見出し画像

展示は祭

直接会った事のある写真撮る人で、展示した事が無いって人のうち個人的に面白いと感じた人に対しては割と展示勧めてる。

準備は大変だし、最初のうちなんてなんて大してお客様も来てくれないし、一人で会場に居る時間なんて苦痛でしかないし、初対面の人と上手く話すのは案外難しいし、売れなきゃお金は出てく一方なんだけど、勧める理由は展示は祭だから。

ネットでどれだけいいねが付いても、それって指動かすだけのアクション。それすらしてくれない人が大半だからありがたい事なんだろうけど、見る側の労力なんてスクロールするのと変わらない。
写真展って現場に行かないと見れない。
そこの差はもの凄く大きくて、時間と労力かけても見に来てくれる事には感謝しかないってのは一度展示してみたら実感出来ると思うのよ。

在廊したくないんで…とか言う人にこそ在廊して直接見に来てくれた人と話とかしたり、話さなくても視線を追うだけでも写真やってて良かったな〜なんて思えたりするの味わって欲しい。

勿論、生業にしてると売れないと困るんだけど、幸い今は販売をギャラリーに委託するの止めたから、好きな値段付けられるのも面白い。
勿論、既に買ってくれてる人への配慮はするけど、ギャラリーの取り分位は値引き出来るのは、人んちの壁を俺の写真で飾りまくりたい俺としては凄く嬉しかったりする。

お値段気になる方は正規値だと小さいので諭吉、全紙で諭吉が七人位って思って頂ければ、そこは祭なんで色々お値引ありますよ!

展示は祭だから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。