使っている方は、オートチャージで楽だしポイントも結構たまるVIEWカードを使ってみることをおすすめします!

もし情報が誤っていたり、他にも得な仕組みがあったりしたら気軽にお知らせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

早稲田大学