日経新聞

1

温暖化ガス、30年16%増

国連気候変動枠組み条約事務局(本部・独ボン)は17日、2030年の温暖化ガスの排出量は世界全体で10年比16%増えると分析した報告書を公表する。途上国を中心に踏み込んだ排出削減目標を出していないためで、報告書は「早急に気候変動への取り組みを強化すべきだ」と各国に呼びかける。

報告書の分析対象各国が提出した30年の温暖化ガスの排出削減目標がパリ協定の目標に合致しているかどうかを分析。対象国地域は、

もっとみる