マガジンのカバー画像

グッド・アンセスターマガジン

15
2021年9月の『グッド・アンセスター』の発売より、少しずつ読者の方から反響をいただくようになりました。 そこで、「グッド・アンセスターマガジン」を設けてみなさんの「#グッド… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

グッド・アンセスター・ダイアローグ「人間は生きものであり、生きものは続いていくも…

今、呼吸する生命の背景に広がる38億年の歴史を探り、その物語を誌する「生命誌(=Biohisto…

松本紹圭
4週間前

対談:「長期思考 × これからの僕らのあり方」伊東勝さん(SHIBAURA HO…

東京都港区芝浦3丁目。 東京湾にほど近いオフィス街の一角に、地上から最上階へと空間が突き抜…

松本紹圭
2か月前

グッド・アンセスター・ダイアローグ 「森に溶けゆく命、溶けゆく経済」(財)ハヤチ…

岩手県遠野の土地に、そして時にオンラインで、互いの死生観をおおらかに語り合える仲間が集う…

松本紹圭
4か月前

本棚にいる、たくさんのグッド・アンセスターたち。 |小関優さんとのグッド・アンセ…

『グッド・アンセスター わたしたちは「よき祖先」になれるか』(ローマン・クルツナリック著…

遠藤卓也
4か月前

滋賀県勉強会〜『グッド・アンセスター』著者ローマン氏を迎えて〜

滋賀県では、『グッド・アンセスター』を読まれて触発された三日月知事の呼び掛けで、県職員に…

松本紹圭
5か月前

年末

年の瀬、葬儀を行った。コロナ禍でもあり、少人数であった。さて、通夜で式終了後に話をした。…

岩田
6か月前

一人ひとりがあっての全体、そして、全体の中で生かされるわたし。Mihoさん|グッド・アンセスター・ダイアローグ

『グッド・アンセスター わたしたちは「よき祖先」になれるか』(ローマン・クルツナリック著/松本紹圭訳)を巡る対話の記録。今回お話を伺うのは、テンプルモーニング仲間であり、今は、日本海に浮かぶ島に通いながら暮らし方や生き方について考えを深めている、Mihoさん。お寺や仏教に関心を寄せ合い、一方でキリスト教的な思想が感じられる友人。そのあたりも聴けたらと思いつつ。Mihoさんの感性が受け取る “過去からの恵み“、そして、“グッド・アンセスター”とは。 (インタビュー・構成:小関

スキ
16

翻訳は、スタートライン。とある読書会より。

翻訳は、スタートライン。 「わたしたちは「よき祖先」になれるか?」 『グッド・アンセスタ…

松本紹圭
6か月前

グッド・アンセスター・ダイアローグ「医療、芸術、教育という3つの道を混ぜ合わせる…

医師という立場にありながら、幅広い眼差しで医療を捉え、「職業」を超えて広く世に関わり、発…

松本紹圭
6か月前

ポピュラー音楽を遡ると見えてきた“普遍的郷愁”の世界。遠藤卓也さん|グッド・アン…

『グッド・アンセスター わたしたちは「よき祖先」になれるか』ローマン・クルツナリック著/…

杉本恭子
7か月前

わたしたちの「よき祖先」|文子さん(1951年生まれ)

誰っていうと難しいけど... 具体的な「誰か」じゃないと、いけないの? そんなことないよ。 …

sona
8か月前

よき祖先をめぐる時間と思考の旅~『グッド・アンセスター』

"How to think long term in a short-term world"、そんなサブタイトルがつく本『グッド・アン…

Hiroko Onari
8か月前

Life is good. And we become better ance…

『グッド・アンセスター』の出版記念イベントをオンラインで開催したところ、60名を超える方に…

松本紹圭
8か月前

グッド、ベター

出版イベントに参加した。本の内容のダイジェストを聞いて、問いを受けグループで考えるを行っていた。 その中で日本語で「よき祖先」という言葉になるが、著者のローマンさんは「THE GOOD ANCESTOR」と言い、帯書きに引用されたオ−ドリー・タンさんは「become better ancestors」と表現されていたことを知った。 どちらも「よき先祖」だが、グッドが「よき」ならばベターは「よりよい」になろう。と考えるとタン氏の表現は興味深いと言う話になった。 我々は「よ

スキ
18