見出し画像

横浜FC戦レビュー        チャレンジの意味

こんにちは!前回の滝のような雨が嘘のように晴れて素晴らしい観戦日和でした!リーグ戦からメンバーが全員変わり沢山の可能性が見られた試合でした。

それではスタメンからどうぞ!

町野くんは誰よりもガッツポーズしてるけど果たして試合に出てたのかな?笑

湘南ベルマーレスタメン

画像1

湘南はリーグ戦から11人全員変更。ベンチにも田中と舘と町野以外はリーグ戦には出てないメンバーが入りました。これから始まる過密日程を乗り越えるためにもこのメンバーが成長しなければいけません。そのためにどんどんチャレンジして沢山の可能性を見せてほしいと思いました。

横浜FCへの対策

横浜FCは状況によりフォーメーションを変えてきました。まず守備の時には最初の配置と同じく442でブロックを作り攻撃で繋ぐ時には433へとポジションが変わり慶治郎とジャーメインが外に張る形になりました。

画像2

画像3

湘南の3バックの裏をついてオリベイラの脇を安永と 齋藤でつこうという狙いだったんだと思います。これに対して湘南は5バックで対応します。

画像4

画像5

池田とこばしょーがワイドの裏のスペースを消して大岩と山本がちょっと前に出ることで相手のインサイドハーフにアタックをかけられるような配置にしました。  後ろを完全に5バックにしたのであまりプレスは見られませんでしたがお互いにカバーをしながら横浜FCの攻撃は完全に止めていたと言ってもいいです。      裏抜けをジャーメインと慶治郎は狙いますがこちらは前のスペースを消しているのでほとんど決定機もシュートも打たせていなかった。特にこばしょーがジャーメインを押さえ込んでいたのが素晴らしかったです。

画像6

その後のボール

問題は奪った後です。繋ぎの場面でとにかく後ろが重たいしボールも雑なんですよね。多分繋ぎに自信がないから自分の目の前にスペースを作りたい、その気持ちからボールを流して貰ったりやけに後ろに位置を取ったりしてるんですよね。そうなると味方との距離が遠くなりパスが流れている時に相手に寄せられてしまうので余計にキツくなるんですよ。もっと高い位置でプレーしなければ今のスタメンには絡めないのでもっとチャレンジしなければいけません。

画像7

チャレンジしなくちゃ意味がない

湘南は前半守備では5バックで横浜FCにボールを持たせて決定機の場面の前でボールを取ることに成功はしましたがその後はディフェンスと前との距離が空きゴールを目指すパスをとことんミスってしまい守備の時間が多くなりました。横浜FCは繋ぐことには成功しましたが目的がゴールではなくジャーメインや慶治郎のサイドに運ぶことになってしまいシュートシーンを作れずにいるという前半でした。そんな中で先にチャレンジしたのは湘南でした。

画像8

先ほど少し前に出て相手のインサイドハーフを見ていた大岩と山本がかなり高い位置までプレスをかけるようになりました。茨田や平松と同じぐらいの位置までかけたことにより前線でボールを奪い近い良い距離感でパスが繋がるように。和成も勇気を持ってラインを上げ素晴らしい距離感でうちらしいサッカーが見ることができました。そしてチャレンジした結果キーパーのミスを誘い 茅ヶ崎の男根本のプロ初ゴールで先制点!      沢山失敗もしましたがチャレンジを辞めずに繋ぐことを諦めなかったことで勝利に繫げることができたんだと思います。内容は決して良くなくても僕は今シーズンの 大事な、とてつもなく大きな1勝になると思います。  人は沢山失敗して学ぶものです。

画像9

画像10

オリちゃん

画像11

今日の注目プレーヤーはオリちゃん!凄く目立ったわけではなかったのですがいい動きをしてたんですよ。まずは繋ぎの場面での動きです。

画像12

オリちゃんが後ろに入ってくれたことで和成がやりやすい左に移動。そして山本が1つ前に上がることができました。重たくて繋ぎの上手くない後ろに気づいてのこの動きだったかもしれません。三幸みたいなド派手な展開力は無くてもこーゆー地味な動きがチームを動かす時もあるんですね。オリちゃんが1番後ろに入った時は重たかった後ろも1つ前に行くことができました。

画像13

画像14

次はプレスの場面。うちは5バックで引いているので 茨田と平松がプレスのほとんどを担当します。1枚目のように齋藤と安永を見つつサイドバックに出たらすぐプレスをかけなきゃいけないんですよ。じゃあ離しちゃった齋藤と安永はどうするの?というと2枚目のようにオリちゃんがスッと寄せてくれていました。これにより簡単に繋ぐのは難しくて何度も横浜FCはやり直さなきゃいけなかったんですよね。またゴール前の守備でも身体を投げ出してシュートコースを消していました。本当に地道な作業を集中力保ちながらプレーしてくれていたと思います。オリちゃんスタメンで見たい!

仲良し笑

画像15

沢山の可能性

富居さんは相変わらず素晴らしい飛び出しと判断でゴールを割らせなかったし池田とこばしょーは苦手なはずの守備で相手に何もやらせなかったし平岡君と原君は前回と比べてプレスも連動してボールへの関わりも沢山増えてた。平松と茨田とオリベイラは献身的なプレスで何度も助かったしなおさんは根本をうまく活かして根本は 点を取った。そしてなにより山本、大野、大岩の3人は繋ぎにチャレンジして良い時間も作ることができた。 これだけ頑張って勝利を掴んだのだから内容まで求めるのは少し酷かなと思います。沢山のチャレンジと沢山の可能性を見せてくれた良いゲームだったと思います。 必ずこの試合に出たメンバーの力が必要になる!

画像16

まとめ

横浜FCは前半あまり怖さはなかったのですが松尾が入って個人技も使ってなにふりかまわずゴールを目指してきた時は怖さがあった。また調子を上げてくると思うのでその時はまた熱い試合をしたいですね。

次は横浜FM戦です!強敵ですが僕たちのサッカーで同じ神奈川のライバルを倒しましょう!

画像17


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
湘南ベルマーレを愛してやまない高校生。サッカーは必然の先に偶然がある。