なんなら温泉に住めばいい

温泉に入るのが好きだ。
ついで書くとサウナも好きだ。
温泉に行き、サウナに入り、全身を洗い、そして湯上がり。至福の時間だ。

理想は、この綺麗になった体のまま布団に入る。完成形としては素晴らしい。
だが現実は、ここから家に帰るという行程が待つ。


それは温泉で施された気持ちよさを、外気によって剥ぎ取られるようなもの。

夏はその間に汗をかき、人工的な風や外気にあたり。
冬はその間に寒さに震え、雪にあたり、汗をかき。
洗ったばかりの足の裏は再び靴の中に入り、汗をかき。
家につく頃には、温泉に入る前の「汚さ」が、また体にも髪にもまとわりついている。

許されるのであれば、家でもう一回風呂に入り、それらの「汚れ」を洗い流したいが、そうはいかないこともある。

結局、温泉に行ったのに、家に着いた時にはそれらの効果は消えている。

そのままの状態で布団に入らなければならない。
となると、怖い。風邪が怖い。風邪を引くリスクが高まる。それより汚いまま布団に入りたくない。

家に温泉だのサウナだのを設置するのは非現実的である。
ならば温泉に住めばいい。うん、これもまた非現実的。

もしかすると、潔癖症の癖があるかもしれない。

#温泉好き #外気に触れたくない #潔癖症疑惑 #昔から

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
あなたと同じく、私も生きてます。 あなたと違って、生き方が不器用なだけで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。