giri / カタギリショウタ

#グラフィックファシリテーション #グラフィックレコーディング #インダストリアルデザイン #プロダクトデザイン #アイデアスケッチ #ビジュアルシンキング 頭の中のものを「カタチ」にするお仕事🧠💭 日本大学藝術学部デザイン学科助教

giri / カタギリショウタ

#グラフィックファシリテーション #グラフィックレコーディング #インダストリアルデザイン #プロダクトデザイン #アイデアスケッチ #ビジュアルシンキング 頭の中のものを「カタチ」にするお仕事🧠💭 日本大学藝術学部デザイン学科助教

    マガジン

    • グラフィックレコーディング

      日々描いている、思考メモから、イベント備忘録などなど…グラレコで残しているものアレコレ

    • デザインのはなし

      私のデザイン観みたいなものや、日々のデザイン活動の中で思うことなどなど

    • アイデアスケッチ

      思考や発想をみえるかたちにすることについて

    • みんなの卒展2020

      • 22本

      騒動により卒業制作の流れてしまった、卒展以外に巡回展を企画していたのに実施できなかった、卒制をもっと見て欲しい学生さんの卒業制作noteを集めます。 ハッシュタグ #みんなの卒展 で投稿してくれたらマガジンにピックアップします。(募集期間〜3/15迄)

    • アイデアスケッチ授業

      プロダクト・インダストリアルデザインの学生に向けた大学での授業についてまとめています。

    グラフィックレコーディング

    日々描いている、思考メモから、イベント備忘録などなど…グラレコで残しているものアレコレ

    すべて見る

    可視化の活動で見えてきたオンラインとオフラインのそれぞれの特徴

    この1年、急速にオンラインでの活動が増えました。皆さんも実感されていることもあると思いますが、私の場合も、デザイン業務然り、ワークショップ然り、グラフィックレコーディングの活動然り、大学でのスケッチ授業然り、すっかりオンライン化しました。しかし、段々と感染対策を万全に行った前提で、最小限の人員だけオフラインでイベントを運営し、参加者やゲストはオンライン参加というようなハイブリッドなイベントも開催され始めました。そんなオンライン・オフラインを横断してみて、この1年で見えてきたそ

    スキ
    6

    ビジュアリゼーションの輪郭を探る試み vol.1

    「ビジュアリゼーション」と言われて何を思い浮かべるだろうか?イラスト?図解?グラフ?アイデアスケッチ? これは人それぞれに思うことは違うはずだと思います。それだけ実は世の中に「ビジュアル化する」ことはいろんなところに溶け込んでいます。だからこそ、その手法や活動から周りが感じ取れることや見えてくることは、現実に現れていて触れられる形のものからしか得ることができず、内包している目的や意味をキャッチしづらい現状があります。 ↓清水さんがいろんな手法をリストアップしてくださって

    スキ
    5

    今年のグラレコで「できたこと」「できなかったこと」

    ■そもそも、わたしがグラレコをする理由は、約2年前から、個人活動として副業的に細々と始めてきたグラフィックレコーディング。最近嬉しいことによくお声がけをいただくようになり、ここで一度自分のグラレコに対する向き合い方のようなものをまとめておきたいなと思っていました。 そもそも、何のために自分はグラレコ(可視化)をするのか?を考えてみると… 注:すごく話がさかのぼりますが、お付き合いください。 小さい頃から手を動かしてものを作るのが好きな子供だった私は、そんなものを作る楽しみ

    スキ
    11

    2018年グラレコ あれこれ

    ■イベントメモ▼キャンピングワークがもたらすクリエイティブな働き方とは? ▼HAPTIC DESIGN SPECIAL MEETUP ▼地方都市×働く-part2- 酒×街×時 160年のデザイン ▼Good Design Lab ビジネスデザインの解剖 ▼グッドデザイン賞スペシャルトークイベント「今、デザインに美しさは求められているのか」 ▼HAPTIC DESIGN MEETUP vol.7 ▼SOCIAL FIGHRT AWARD 最終審査会 ▼もしかする

    スキ
    22

    デザインのはなし

    私のデザイン観みたいなものや、日々のデザイン活動の中で思うことなどなど

    すべて見る

    デザインワークにおける「アナロジー」のススメ

    私の好きな発想法「アナロジー」についての話をしたいと思います。そもそも、なぜ好きかというと、単純に発想法の中でもダントツにプレイフルなやり方だと感じているからです。自分一人でおこなう時もそうですが、複数人でのアイデア出しなどでは、人によって違う見立てや、「なるほど!そこを引っ張ってきたんだ!」という自分では思いも寄らない発見がもたらされて、個々の発想だけでなく、対話が生まれやすい手法です。 そんな「アナロジー」を、どんなふうに使っているか、少し紹介していきます。 アイデア

