本当に大事なのは目に見えないもの #俺の推薦状
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

本当に大事なのは目に見えないもの #俺の推薦状

世界中を混乱に叩き込んだ新型コロナによるパンデミックでこれまでのパラダイムはすっかり逆転しました。アフターコロナのニューノーマルと言われるように、これまでの常識はすでに常識ではなくなっており、あらゆる人もビジネスも新しい世界に適応しなければならないと毎日のように耳にするようになりました。しかし、世界が大きく変わるVUCA化(不安定、不透明、複雑、曖昧)すると平成の終わりから多くの人が言っていたし、西洋占星術でも地の時代から風の時代に変わり価値観がひっくり変わると予言されていました。そもそも、感染症は風土病であり、世界中を巻き込んだパンデミックになった主たる原因は世界がグローバルにカップリングしていたからに他ならず、そのように考えると世界の全ての国を巻き込んだパンデミックはなるべくしてなったのかもしれません。

金じゃない

風の時代の代表的な価値観としてまことしやかに囁かれていたのは見えるものから見えないものへのシフトです。見えるものの代表選手は金銭的な価値であり、その対極の見えないものはお金では買うことができない精神的な価値といったところでしょうか。確かに、今の学生が就職する際に重要視するのは給与だけではなく、働きがいや社会に貢献できるか、人のためになるかが大きな指標になっているとのデータもあり、あながち間違いでは無いように思います。また、ESG投資が活発になったり、ソーシャルバンクの台頭等のニュースをよく目にするようになり、金儲けだけではない良き意図を持った事業にお金が集まる世の中になってきたのだと実感しています。

変わったのではなく本質回帰

「本当に大切なのは目に見えないものなんだよ」とは、聖書の次に世界でよく読まれた本と言われる有名な子供向けの小説「星の王子様」の一節です。圧倒的に多くの人が読んだ本の中に非常に重要な概念(真理)が書かれていたと考えると、実は世界中の人は「何をするか」よりも「どのような意図を持ってそれを行うか」の方がずっと大事だと知っていて、それが冷戦の終結とともに、欧米の新自由主義的金融資本主義経済が世間を席巻する中で見失い、忘れていただけで、それも今、一巡して強欲資本主義では解決できない社会課題が数多くあることに気がついて、世界同時多発的に本質に立ち戻ってきたのかもしれません。

自分だけじゃダメ

今朝もその原点回帰を強く実感する出来事がありました。私が所属している朝の異業種交流会BMIドリームチャプターの定例会の中で保険の営業マンのヘッドハンティングをされている角岡さんがご自分のビジネスに対してどのような思いで取り組んでいるかについてプレゼンテーションをされました。ネガティブなイメージをもたれることも多い保険営業マンですが、その本質はもしものときのリスクをヘッジする非常に重要な役割を担っており、良い保険営業マンに出会えるか否かで人生が大きく変わったりするほどです。彼は、その本質を見失った保険に加入していた家族が大変な苦難に陥るのを目の当たりにして、本当の意味で顧客の人生に寄り添ってリスクヘッジのサポートをする保険を販売する営業マンになると強く決意すると共に、実際はそうはなっていない業界全体を変えるべく、業界団体の会合に参加したり、部下をヘッドハンティングして同じ想いを持った本質的な価値を提供する保険営業マンを育てる仕事に就かれています。

高い志の営業マン大募集!

一般的にほぼフルコミッションで働く歩合給の保険営業マンのヘッドハンティングをしている。と聞くとなんだかお金の匂いがプンプンと強く漂い、あまり印象を持たない人も少なからずいると思います。実際、角岡さんも見た目は少しチャライ目で、いつもパリッと良いスーツを着て、いい時計をはめてこれ見よがしにブランド物のバックをぶら下げていたりします。人はノンバーバルなコミニケーション(言語以外の印象)が9割と言うデータもあるだけに少し残念ではありますが、一緒にサウナに行くと甚平のサイズを間違えたりするお茶目な面もあります。(笑)
とにかく、大事なのは見えるものではなく見えないもの、彼がどのような想いで部下の保険営業マンを育てようとしているかが重要であり、彼の原体験からの生生しい話と、部下の育成への熱い想いを聴くと、誰しもが彼に人を紹介せずには居られなくなってしまいます。良き意図を持った事業に携わる人が増えれば、必ず世の中は良くなっていくと思える希望を感じさせてもらえるのです。そんな高い志を持った仲間がいることを誇りに思うとともに、私も彼をできる限り応援したいと心から思っています。もし転職を考えている若い営業マンが身近に居られたらぜひ私に一言お声掛けください、天職を与えてくれるかもしれないプルデンシャル生命の角岡さんを即時にご紹介します。

___________________________

建築、暮らしだけじゃない、その先の地域を良くする事業を目指してます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よかったらシェアしてください!
本業は神戸と台北を拠点に設計デザイン、自社大工による施工を行う建築事業を営んでいます。 自分自身の出自は大工と言う事もあり、職人育成と職人の社会的地位の向上をミッションに掲げ、一般社団法人職人起業塾を立ち上げて日本全国で職人の意識改革、キャリアアップの支援活動を行なっています。