見出し画像

ありのまま実験室の舞台は『しずおか』へ。

やりたいことや感じたことをありのままに表現する。
これって簡単にできそうで周囲が気になって、なかなかできないもの。

僕自身、言葉で表現することはすごく苦手で、

自分の意志や考えがうまく伝わらなくて、怖くなった時もある。

そんな自分のように、やりたいことがあるけど、

失敗するかもしれない…だからやれないんだよね。

っていう人とやりたいと思ったことを失敗したとしてもいいから、

とりあえずやってみよう!というのが『ありのまま実験室』。

僕が、繋がりを大切にしている中で、ありのままの自分でいることが自分にとっても相手にとっても大切であることに気付いたから、この『ありのまま実験室』をスタートした。

今までは、性についてありのままに話す機会を創ったり。

うおプロのお二人、本当に素敵なんです!)

開催するのに高いハードルがあると思われがちな、写真展を開催したり。

人と人の対話が生まれるBBQを開催してみたり。


今までの3回は東京・神奈川という都会でやってきたけど、

第4回は地元  静岡での開催となります。

しかも、強力な仲間とともに作る『ありのまま実験室~しずおか~』

僕の中では、

静岡では、まだまだ生きづらいと感じる。

それは、こんな生き方でもいいんだよ?って受け止めてくれる。

寄り添ってくれる人が少ないからなんじゃないかなと。

そして、新しい生き方や選択というものに触れる機会が少ないからとも感じてきました。

だから、すごく怖いんだけども、そういう機会を自分で作ってみようかと。


場所は、三島にある「みしまみらい研究所」です。

萌さんと繋がって、関係性を築けたからこそ、ここで開催ができる。

たまちゃんもりっちゃんもそう。

自分の想いに共感してくれたり、応援してくれる人がいるからこそできる。

繋がりって本当に素敵だなと今回改めて感じた。


当日のコンセプトは追って、発表しますが、

『ありのまま』というテーマで生き方見本市のような形で、

トークセッションおよび参加者とゲストが話をする機会を設けるだけではなく、ほかの形でも生き方や価値観について意思表明や考える機会を創っていく予定です。

もっと、多くの人がありのままに自由に生きることが出来るように、

この実験室が少しでも力になればと思っています。

ハードルは低く、友達の家に行く感じで来てほしい。


ここから静岡でもがんばるぞ~!

おおばしゅう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたのスキが僕の更新欲を高めます…!
11
日常生活を切り取って自分の想いを綴る。 【繋がりコーディネーター】 として人と地域のこれからの可能性を愛す。

コメント1件

あ、ちゃんと返事してなかったけど、私も行っていいのかな?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。