格闘技が好きです

私は格闘技ファンです。 もともとはプロレスが好きでそこから総合格闘技や、K-1などが好きになっていきました。

今はキックボクシングの練習をしていて、将来的にはプロになりたいと思っています。プロといってもK-1チャンピオンを目指したりなどは考えておらず、プロになって プロを目指して初めて理解できるものがると思ったからです。

例えば大谷翔平が160キロ投げて ホームランを量産することのすごさは、二刀流とか数字的なものでしかわかっていませんが、野球を真剣に取り組んだことがある人からすれば、もっとすごい存在に見えていると思います。

私は格闘技ファンとして、プロ格闘家のすごさを理解したい、そのためにプロを目指しています。 現在もプロの壁の高さに絶望しています。

今の時代のプロ格闘家の価値は少し前の時代からは大きく変わっていると思います。 昔は純粋に誰が1番強いのか?世界最強は?というのが求められていました。 今も本質は変わっていませんが、今の時代はSNSやYOURTUBEが盛り上がり、試合に至るまでの経過を見ることができ、普段何を言っているのか、対戦相手との煽りあいなど、試合までのプロセスに価値を生むことができるようになりました。

そうなってくると、選手の価値は強さだけで測れなくて、話題性やSNSのフォロワー数 YOUTUBEの登録者数で測られるかもしれません。

ライジンの朝倉兄弟は実力と話題性、フォロワーでいうと、確実に格闘技界の中心にいると思います。 ONEの青木選手は最近負けはしましたが、間違いなく日本人トップクラスで、発言がよく注目されます。

  実力がある選手でいうと、堀口選手やONEの猿田選手などは実力はありますが話題性に欠けています。

逆に矢地選手や皇治選手は、ここ最近大きな結果を残せていませんが、よく試合に呼ばれて、カードが組まれると気になってしまう選手ではあります。

自分がプロとしてどこを目指しているかというと、話題性の高い選手、とはいっても全国レベルに進出までは見てないですが、強くはないけど気になる選手になりたいと思っています。もちろん強さは当たり前に追及しますが。

そのほうが、試合の中表現したものを伝えることができ、楽しんでもらえると思うからです。 自分の試合でいろんな人に楽しんでもらい、勇気を与えることができる選手を目指します。

格闘技は 戦い でもありますが エンタテインメントでもあります、多くの人の感情を動かす。 そんな選手になります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
会社員 アマチュア格闘家 アマチュアゴルファー プログラミング 歩く銃刀法違反 生産性向上 意識高い系
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。