見出し画像

Jリーガーの好きな漫画は何だ?2020

主に東京ヴェルディを応援しているshv12と申します。

以前から時々ブログを更新してきましたが、noteにとりあえず一度は触れてみようかと思い、今回初めて投稿を行いました。

記念すべき初投稿の記事は、以前からのブログでやっていたネタの最新版です。

Jリーガーの好きな漫画は何だ?という企画。

久しぶりにやってみようと思ったのは、ちょうど3年前にブログを書くきっかけとなった下記ブログも更新されていたのが一つ。

そして何より、コロナの影響でJリーグが中断している今、ネタが足りない!とにかく暇!←

ということで試合がない時間を使って、集計作業を始めましたとさ。

集計条件

・集計に使ったのは、エルゴラッソの選手名鑑

・集計は選手名鑑記載のJ1~J3全クラブ(計56クラブ)の選手。

・3年前と違って、好きな本(漫画や小説)という質問になっているので、漫画以外の回答も一定数おり、これらはランキングからは除外。ちなみにそちらも興味深いので、後程触れます。

・無回答や好きな本はないという回答の選手(加入タイミングでアンケート未送付らしき選手も)が少なからずいたのと、逆に複数回答の選手もいたので、選手総数とは一致しない。

・なお集計の間違いチェックはほとんどしていないので若干間違いがあるかもしれないですw

ということでランキングを。3年前と不変な部分も結構変化している部分もあって面白かったです。サッカーなので上位11作品を(ほんとは9位タイが2作品あったのでw)

ランキング

第10位 約束のネバーランド(16人)

3年前は入らなかったジャンプの人気作品が早速ランクイン。ちなみに全般的な回答傾向としてやはりジャンプ作品は強いです。回答したのは染野唯月(鹿島)、藤本憲明(神戸)など。最近の作品だけあって大半は20代の若手の投票でした。

第9位 メジャー(17人)

平成を代表する野球漫画。現在は吾郎の息子が主人公の2ndが連載中でアニメ化も。春の甲子園中止でその枠使っての再放送もやっていますね。回答したのは蜂須賀孝治(仙台)など。サッカー選手なのに大概のサッカー漫画よりも票が多く、そして他の野球やスポーツ漫画よりも支持を集める結果に。やはりテレビアニメが土曜夕方に放送していた影響が大きいのだと思います。部活とか習い事やっていても見やすい時間ですし。(書いてる私もずっと見ていた世代)

第9位タイ 進撃の巨人(17人)

いよいよクライマックスに向けて展開している大人気作品。社会現象を巻き起こした作品だけにJリーガーでも上位にランクイン。青木拓矢(浦和)などが回答。

第8位 キャプテン翼(18人)

日本のみならず世界中に好きな選手がいるということで、サッカー選手が好きな漫画といえばこの作品というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。回答したのは中村俊輔、松井大輔(横浜FC)などの代表でも活躍した選手が中心ですが、武田英寿(浦和)など若手もちらほら。なお、先にネタバレをすると、キャプ翼はサッカー漫画最上位では無いのです!ついに変動が起きた!

第7位 NARUTO(30人)

平均年齢が25歳前後のJリーガーにとってはジャンプといえばこの作品という人も多いのではないでしょうか。8位以下よりもぐっと票数が伸びました。回答したのは中村航輔(柏)など。

第6位 アオアシ(33人)

ついにキャプ翼の牙城が崩れた!!!3年前から一気に票数を伸ばし、6位にランクインしました。小学館漫画賞を受賞したりとサッカー界のみならず一般的な認知度も高まってきている中、齊藤未月(湘南)、古橋亨梧(神戸)などが回答。キャプ翼より回答は若手が多い印象でしたが、田中達也(新潟)や小池純輝(東京V)などベテランでも回答している選手がいました。ちなみに主人公が中学までプレーしていた地にある愛媛FCの選手は4人が回答。

第5位 ドラゴンボール(42人)

今なお、新作アニメや映画、ゲームがヒットし続ける説明不要のドラゴンボールはJリーガーの間でも人気。回答は槙野智章(浦和)、ダミアン(川崎)など。そこまで漫画を回答していない外国人選手でも回答している選手がちらほらおり、世界的な人気を実感します。

第4位 鬼滅の刃(87人)

集計始める前にポイントの一つと思っていたのが、この作品がどれだけ回答されているかでしたが、見事にこの大ブームの波はJリーガーにも来ていました。すでに連載が始まっていた3年前には回答する選手が全然いませんでしたが、今回5位にダブルスコアを付ける回答数。回答したのは福森晃斗(札幌)、田川亨介(F東京)などで、全員平成生まれでした。(石津大介(福岡)以外は20代)

第3位 スラムダンク(91人)

ドラゴンボール同様に連載終了から20年以上、さらに続編(あれから10日後くらい?)もない中でこれだけの投票数。おそらくこれからもずっと支持を集め続けるのでしょう。佐々木翔、青山敏弘(広島)といったキャリア豊富な選手から、宮代大聖(川崎)といった10代の選手まで幅広く回答していました。

第2位 キングダム(181人)

3年前も今回もかなりの回答数で不動の人気でした。森重真人(F東京)、三竿健斗(鹿島)などが回答しています。ヤンジャンで大河ものということで大人にも手を出しやすい側面もあるのでしょうか?ちなみに原作者の原泰久さんは佐賀出身でサガン鳥栖の応援をしているといったサッカー界との縁もあります。