    スキ
    23

    プロダクトのリデザインプロセス

    HDDの整理をしていたら、学生時代にまとめたらしい「デザイン」のプロセスについての資料が出てきました。これは基本的な「リデザイン」のプロセスで、大きくは学校課題であっても仕事であっても当てはまるものだと改めて感じたので、紹介します。(にしても、まめに資料化していた過去の自分に驚いています。) 競合他社・既存製品の分析 サンプル製品を、中のステンレス内容器ごと真っ二つにしたことを覚えています。「リバースエンジニアリング」という言葉がありますが、そのように各部の寸法を計測した

    スキ
    12

    チームの発想と解釈を混ぜ合わせる「アイデアマッシュ」な考え方

    アイデアはアウトプットではなくプロセス アイデアと言われると、成果物(アウトプット)のイメージを持ちがちですが、どちらかといえば、思考の分岐点や転換点などプロセスの中に目を向けることでアイデアは生まれます。また、そのアイデア自身もプロセスの一部となり、また新たな流れを生み出します。 なので、「アイデアの拡散と収束」という言葉をよく使いますが、実は「プロセスの分岐・転換と統合」と捉えるほうが自然なように感じています。それは、「アイデア=アウトプット」というイメージでいると、

    スキ
    7

    #意味のデザインの事例を探る研究会 スケッチノートでリフレクション

    株式会社ミミクリデザインの運営するWDAの公開研究会に参加しました。 テーマは「意味のデザインを科学する」参加者全員で意味について考え新たな視点を生み出すことを目的とした研究会でした。以前一緒に「意味のデザインとは?」と言う研究会を行なった小田裕和さんのお話です。ご本人による速報レポート↓ 見えているが、誰も見えていないものを見えるようにすること「研究」について、立教大学の中原先生が述べていた言葉だそうです。まず研究会にどんな気持ちで臨んでほしいかの参加者全員で共有をし

    スキ
    12

    アイデアスケッチ

    思考や発想をみえるかたちにすることについて

    すべて見る

    デザインワークにおける「アナロジー」のススメ

    私の好きな発想法「アナロジー」についての話をしたいと思います。そもそも、なぜ好きかというと、単純に発想法の中でもダントツにプレイフルなやり方だと感じているからです。自分一人でおこなう時もそうですが、複数人でのアイデア出しなどでは、人によって違う見立てや、「なるほど!そこを引っ張ってきたんだ!」という自分では思いも寄らない発見がもたらされて、個々の発想だけでなく、対話が生まれやすい手法です。 そんな「アナロジー」を、どんなふうに使っているか、少し紹介していきます。 アイデア

    スキ
    23

    プロダクトのリデザインプロセス

    HDDの整理をしていたら、学生時代にまとめたらしい「デザイン」のプロセスについての資料が出てきました。これは基本的な「リデザイン」のプロセスで、大きくは学校課題であっても仕事であっても当てはまるものだと改めて感じたので、紹介します。(にしても、まめに資料化していた過去の自分に驚いています。) 競合他社・既存製品の分析 サンプル製品を、中のステンレス内容器ごと真っ二つにしたことを覚えています。「リバースエンジニアリング」という言葉がありますが、そのように各部の寸法を計測した

    スキ
    12

    アイデアを複眼的に見るための「4マスシート」

    「アイデア」や「発想する」と言われると「思いつき」と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、アイデアや発想というものは、単純な思いつきではなく、自分を取り巻く情報同士の結びつきの中に存在しています。発想が苦手…という人の多くは、その情報たちを一元的にしか捉えられていなかったり、グチャグチャに捉えていたり、頭の中でうまく構成できていないことが原因で発想を難しくしています。 まずは、自分の思考に足りていない情報を認識しよう!「思いつき」の多くは、自分が一番よく考えている

    スキ
    22

    自分も知らない形と出会うための「スケッチ展開カード」

    昨年から、大学でアイデアスケッチの授業を受け持ち、いろいろ実験的なワークを用いて学生と一緒にアイデアスケッチの探求をしていました。中でも好評だったのが、この「スケッチ展開カード」です。 スケッチ展開カードとは?この「スケッチ展開カード」は、一体何をするためのものかと言うと、スケッチワークの中で特に下流にあたる「スタイリング(造形)スケッチ」の展開段階で、自分の中にある造形の引き出しから飛び出して、自分自身も思わぬ形を発見することを楽しむための発想を促すカードです。 <スケ

    スキ
    206

    みんなの卒展2020

    騒動により卒業制作の流れてしまった、卒展以外に巡回展を企画していたのに実施できなかった、卒制をもっと見て欲しい学生さんの卒業制作noteを集めます。 ハッシュタグ #みんなの卒展 で投稿してくれたらマガジンにピックアップします。(募集期間〜3/15迄)

    すべて見る
    • 22本

    卒制は、昭和64年間を圧縮!

