見出し画像

ナイルのコンサルチームマネージャーになって半年の振り返り

私が去年10月にマネージャーになってから、早いもので半年が経とうとしています。ほんとにあっという間に過ぎ去っていきました。

マネージャーに就任してから1ヶ月後 & 3ヶ月後で2本ブログ書いたので、例によって6ヶ月後の3本目を書こうと思います。

※前回記事へのリンクを貼っておきます

マネージャーなって半年経った率直な感想

おかげさまで、現在もやりがい感じて楽しくやらせてもらってます。この気持ち1ヶ月目からずっと変わってないですね。

何も分からなかった当初と比べると「何が分かってなかったのかが、いろいろ分かってきた」感じがしてます。

チームとしての課題はまだまだ沢山ありますが、マネジメントの奥深さに触れたり、魅力的なメンバーに囲まれて充実した日々を送っています。


4ヶ月目~半年後で感じたこと

一番印象に残っているのは「採用」と「メンバーの卒業」です

先に「採用」について振り返りたいと思います。

3ヶ月前に書いたブログで今後の課題を以下のようにまとめていました。

私は「チームで目標をしっかり達成できること」がマネージャーとして非常に大切な条件だと考えています。来期のアツい目標を倒していくにあたり、大別すると「採用、育成、業務効率化」の3つが大きな課題になるかと思います。

ナイルのコンサルティングは、業務量的にひとりがもつことのできるプロジェクトの数はそう多くありません。

高い目標を倒していくために、新メンバーを採用しつつ、彼らになるべく早く戦力化してもらえるよう育成することが大切になってくると考えていました。

育成と業務効率化については、大変ありがたいことに他のチームが非常に頑張ってくれていて、自分は採用に注力することができました。

既存メンバーの多くが概ね自走できるレベルまで成長してくれてることも心強かったですね。1月から隣のチームのコンサルタントが1名こちらのチームに来てくれたことも大きな支えになってます。

ナイルでは「仮に優秀な人を逃したとしても、間違った人だけは決して採用しない」という考えを非常に大切にしていて、私も共感しています。

私が本格的に採用に関わり始めた半年前から、チームに3名の新しいメンバーがジョインしてくれました。しかも直近の2名は3月入社です。

数々の面接をこなしながら、候補者に少しでもナイルに魅力を感じてもらうために、会社の採用オウンドメディアや公式twitterで情報発信を進めていきました。

候補者の方から「記事やtwitter見ました!」とわりと言ってもらえるようになってきていて、本当に嬉しい限りです!

情報発信の一例:

ナイルのコンサルタントに求められる水準はそれなりに敷居高いと思うのですが、妥協することなくこのスピード感で採用できたのは大きな成果だと思ってます。牽引してくださってる優秀な人事チームのメンバーには本当に感謝しかありません。

次に「メンバーの卒業」についてです。

昨年10月から一緒のチームで頑張ってくれていた2名が卒業することになりました。

1人目は同じ事業部内での別チームへの異動です。彼女は顧客に妥協なく全力で向き合う姿勢が素晴らしく、コンサルタントとして成果もバリバリ出し始めていましたが、本人の適性と事業部の全体最適を踏まえ、新たなチャレンジを支援することにしました。チームにとっても大きな存在になっていたので、かなり悩みどころではありました。自分の中でも大きな決断だったと思います。既に異動先のチームで素晴らしいスタートを切ってくれていて、頼もしい限りです!

2人目は別の会社に旅立っていくことになりました。本人の考える方向性と事業部が目指す方角がやや離れていったことが主な要因だとは思いますが、もっと力になれた部分もあったので歯がゆい思いでいっぱいです。反省して必ず次に活かします!


・取り組んで良かったこと

実際にやってみて良かった取組みを振り返ります。

①採用に注力した

ここが一番の注力ポイントだったかも知れません。過去あまり順調とはいえなかったコンサルタントの採用がここまで進捗するなんで、実は想像以上でした。経験豊富な人事チームにから「見て・聞いて」学びまくりの日々で、ほんとに凄いなと尊敬してます。いつもありがとうございます!

②プレイングの量を減らしてマネジメント業務に充てた

昨年マネージャーなったと同時に新規のプロジェクトもいくつか始まったので、なかなかシビれる期間を過ごしていた記憶があります。今年に入ってからは自分がガッツリ関わるプロジェクトの数を減らしていきました。その分をマネージャー業務に充てることで、いくつかやりたいと思っていた取組みを進めることができました。

とはいえチーム全体の底上げは継続的にやっていく必要があるので、今後また一定増やしていこうと考えてます。

③メンバーの訪問に同行した

メンバーがいつも考えている施策や提案が、顧客との打ち合わせの場でどのように伝わってるのかを客観的に把握するために実行しました。

実際のミーティングに参加すると顧客との関係値やプロジェクトがどの程度スムーズに進行しているのかをリアルに感じ取ることができました。

訪問が終わった後に、私が感じたことをメンバーにフィードバックさせてもらうことでメンバーに多少の気付きは与えられたかと思います。

移動があるのでそれなりに時間がかかることと、各メンバーの現場感は一定把握できたので今後どこまで継続するかは考える必要がありそうです。

④もうひとりのコンサルマネージャーとの認識合わせをした

コンサルティングチームには私ともう一人マネージャーがいるのですが、そこの連携を強化していきました。

これまではマネージャーの先輩として彼からひたすら教えてもらうことが多かったですが、私から事業部全体のことを考え意見し提案していくフェーズに既に入っていると考えています。

両者間での変な妥協や忖度は全体のためにならないので、協力し合わないといけないことや、全体の方針に関わることはお互いの意見をもってしっかり話し合うようにしました。

その甲斐あって、私たちの採用や育成方針などにおける認識は以前よりだいぶ揃ってきていると感じてます。採用面では人事メンバーの協力もとても大きかったです。抽象度の高いイメージを言語化・図解化して認識合わせしていくのってほんと大切ですね。

あと余談ですが、整体に通って猫背を解消することで肩こりがかなり軽減されて相当楽になりました笑

・取り組んでうまくいかなかったこと

そこまで大きな失敗まだやってはない思うのですが、メンバーが増えてきたこともあって各メンバーとのコミュニケーションがやや減った印象があります。採用にい意識を向けすぎる余り、昨年に比べると既存メンバーとの意思疎通が十分に取れていない気がしているので、ここは意識して改善していきたいです。

・今後の取組み

「メンバーにもっと向き合うこと」です。

メンバーのパフォーマンスがもっと高まるように、そして離脱が極力起きないように、一人ひとりにしっかり向き合いたいです。各メンバーの目標設定についても今まで以上に気を配って進めていきたいと思います。それ以外でもメンバーの顧客とのオンラインでのやり取りや提出資料の確認も進めていきたいです。

最後になりますが、マネージャーの役割は「限られた状況下でもなんとか目標を達成すること」だと認識してます。

同じチームに入った以上は既存も新人も関係ないので、チーム一丸となって目標達成していきます!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!励みになります!
27
ナイル株式会社のコンサルティングチームでマネージャーやってます。 事業部内で前例のない第2新卒として入社し、今年で5年目。累計100社以上のWebマーケティングの支援をしてきました。趣味はバドミントンで、練習終わりの銭湯が至福。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。