第1位 ワンピース(269人)

やはり今年もダントツトップの回答数。唯一の200人超え。気が付けばジャンプで最古参となり100巻目前。(そういえば自分は魚人島くらいから読めていないのでそろそろ読まねば・・・)回答したのは梅崎司(湘南)、宇佐美貴史(G大阪)などで、どのクラブにも満遍なく回答する選手がいました。自分で読むにも家族で読むにもちょうど良い作品なんでしょうね。とりあえずワンピースという回答も無難ですし。

サッカー漫画

サッカー選手の回答ということで、サッカー漫画ランキングを簡単に紹介します。

1位 アオアシ(33人)

2位 キャプテン翼(18人)

3位 GIANT KILLING(13人)

4位 ファンタジスタ(10人)

5位 BE BLUES!~青になれ~(9人)

6位 エリアの騎士(7人)

7位 フットボールネーション(6人)

8位 ブルーロック、シュート、ホイッスル(5人)

主に少年誌でヒットした作品がずらりと並んでいますね。サッカー漫画は計19作品が回答にありましたが、私が知らなかったのは長沢駿(仙台)が回答しているフィールドの狼。おそらくこの作品でしょうか。

ジャンプでも速攻打ち切りみたいですが、高橋陽一先生の作品なんですね。なかなか出てこない回答ですね。

そのほかの回答にはDAYS、Mr.CB、ビバカルチョ、イナズマイレブン、ANGEL VOICE、LOSTMAN、イレブン、ゴールデンエイジがありました。

最多回答は?

中村憲剛(川崎)が7作品回答。しかもそれでも書ききれないと回答していますw中村の影響か川崎の選手は複数回答の選手が結構多いんですよね。そういうの素晴らしいです。ちなみに次点は榎本大輝(徳島)の5作品。

一方でほかのアンケート項目は答えてるのに無回答とか本読まないといった回答も少なからずありました。皆読書は大事だからもっと読もうw

マガジン作品

マガジン連載作品ではあひるの空(13人)が最多で、次いではじめの一歩(11人)でした。なお、今マガジンで大人気の五等分の花嫁は西山雄介(鳥取)の1人のみでした。やはりモテることも多いサッカー選手、ラブコメ系には興味が薄いのでしょうか?

サンデー作品

メジャーに次ぐのは名探偵コナン(11人)でした。今回は11人目のストライカーの出演者は誰も回答せずwその他作品はサッカー系以外は目立たない結果に。

チャンピオン作品

刃牙が最上位(9人)でした。なお1ページ目から集計していくと最初の回答者が鈴木武蔵(札幌)なんですよね。なんかイメージ通りな回答というかw次いで浦安鉄筋家族(5人)。最近人気のBEASTARSは誰も回答しておらず個人的には残念でした。

漫画以外部門

今回のアンケートは、漫画以外の本も回答対象のため、様々な回答がありました。

1位 聖書(29人)

2位 自己啓発系(10人)

3位 心を整える(長谷部誠)(9人)

4位 嫌われる勇気(7人)

5位 生き方(稲盛和夫)(5人)

ダントツ1位は聖書。回答はブラジル人を中心として全員外国人選手。なんだか国の文化が見えてきますね。(ちなみに他の宗教系ではコーランが1人いました。)

2位は自己啓発系。(自己啓発本という回答も含みます。)こう回答に書く選手が少なからずいました。3位はサッカー本からランクインで、さすがの長谷部人気。他にサッカー関係本で複数回答は、白血病から復帰した早川史哉(新潟)のそして歩き出す(3人)などがありました。

嫌われる勇気や生き方は有名ですね。なお、稲盛氏が名誉会長の京都の選手は、誰も生き方を回答していませんでした←

なお、傾向として自己啓発系の本を回答する選手が多く、漫画以外の回答250前後の中で小説は30程度と少なめでした。そこは意識高くしないといけないプロ選手故でしょうか。ちなみに小説の最多回答はハリーポッターと東野圭吾(各4人)という結果でした。

その他気になった回答

課長島耕作シリーズ

佐藤寿人(千葉)が回答。真面目そうな選手ですけど、あんな感じが理想なのでしょうかw

3月のライオン

野田隆之介(京都)が回答。こういう系の作品の回答が少ないので、集計で見つけたときは、おっ!となりました。

イニエスタの回答は?

風の影と回答していました。スペインの小説のようです。出版社や書店の皆様は、あのイニエスタも愛読!という売り出し方をするのもありかもしれませんね。

蜂蜜と遠雷

島川俊郎(大分)が回答していました。島川といえば、自らピアノを弾き、歌を歌いあげるシンガー系Jリーガー。らしいなという回答で印象的でした。

はらぺこあおむし

オナイウ阿道(横浜M)が回答。いきなりの謎回答と思いましたが、「最近の悩み」欄の回答が「娘が可愛すぎる」なので、子供への読み聞かせをしているんでしょうね。

最後に

やはり世の中の流行りの影響は大きく、3年前とも違う結果が出てきましたね。一方で根強い上位陣。この辺は今後も不動でしょうね。そして全般的にスポーツ漫画が多めなのもアスリートならではかもしれません。

Jリーグ中断が続いているということで、上記の作品を読んでみるなんてのもいい過ごし方になるかもしれませんね。

13
東京ヴェルディを応援しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。