見出し画像

「フォトグラメトリの教科書」を読んだ

shu223

「フォトグラメトリの教科書」という本を読んだ。

(実際に僕が読んだのは1年ほど前の技術書典で買った個人出版バージョンだが、今Amazonで買える↑はその増補改訂版にあたる)

こういう建築物をまるっと3Dモデルとして復元するプロジェクトとか、

こういう「町並み」をまるっと3Dモデル化するのとかをTwitterで見かけて、

「なにそれめちゃくちゃ楽しそう」
「iPhone 12 ProにLiDAR搭載されたし自分でもできるのかな?」
「でもどうやるんだろう?」
と興味を持ちつつも、結局やり方をググることもせず、この本も買ってから積んでしまっていた。

で、先日ちょうど休みを取れたのでパラパラと読んでみたのだけど、とてもよかった。

どのへんが良かったのか、以下自分用メモ。(本に書いてあった内容までは書きません。あとで実践したくなったときに自分が見返せるよう、勉強になった・興味をかきたてられた項目を列挙していきます。)

考古学との接点

この続きをみるには

この続き: 1,274文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
文章やサンプルコードは多少荒削りかもしれませんが、ブログや書籍にはまだ書いていないことを日々大量に載せています。たったの400円で、すぐに購読解除してもその月は過去記事もさかのぼって読めるので、少しでも気になる内容がある方にはオトクかと思います。

技術的なメモやサンプルコード、思いついたアイデア、考えたこと、お金の話等々、頭をよぎった諸々を気軽に垂れ流しています。

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
shu223

最後まで読んでいただきありがとうございます!もし参考になる部分があれば、スキを押していただけると励みになります。 Twitterもフォローしていただけたら嬉しいです。 https://twitter.com/shu223/