    こんにちは、安田 翔哉(やすだ しょうや)です。 大学4年の卒業制作として、昭和時代の64年間を圧縮した作品を作りました。 タイトルは 「ゲバゲバ64 ~日本列島改造中論~」 (少し上の世代の方であれば、このタイトルの元ネタに気づいてくれると嬉しいですがっ!) 作品はこんな感じ。 ボクよりも大きな板上の上に、昭和時代に流行り、日本の上を通り過ぎて行った文化(出来事、事件、アニメ、漫画、テレビ、映画、家電、文化人、芸能人、乗り物、食べ物etc…) をこれ

    スキ
    8

    Design me

    常葉大学造形学部の望月琴未です。 大学では、UXデザインを中心に学び活動していました。 今回私は「Design me」というプロジェクト名のもと、卒業制作/研究をすすめました。「私生活のデザインプロセスを解明する」という主旨の卒業研究及び制作です。 1.この研究を始めたきっかけこの研究を進めようと思ったのは、来年からデザイナーとして、異分野の人たちと共創(デザイン行為を)していく機会が多々あるんだろうな、と漠然と考えていたことがきっかけでした。 デザイン行為に抵抗があっ

    スキ
    20

    卒業制作「星むすび」

    Twitterにはすでに投稿しておりますが、こちらで募っている企画に応募も兼ねてnoteでも私の作品をご紹介させていただこうと思います。(内容はTwitterと同じです) △壁面展示(2) 幅3000×高さ728+1000mm ■小学生をターゲットとして、星座をテーマにした想像力活性化につながるビジュアルを制作しました。 「神話から星座を知る」というコンセプトをもとに、星座にまつわる神話のイラスト40点を、子供にとって印象強いタッチで描いています。 △冊子(4) 幅1

    スキ
    7

    卒業設計 Graduation Design

    東海大学 工学部 建築学科 卒業設計の内容についてまとめました。ご意見等ございましたら、気軽にコメント下さい。 私の所属していた研究室(東海大学 野口直人研究室)では、「自身の興味の共通点からその構造(成り立ち)を分析し、建築設計を通じて如何に社会に対して価値創造する事ができるのか」を研究室理念として活動しています。私の卒業設計もこの理念に沿って、興味の分析を通して設計に落とし込んでいます。 Title: 新宿ケモノマチ -人の軌跡から生まれる街のかたち- 卒業研究のコ

    スキ
    70

    アイデアスケッチ授業

    プロダクト・インダストリアルデザインの学生に向けた大学での授業についてまとめています。

    すべて見る

    オンライン授業で、あったら便利な道具箱

    仕事でもテレワークが続き、そこそこ知見が溜まってきたので、大学でのオンライン授業に向けて、こういうのあったら便利!って物を共有していきたいと思います。最初は受講する「学生さんへ」という意識だったのですが、当然のことですがこれは講師側にも言えることですね。(自分の方も充実させていきます…。) 随時更新予定です。「こんなのも良いよ」という情報があったら、ぜひぜひコメントください。 ▼ネット環境整備・WiFi中継機 1階にルーターがあって、2階の自室でWiFi繋げてオンライン授

    スキ
    18

    アイデアを複眼的に見るための「4マスシート」

    「アイデア」や「発想する」と言われると「思いつき」と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、アイデアや発想というものは、単純な思いつきではなく、自分を取り巻く情報同士の結びつきの中に存在しています。発想が苦手…という人の多くは、その情報たちを一元的にしか捉えられていなかったり、グチャグチャに捉えていたり、頭の中でうまく構成できていないことが原因で発想を難しくしています。 まずは、自分の思考に足りていない情報を認識しよう!「思いつき」の多くは、自分が一番よく考えている

    スキ
    22

    自分も知らない形と出会うための「スケッチ展開カード」

    昨年から、大学でアイデアスケッチの授業を受け持ち、いろいろ実験的なワークを用いて学生と一緒にアイデアスケッチの探求をしていました。中でも好評だったのが、この「スケッチ展開カード」です。 スケッチ展開カードとは?この「スケッチ展開カード」は、一体何をするためのものかと言うと、スケッチワークの中で特に下流にあたる「スタイリング(造形)スケッチ」の展開段階で、自分の中にある造形の引き出しから飛び出して、自分自身も思わぬ形を発見することを楽しむための発想を促すカードです。 <スケ

    スキ
    206

    「アイデアスケッチ」の授業はじまります✍️

    非常勤講師の任を受けて、プロダクト/インダストリアルデザインを学ぶ学生に「アイデアスケッチ」の授業を受け持つことになりました。授業はリレー形式で、手描きレンダリング→アイデアスケッチ→CGレンダリングの順で展開されます。そのうちの真ん中のパート(5回の講座)を担当します。 実際、自分が大学生の頃を思い出すと、スケッチ"技法"のレクチャーはあっても、発想や思考を、可視化手法(スケッチ)と合わせて構想していくことはあまり体系的に教わったことはないので(発想法はいくつか学びました

    スキ
    6