良い目標設定について教えてもらったこと
見出し画像

良い目標設定について教えてもらったこと

僕の性格上、目標がないと生きている感覚を持つことができません。

毎日を過ごす時にスケジュールを立てると思いますが、何から優先して時間を埋めていくか?と考えた時に、僕の場合は自分が立てた目標を達成するのに最も効果的なものから先に予定を入れています。

例えば来年までに結婚したい!っていう目標があったとすれば、カレンダーにはデートもしくは合コンなどの予定から先に埋まっていくし、出世がしたい!っていう目標だったら、仕事&残業がスケジュールに先に埋まっていくはず。

何が言いたいか?というと、目標がないと、先に予定を埋めるモノサシがないので、結局流された時間を過ごしてしまい、気づいたらもうこの年かあ、みたいなことが起こってしまいます。

ということで個人的には、目標を立てるスキルは人生においても非常に大事だと思います。

SMARTの法則について

有名な目標設定の方法としては、SMARTの法則というものがあります。
これは目標を作るときの大事な要素の頭文字を取ったもので、以下の状態です。

Specific(明確であること)
「努力します」「一生懸命がんばります」などの曖昧な表現ではなく、具体的に何をするのか考えましょう。自分だけでなく、誰から見てもわかりやすい明確な目標を立てることが大切です。
Measurable(測定可能であること)
目標の達成度が確認できる測定基準を設けます。「売上を増やす」ではなく、「売上を〇〇円増やす」という明確な目標が大事です。つまり定量的な目標です。
Achievable(達成可能である)
現実的で達成できる目標とは、現状のあなたが努力すれば達成できる目標のこと。単なる願望や理想ではなく、しっかりと達成できる目標大事です。
Relevant (関連性がある)
自分のミッション、目的と関係のある目標になります。
Time-bound (期限のある)
いつまでに目標を達成するのか期限を明確に決めることが大切です。

ここで問題になってくるのが、多くの人が課題になるのがRelevantの部分かと思います。

自分のミッションとかないよ、、、という人も結構多いと思います。
それゆえに目標を立てられないということになるのではないでしょうか。

ただ逆に言えばこれこそが人生で後悔する要因になっている可能性が高いです。自分のミッションを決めずにいることで本当に大事なことに時間を割けず、後悔してしまうことになるからです。

それなので、こちらについては時間がかかってでも設定することが大事です。もちろん途中で変わってしまっても良いと思います。

達成可能である、という基準について

また達成可能かどうかの基準というのは、過去の実績やポテンシャルはもちろん考慮の対象になると思いますが、一番は自分の心の状態にあると思います。

前職でそのことについて解説しているのを聞いて妙に納得してしまったのですが、良い目標というのは与えられた時にドキドキする、と言っていました。

それはなぜかというと、簡単すぎたり難しすぎたりするとそもそも、自分がどうやって達成しようか?と真剣に思考を巡らせません。

要は他人事として捉えてしまいます。
ところが頑張らないとギリギリ手が届かないという塩梅の目標になると、それに向けた緻密な行動計画を立てないといけないため、ワクワクと不安が拮抗します。

そしてちょうどストレッチがきいたこの状態こそが人間のパフォーマンスを最大に発揮させるみたいです。

とはいえ、最初からそれを自分がわかったりすることは難しいと思います。
何度かそのような経験をすることで、このくらいが良い目標だなって自分自身をマネジメントすることができます。

それまでは、それについて熟知している人から与えてもらった方が良いかもしれません。

いずれにしろ目標は自分の能力を最大限発揮するツールです。
苦手意識を持つ人が多いと思いますが、それは今まで達成できた経験が少ないから。なので自分の自信をつけるためにも、最短で突き抜けていくためにもぜひ実践してもらえると嬉しいと思います。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
shuntat〜社会人3年目までに必要な考え方@フリーランス3年目〜

サポート頂いた方には今後の読書会・勉強会を無料でご招待します!

これからも書き続けます!
shuntat〜社会人3年目までに必要な考え方@フリーランス3年目〜
個人事業主の頭の中|仕組みで稼ぐための知識・経験|中央大→オリックス→Indeed→フリーランス|ハイパフォマー記録更新|メッセージはTwitterのDMで| 日本最大級のオンライン勉強会開催。詳しくは以下のHPで。 https://www.reading-japan.com/